一年で赤字が黒字に変わる! 経営改革メソッド V字回復の方程式 【V字回復コンサルティングオフィシャルブログ】

一年で赤字が黒字に変わる! 経営改革メソッド V字回復の方程式 【V字回復コンサルティングオフィシャルブログ】

一年で赤字が黒字に変わる! 経営改革メソッド V字回復の方程式をお届け中。

V字回復の勘所を休憩し、久しぶりに経営コラムを書きます。
 
 
oneチーム
 
 
今年の流行語大賞はこの言葉に決まりましたね。
 
 
 
 
史上初ワールドカップベスト8の功績を挙げたラグビー日本代表選手とコーチの皆さんが教えてくれました。
 

勝つために最も重要な要素とは、「oneチーム」であるということを。
 
 
私はこの言葉が選手の皆さんの勇姿と共に多くの人々に刻まれたことに、一人の人間として喜びと誇りを感じずにはいられませんでした。
 
 
しかしその一方で、一体どれだけの人がoneチームの本当の意味を知って共感しているのだろうかと疑問に思ってしまいました。
 
 
現代日本人がイメージする従来の「和」精神とは似て似つかない、真逆の精神であることをわかって共感しているのだろうかという疑問です。
 

ラグビー日本代表が言っているoneチームとは、
 
 
・史上初ベスト8以上という高い目標を掲げ
(前例主義ではない)
 
・結果を出す為に多様性を尊重した国際色豊かなメンバーを揃え
(単一民族・単一価値観の金太郎あめ組織ではない)
 
・世界で一番厳しいと自負できるハードワークをこなし
(政府や規制産業でやっているような生ぬるい働き方改革ではない)
 
・実力主義で選りすぐりのメンバーを配置し
(年功序列や人情や縁故血縁ではない)
 
・試合登録メンバーから外れた選手もチームの勝利の為に貢献し
(妬みと言った弱い心をのり越える心の強さ)
 
・目標達成の為に多くを犠牲にして打ち込む姿勢から生まれた真のチームワーク
(何かを得るために何かを捨てる勇気)
 
 
私はそう理解しています。
 
 
私は経営改革の現場にて、この精神性を「一致団結」という言葉で表現しています。
 
 
秩序を乱さないことを目的とした和であっては改革はできず何も進歩しない。
 
 
必要なのは結果を出すための「創造的破壊」です。
 
 
経営改革とは、その戦略や手法がいくら優れていても、それを運用する経営トップの価値観と社風が変わらなければ結果を出す事はできません。
 
 
一般的に、歴史や文化に根差した価値観や社風が変わるには、世代交代を経るなど長い年月がかかるとされています。
 
 
確かに短期間で価値観や社風が大きく変わるのは、相当に難しいことであるのは事実です。
 
 
しかし私は、(組織であればなおさら)それは可能であることを知っています。
 

事実、日本ラグビー代表の選手とコーチの皆さんがそれを示してくれました。
 
 
・勝たなければやられるという切羽詰まった状況、
 
・黒字にしなければ倒産してしまうと言った切羽詰まった状況、
 
・或いは、絶対に成功しなければ気がおさまらないと言ったような過酷な体験など、
 
 
きっかけは何でもいい。
 
 
・本気で目標達成したいと思う気持ち、
 
・本気で勝ちたいと思う気持ち、
 
・変わらなければ生き残れないという真剣な気持ち、
 
 
この思いがマックスに達し、何かを得るために何かを犠牲にする覚悟ができれば人と組織は変われます。
 
 
不退転の決意で挑めば、不可能と思えるようなことでも可能にすることができます。
 
 
経営の問題でお悩みの社長及び後継者の皆様。
 
 
このコラムを読んで何か少しでも思うものががあれば遠慮なくご一報ください。
 

技術と精神の両面からあなたの会社を全力でサポートします。
 
 
 
今、大相撲力士の炎鵬がマイブームです。
いや、今回の名古屋場所も沸かしてくれました。
 
 
9勝6敗で技能賞を受賞。
小さい体で大きな力士を倒す瞬間は見ていても痛快。
 
 
 
 
小さな体を活かして低く潜り込んで素早くまわしを取るこの雄姿。
素晴らしいですね!
 
