秋吉台音楽コンクール(2) | Harukaのブログ

Harukaのブログ

春花のBlog


テーマ:
5/4
3次予選。
朝から練習室が振り分けられ、朝練をしてから、遅めの朝ご飯を食べました

3次の課題曲の中から私たちが演奏した曲は、ラヴェルのVnソナタ。
どの作品もそうですが、この曲に関しては特に、全体を通して、イメージを壊さないことが、私たちが一番大事にした約束でした。
それぞれの音やモチーフ、フレーズ、もっと大きく言えば楽章に、強いイメージを持ち、会場の響きと混ぜてそれらを生かしたいと願って演奏しました。
演奏し終わった私たちは、緊張と集中でその20分弱がどんな演奏だったかを2人とも全然思い出せませんでした。
同じような温度、同じような心理状況で演奏できたことに、改めて感謝しました。

前日に引き続き、結果発表までの時間で、今度は登山をしました。
片道約35分


ラヴェルの演奏(舞台袖で録音していたもの)を聴きながら先を行くイケメン(實川くん)。


イケメンは全国共通イケメンのようで、秋吉台でも實川くんはみんなからイケメンと言われていました。
やや湿地帯を通り

タケノコ

と思ったら突然深い竹林になりました。


竹ボンバー


竹林を抜けると『ピアノ石』と名付けられた岩がありました。


だんだん景色が変わってきます。
トトロがいそうです。


9合目の看板

本当に両手なんか使うのかなと思っていたら、結構な岩場で、掴んで登る用のロープなども張ってありました。
そして登った先の


山頂!芸術村がとても小さく見えます。
緑が綺麗!


向こうの街まで見えます。


山頂からClの本濱さんに電話をする實川くん『今山頂にいるんですけど、見えますか?(笑) 今長尾さんがオレンジ色のスカーフ振ってます』


芸術村の駐車場下、ホール前の白い広場に点で見えるのが本濱さん。


山頂は本当に静かで、世界が広く、風も心地良くて、とても落ち着きました。
そしてauも電波がよく入りました。
少しゆっくりおやつを食べて、下山!


あそこまで登ったのかー(先ほど本濱さんがいた場所より)



結果発表は前日同様貼り出しにて行われました。

結果、3次通過者6組、私たちも無事通過し、本選に進むことができました!
本選の演奏順はくじ引きで決めることになっており、2人のうちどちらかがくじを引くことに。
私たちは、じゃんけんで負けた方がまだ運をもっているということでじゃんけんをし、負けた實川くんにくじを引いてもらうことになりました。
引いた封筒の中に演奏順が入っており…おそるおそる開けると…
『9』!?
いや、これ『6』だよ!
さすが運をもっていた實川くん、トリを引いてくれました

ありがとう!!

夕方から翌日までの練習室は、1組1室に加え大部屋もきっちり振り分けられ、その夜は23:00までみっちりどの組も本選の曲に取り組みました。

つづく。

Harukaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス