V字回復の方程式 【V字回復コンサルティングオフィシャルブログ】

あなたの会社が1年で蘇る!V字回復の方程式をお届け中。



プレゼントバナー

テーマ:
「晴れてよし曇りてもよし富士の山 もとの姿は変らざりけり」
 

これは、幕末の三舟のひとり山岡鉄舟が詠んだ短歌です。
 

晴れても曇っても富士山の雄大さはいささかも変わらない。
人生に何があろうとも、私もそうありたいものだ・・・
 

このような前向きな気持ちにさせてくれるこの短歌を
私はとても気に入っています。
 

詩人は、五七五七七という限られた枠の中で
如何に自分の気持ちを伝えられるかを考えます。
 

五七五七七という制約があるからこそ
言葉が洗練されてより情景が見えてくるのです。
 

一方、中小企業の経営者は、
限られた経営資源を有効配分して
成果を出していかなければなりません。
 

経営資源に制限があるからこそ
知恵が湧いてくるのです。
 

「五七五七七の世界」(=制約)に感謝です。
 

皆さん、こんにちは!
V字回復コンサルタントの李です。
 

前々回に引き続き、
V字回復決算賞与制度の概要についてお伝えします。
 

V字回復決算賞与制度を導入して運用するためには、
目標営業利益を示して実績をオープンにすることが必須条件です。
 
 
全社員の意識を目標営業利益に集中させ、
その達成の為に最善を尽くすことを是とする社風を
徹底して作らなければV字回復することはできません。
 

これは、経営の基本中の基本です。
 

ところが、
赤字の会社に限ってこの基本からずれたことをしています。
 
 
営業利益を伏せて
社員には目の前の業務にしか関心を持たせていません。
 

結果的に、
全体を見て自分が今何をすべきなのかを「考える脳」を奪っているのです。
 

すると社員は、給与とは労働時間に対する報酬であり、
労基法によって保障された権利であるという意識で働きます。
 

必要最低限の仕事だけはこなして雇用を確保しながら、
出過ぎた真似をせず如何に楽をして昇進するか。
 

これが旧態依然とした会社で働くサラリーマン達の暗黙の処世術です。
 

お金をもらって働く以上、
それ以上の成果を出さなければならないという意識がいかにも希薄です。
 

このような社風では、100%V字回復することはできません。
こうした意識に対する特効薬がV字回復決算賞与制度です。
 

V字回復決算賞与制度は、
失われた「利益意識とやる気」を取り戻す手段です。
 

V字回復決算賞与制度は、
頑張る者の意欲を高めて労働生産性を飛躍的に向上させます。
 

80対20の法則」というものがあります。
上位20%のセグメント(店舗・社員等)が
80%の収益を上げるという経験則です。
 

V字回復決算賞与制度を導入して一番反応するのは、
上位20%の利益貢献者達です。
 

稼ぎ頭が燃えてこそ成果は上がります。
必要最低限の仕事しかせずに、
安定ばかりを求める者に何もできやしません。
 

生産性の向上とは、まずは上位20%の利益貢献者にフォーカスして、
次に残り80%の底上げを行っていくのが正しいやり方です。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
今回は、連載しているV字回復の方程式をお休みして、
久しぶりに「コラム~独立起業して成功する!~」を書こうと思います。
 
 
先日、高校空手部時代の後輩から突然電話があり、
創業の相談を受けてランチを共にしました。
 
 
なんと、会うのはおよそ13年ぶり!
 
 
しかも、
会社を興すというめでたい相談で
短い時間でしたが大変素晴らしい時間を過ごすことができました。
 
 
私も起業したての約10年前は、
本当に不安だらけでした。
 
 
・果たして受注が取れるのか。
 
・資金は足りるのか。
 
・家族を養っていけるのか。
 
・個人事業主でやるべきか会社にするべきか。
 
・定款はどう作るのか、司法書士にお願いしなければ難しいのか。
 
・登録免許税がそんなにかかるのか!
 
・少しでも安く会社を作れないのか。
 
・経理や税金はどうすればいいのか。
 
・小規模なのに税理士を雇わなければならないのか。
 
・赤字でも法人税や住民税がかかるのか!
 
・節税できる方法はないのか。
 
・資本金はいくらにすればいいのか。
 
・自分にもしものことがあったらどうするのか。
 

などなど、
その不安な気持ちがよくわかるが故に、
 
 
・事業成功のポイントと倒産のリスクを最小限にするやり方、
 
・お金をかけずに会社を設立する方法と節税方法、
 
・多くの起業家がやっているが絶対にやってはならない事、
 
・生き残るために必ずやらなければならない事など、
 
 
限られた時間の中でできる限り伝えました。
 
 
サラリーマンは、
国と会社が環境を整え生活を守ってくれる世界。
 
 
起業家は、自分で環境を整え
自分で自分(家族)を守らなければならない世界。
 
 
生きる世界が変わるなら、
自分の精神構造も変えなければなりません。
 
 
その心構えも伝えました。
 
 
今後、彼のように起業する人たちがたくさん現れて
成功することを心の底から願っている次第です。
 
 
スタートアップアドバイス(独立起業助言)
にご興味がある方は「こちらの記事の下部」も併せてごらんください。
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日4日は、中秋の名月でしたね。
 
 
自宅のルーフバルコニーにて
秋空に浮かぶお月様を眺めながら、
甘酒と団子と秋の果物を頂きました。
 
 
お月様の優しい明かりに
心を癒されたひと時でした。

 

 


 


皆さん、こんにちは!
V字回復コンサルタントの李です。
 
 
「組織の活性化」
 
 
業績が低迷する企業がV字回復する為に
欠かすことができないのがこれです。
 
 
如何に社員のやる気を引き出すか。
この命題こそがV字回復における肝の部分です。
 
 
弊社のV字回復メソッド「V字回復の方程式™」では、
「頑張ったら報われる制度」を構築して
人のやる気を最大限に引き出します。
 
 
では、頑張ったら報われる制度と何か?
それが、「V字回復決算賞与制度」です。
 
 
今後、数回にわたって
V字回復決算賞与の概要についてお伝えしていきます。
 
 
V字回復決算賞与制度は、
経営改革の五原則の第三原則である
「共存共栄の原則」に基づいて作られています。
 
 
共存共栄の原則とは、
頑張った人が報われる企業に永続的発展があるという考え方です。
 
 
機会が平等に与えられて結果を公平に分かちあえる組織には

調和があり共存共栄と永続的発展がもたらされます。
 
 
逆に、機会が平等に与えられず結果が独占される組織に調和はなく、
争いと体制の崩壊しかありません。
 
 
人間の強欲と怠慢を駆り立てる

「機会の不平等と結果の不公平」を是正して、

 

 

人間の創造性と努力を引き出す

「機会の平等と結果の公平」を実現する仕組み。

 

 

それが、「V字回復決算賞与制度」です。
 
 
V字回復決算賞与制度とは、
目標営業利益が達成した暁に

全員で喜びを分かち合う為の報酬制度です。
 
 
人間とは、「頑張った分報われる」期待が持ててこそ
持てる力を惜しみなく発揮します。
 
 
頑張っても頑張らなくても同じであれば、
誰もこれまで以上に頑張ろうとはしません。
 
 
人を動かすためには成果に相応する報酬が必要です。
ここで言う成果とは「営業利益」であり、
報酬とは「決算賞与」を意味します。
 
 
全社員の意識を目標営業利益に集中させ、
その達成に最善を尽くすことを是とする社風を作らなければV字回復はできません。
 
 
V字回復決算賞与制度は、
目標達成に向けた強力な意欲動機づけの手段になります。

 

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)