一年で赤字が黒字に変わる! 経営改革メソッド V字回復の方程式 【V字回復コンサルティングオフィシャルブログ】

一年で赤字が黒字に変わる! 経営改革メソッド V字回復の方程式 【V字回復コンサルティングオフィシャルブログ】

一年で赤字が黒字に変わる! 経営改革メソッド V字回復の方程式をお届け中。



プレゼントバナー

テーマ:
実りの秋!
サイクリングの途中、山中で珍しい果物をGETしましたよ。
 
 
天然のアケビです。
自然の甘みがとても気に入りました。
 
 
 
 
今回は、久しぶりにコラムを書きます。
 
 
タイトルは、「金利上昇と消費税増税 社長は今何をすべきか?」です。
 
 
私は、金融や財政の専門家ではありませんが、
会社経営を取り巻く「外部環境の変化」を経営コンサルタントの視点で綴りましたので参考にしていただければ幸いです。
 
 
近年アメリカは景気が良く、程よいインフレ傾向にあります。
景気の過熱を抑え将来のリスクに備える為にFRBは政策金利を段階的に引き上げており、これに伴い市場金利が上昇しております。
 
 
これにつられて日本の市場金利も若干高まっています。
 
 
実際、日本の10年物国債利回りは、
7月後半まで0.01%~0.03%と言う低い金利で張り付いていましたが、
直近では、0.15%まで上昇してきています。
 
 
まだ、低金利に違いありませんが、
注目してほしいのは、桁が一つ変わったと言う点です。
 
 
この背景には、日銀のスタンス変更もあります。
 
 
少し前に日銀は、マイナス金利政策の副作用を懸念して
少しの上昇なら許容するスタンスに変更しました。
 
 
それで市場参加者が日銀の許容範囲を試しに行っており、
その結果、市場金利が上昇しているのです。
 
 
ちなみに、この市場金利に連動する形で各種ローンの貸出金利が決まります。
 
 
日本は、日銀のゼロ金利政策やマイナス金利政策により、
この20年近く超低金利が当たり前の環境になっています。
 
 
この状況で市場金利が数%でも上がれば、
低所得者の住宅ローンや低収益会社の事業者ローンの返済遅延が生じるなど、社会問題が現れ始めると私が信頼する金融筋から聞いています。
 
 
日本経済で一番危険なのは、
少しの金利上昇で混乱が生じるという脆い「借入金体質」だと考えます。
 

さらに言えば、今の環境が当たり前で問題ないと考えている「人の意識」が問題です。
 
 
従って日銀は、この先もゼロ金利政策或いはマイナス金利政策を取らざるを得ない。
 
 
日銀のコントロールが効く間は、市場金利の変化は思惑の範囲内で収まってくれます。
しかし、市場を完全にコントロールするのは不可能でしょう。
 
 
市場金利は、いくら政府や日銀がコントロールしようとも、
超長期で見れば日本の財政と言うファンダメンタルを反映するものです。
 
 
実際、日本の財政は今でも悪化し続けています。
 
 
・超長期にわたるGDP低迷の問題
 
・社会保障問題
 
・農業問題
 
・医療問題
 
・労働市場問題
 
・高い行政サービスの問題
 
・そして膨らみ続ける国と地方自治体の借入金問題
 
 
こうした低収益と高コスト体質、そして受益の不公平問題の存在。
 
 
しかし、政府は構造改革を先送りして歳出を増やし続ける一方、
歳入を増やそうと来年10月から消費税を増税する事を表明しました。
 
 
政策金利を上げられないと言うのは、景気停滞や低迷を意味し、
消費者がデフレマインドにもかかわらず消費税を上げれば消費者の財布のひもは更に固くなります。
 
 
これでは、経済成長は望めないでしょう。
 
 
今は、アメリカの景気が絶好調なので、それにつられて輸出や株価が上がっているにすぎず、
この間に構造改革ができなければ、世界経済が冷え込んだときに相当に厳しくなるのではないでしょうか。
 
