「し」「ち」の発音を改善したい | 滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを専門的に行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。

 

しが言えない、ちが言えない、とお悩みでお越しになった生徒さん。

「小さい頃から言えず、この言葉を避けてきました。」

 

 

 

 

 

『「し」が「ひ」になったり、

「ち」が「き」になったりするので、治したいです汗

とのことでした。

 

 

 

 

 

話して頂く間も、空気が漏れる音、

また、口元も片側だけに力が入り、

発音自体が言いづらそうな印象です電球

 

 

 

 

 

お仕事中も、なんとかこの言葉を避けつつ、と思うそうですが、

もちろん、言葉の中には必ず、「し、ち」が含まれますので、

言いづらいと感じることが多いとのこと。

 

 

 

 

「し」「ち」の発音ができない理由の通り、発音ができない理由は舌にあります。

 

 

 

 

 

また、生徒さんのおっしゃるように、会話中も、

苦手な言葉の部分では、言葉を小さくするなど、

発音があまり目立たないようにしていることがよく分かりました。

 

 

 

 

それでは、早速、改善トレーニングです!

 

 

 

 

 

滑舌トレーニング中は、全く舌が動かず、

「こんなに、(発音の時)舌を使っていなかったんだ、と思いますビックリ電球」とのこと。

 

 

 

 

 

「アゴが・・・舌が・・・焦」と歓喜の悲鳴がありつつ笑

トレーニングを頑張って頂きました。

 

 

 

 

 

トレーニング後、文章をお読み頂くと、

 

 

 

 

 

「読みやすいです!いつもと発音の感覚が違います!

「口の中が広がった感じがしますうひひ」とのこと。

 

 

 

 

 

素晴らしいです~!

これこそジャスのトレーニングです。

せっかくトレーニングをするのですから、効果がなくては!

 

 

 

 

 

生徒さんの場合は、

・舌の片側が盛り上がって発音していた

・発音時の口腔内の空間が狭かった

・発音の位置が間違っていた

ことが原因で、「し、ち」の発音ができていませんでした。

 

 

 

 

 

舌が緩み、弱くなっていたことは、

苦手な発音の時に、弱く、小さく発音していたことが原因でもあります。

 

 

 

 

滑舌が悪くなる原因は発音の癖の通り、舌が正しい位置ではなかったこと、舌の筋力低下を起こしたことで、

発音をカバーするために、別の部分(口元)にも力が入り・・・という状況でしたが、

滑舌トレーニング後は、舌が正しい位置で発音できるようになりましたので、

発音も楽になり、また、口元も、均等に動くようになりました。

 

 

 

 

 

見た目も、発音も美しいぐっどきらきら

 

 

 

 

 

このまま、ご自宅でのトレーニングを頑張って頂きまして、

「ち」のトレーニングに入りましたら、

 

 

 

 

 

ビックリビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

 

「ちがきになっていないビックリマーク」と驚かれていました。

 

 

 

 

 

長年悩みだったことが、一瞬でできたことに大変驚かれ、

生徒さんの目には涙。涙

 

 

 

 

 

私もつられ、涙。涙

私が泣いては収拾がつかないので、グッとこらえながら、やっぱり涙。涙笑

 

 

 

 

 

正しい音が出ましたので、後は、それを安定させるのみです!

 

 

 

 

 

滑舌は必ず治りますので、どんどん言えるようになるよう、

引き続きトレーニングを頑張って頂きたいと思います笑うガッツ

 

 

 

 

側音化構音を治したい大人の方へ」も併せてご参照ください。

 

 

 

 

 

右矢印NEW1 最新記事一覧

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる

滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う東京・渋谷の滑舌教室です

 

滑舌の診断も行っていますので

詳しくは下記HPをご覧ください