 
なぜなら、財政難の日本は思い切った財政出動ができず、
これ以上の金融緩和(政策金利の引き下げ)の余地※1は限られていると思うからです。
 
 
南海トラフ巨大地震は、いつ起きるか分からないが確実に起きることはわかっている。
それと同じく、いつ市場金利が跳ね上がるか分からないが、そうなるマグマは確実に溜まってきているということです。
 
 
私は、日本経済の巨大地震の震源地は市場金利の上昇だと考えています。
 
 
外部環境がいつ急変してもいいように、このブログをお読みの社長は、自社の労働生産性と収益性の問題に早期に着手され、実質借入金を速やかに減らしていかれることを願っています。
 
 
※1
金融緩和には、政策金利引き下げ以外にも量的緩和政策がありますが、
専門分野ではないのでこれ以上のコメントを控えました。
 
 

テーマ:
愛とSEX
~愛しい人と触れ合う、優しい時~
 

これは、20~30代の女性に人気のファッション雑誌
anan8月号のタイトルですが、
 

先月カフェに行った際、
妻が手にしたこの雑誌に男性として興味深いアンケート結果がありました。
 

女性が最も嫌うセックスとは何か。
 

そこで堂々一位に輝いたのは、
 

マンネリと独りよがり
 

でした。
 

あー、これはセックスが下手くそな男にありがちなパターンだなと、
非常に納得のいく答えだったわけですが、
 

それはともかく、このマンネリと独りよがり、
社長の皆さんも心当たりがないか一度考えて頂きたいのです。
 

とは言っても、若い女性との火遊びのことでありません。
御社の「経営と社員教育」の事です。
 

業績停滞、業績不振の会社に共通しているのが、
変化のない仕事内容と職場環境に社員がマンネリ化しているという点です。
 

全体的にやる気がなく、
中には腐った魚のような目をしている者もいる。
 

更に、人事給与制度は年功序列で上は頭打ち、
会社がどこに向かおうとしているのか見えず、何年たっても何も変わらない。
自分より後に入ってきたあのボンクラ息子がいずれ社長になるんだろうな・・・
 

これは、経営改革と社員教育をろくにしていない会社の社員の本音です。
要するに、「あきらめ感」が漂っているわけです。
 

また、ともかく嫌われるのが
独りよがりの経営をする社長
 

実際に過去にあったケースですが、
その会社は、当時売上高4億円、社長はイケイケでパワフルな40代後半の社長。
いつか売上高100億円の会社にするのが社長の夢でした。
 

会社の壁にも目標売上高100億円と書いた紙を貼っていましたが、
哀しいことに社員は皆無関心。
 

なぜならば、社長の独りよがりで
社員の気持ちに寄りそう姿勢がないからです。
 

100億円の売上高規模になることが、
自分たちにとってどういうメリットがあるのか?
 

社員の気持ちに寄り添ってビジョンを考え、
そして、翻訳してあげなければ誰もついてきません。
 

マンネリと独りよがり。
こうしたケースは、決して少なくありません。
 

気を付けなければならないところです。
 

皆さん、こんにちは!
V字回復コンサルタントの李です。
 
 
数回にわたって、V字回復損益計算書についてお伝えしています。
 

前回、図を用いて損益計算書の仕組について説明しました。
今回は、損益計算書の仕組みについて、
より理解を深める為に「設問」を用意しました。
 

基本的なことが分かっていれば難なく解ける問題です。
損益計算書に自信がある人もそうでない人も、手を動かして設問を解いてみましょう。
 

時間は「30秒」です。
皆さん、手元の時計を確認してスタンバイをお願いします。
 

それでは始めます。
スタート!
 

設問:当期利益を計算しなさい。

・営業利益100円
・販管費280円
・支払利息20円
・長期借入金返済40円
・法人税等50%
・経常利益80円
・粗利益率30%
 

解答記入欄
 
 
 
 
 
 
 

いかがでしょうか。
答えはいくらになりましたか?
 

正解は40円です。
 

(計算式)
経常利益80円×法人税等50%=40円
又は、(営業利益100円-支払利息20円)×法人税等50%=40円
 

引っかけは、長期借入金返済40円の扱いです。
損益計算には金利の支払いは含まれますが、
元金の返済は含まれませんのでくれぐれも注意してください。
 

これは、とある会社で実際にあった話ですが、
事業承継を数年前に済ませた後継者が損益計算書の仕組みが分からない為に
誤った経営判断を下しかけたことがありました。
 

この会社はめでたくV字回復し、一億円の当期利益が見込める状況になりましたが、
問題はこの利益処分についての判断でした。
 

後継者の口から一番に出たのは、
「本社の修繕と社長(自分)の社用車の買い替えを考えている。」という言葉でした。
 

以前から、多額の借入金の返済が緊急課題であると申し上げてきた私は、
全額借金の返済に回すべきだと申し上げました。
 

後継者はどうも納得がいかない様子でしたが、
その理由は後日判明しました。
 

一億円の当期利益は、長期借入金の返済を行った後に残った
自由に使えるお金だと勘違いしていたのです。
 

損益計算書の基本的な仕組みが分からない為に、
危うくピントのずれた経営判断を下すところでした。
 

この後継者は、これまで経理に関心が薄く、
利益管理と資金繰りを先代から勤める経理部長に任せっぱなしにしていたからこのようなことが起きたのです。
 

正しい経営判断を下すためには、
損益計算書を正確に理解していることが大前提です。
 

勘違いを起こさない為にも、
損益計算書の仕組みと基礎知識をしっかりと身に着けてください。
 
 
 

テーマ:
 
 
冬に伐採された公園の楠木の切り株からなんと新芽が!
 

ゆっくりと年輪を重ねながら
長年この地を見守ってきたこの樹。
 

電気のこぎりで、
一瞬にしてその命を奪う事ができる人の力。
 

伐採される姿を遠目に
その時間のギャップに戸惑いとはかなさを感じておりましたが、
 

ふと思い出して立ち寄ってみると
なんと、切り株の周りから青々とした新芽が元気よく顔を出していました。
 

生命の力強さを改めて感じ、
なぜか安堵感を思える自分がそこにいました。
 

切るのは易し、育てるのは難し。
 

これ、環境問題だけでなく、
人財育成にも通じるものがあるかもしれませんね。
 

皆さん、こんにちは!
V字回復コンサルタントの李です。
 
 
数回にわたって、V字回復損益計算書についてお伝えしています。
今回は損益計算書の仕組みについてお話します。
 
 
(前回からの続きです)
 

全社員が共有すべきゴール=営業利益。
その営業利益を上げるためには、「損益計算書の仕組み」を理解しておく事が必要です。
そこで、ボックスを用いて損益計算書の仕組みをわかりやすく説明します。
 

下記の図をご覧ください。
 
 
 
ボックスの右側が「収益」です。
ボックスの左側の上部が「費用」です。
収益と費用の差額が「損益」です。
 

収益が費用を上回れば利益(黒字)が出ます。
収益が費用を下回れば損失(赤字)が出ます。
 

これが、損益計算書の仕組みです。
 

次に、収益と費用の中身を見てみます。
 

収益には、売上高、営業外収益(金融収益等)、特別利益(資産売却益等)があります。
 

費用には、原価、販管費、営業外費用(金融費用等)、特別損失(資産売却損・除却損等)、税金があります。
 

次に、ボックスに赤い文字で書かれた科目にご注目ください。
 

収益の欄の「売上高」、費用の欄の「原価」と「販管費」、それを差引した損益の欄の「営業利益」。
これが、主たる「営業活動」における収益と費用と損益の内訳です。
 

つまり、営業利益とはコストを下げて売上高を上げることで最大化されます。
 

如何にコスト下げるか、如何に売上高を上げるか。
 

V字回復利益戦略は、シンプルにこの事を追求していきます。
 
 
次回に続きます。