 
小よく大を制す経営
 
 
経営コンサルタントとして、中小企業の社長に、その技術と勇気を与え続けたい、その思いをより強くした今日この頃です。
 
 
皆さんこんにちは!
経営改革コンサルタントの李です。
 
 
前回、「必要資金」を根拠に目標損益計算書を作成するのが正しいとお話しましたが、もう少し説明を加えたいと思います。
 
 
必要資金=借入金の返済金額+将来への投資金額
 
 
この計算式は、前回のブログで説明しましたね。
 
 
では、仮に今期のローン返済が毎月500万、
来期の投資として今期4000万稼ぐ必要があるとします。
 
 
すると、必要資金はいくらになるでしょうか?
 
 
答えは、
 
 
必要資金=6000万(500万×12ヵ月)+4000万=1億
 
 
です。
 
 
即ち、今期一年で1億円の当期利益※を稼がなければならないということです。
※正確には当期利益+減価償却費が1億円
 
 
よって、今期の目標当期利益は1億円ということになります。
 
 
ここから逆算して目標営業利益を算出し、
その達成のための販管費と粗利益率を決めれば目標売上高が決まります。
 
 
目標売上高が決まれば、あとは客数と単価を決定し、
集客目標に落とし込めばベースとなる目標損益計算書が出来上がります。
 
 
ところで、このブログをお読みの経営者の皆さん、
ローン(長期借入金)の返済を当期利益で賄えていますか?
 
 
決算書と返済予定表を手元において計算してみてください。
長期借入金の返済額を当期利益で賄えていれば最低限のハードルはクリアしていることになります。
 
 
しかし、そうでない場合は要注意です。
それは、ローンでローンを返済する「悪循環」に陥っている事を意味するからです。
 
 
決算書上は黒字であるが、ローンの返済を賄えきれない会社は意外にも多い。
 
 
ところが、このような状況にある会社の社長に限って、
これでいいと考えている傾向があります。
 
 
計数音痴に加えて、長きにわたって続けてきた借金経営で、経営感覚が完全にマヒして「資金が回ればそれでいい」と考えているからです。
 
 
しかし、それは非常に危険な考え方です。
 
 
政府と日銀によるゼロ(マイナス)金利政策で、金利負担が極めて軽く借入をしやすい環境の為、安易に借り続ける癖が知らず知らずについてしまっているのかもしれません。
 
 
しかし、それはあるべき姿ではありません。
 
 
金利はいずれ正常化しなければならないものです。
この先いつまでもゼロ(マイナス)金利が続くとは言い切れません。
ある日を境に長期金利が上昇し始めれば、支払利息もそれにあわせて上昇します。
 
 
問題はその時に起こります。
 
 
経営者とは、先を見据えて最悪の状況にも耐えられるように、
今のうちにやるべきことをしっかりとやっておくことが大切です。
 
 
 
 
タイガーウッズが11年ぶりメジャー制覇してはや1ヵ月。
その時の驚きと感動が忘れられず
いまだ机の横にこの写真を貼っています。
 
 
 

両手を高々と突き上げたV字ガッツポーズ、
何度見ても素晴らしいですね!!
 

皆さん、こんにちは!
経営改革コンサルタントの李です。
 

(前回からの続きです。)
 

損益計算書の仕組みをご理解いただけたところで、
次に、「目標損益計算書(年度目標)」を作成するうえで
特に重要なことについてお話します。
 

目標損益計算書(年度目標)を作成するにあたって
最も重要なのが「その根拠」です。
 

結論から言えば、
必要資金」を根拠に目標損益計算書(年度目標)を作成するのが正しい。
 

必要資金とは、「借入金の返済金額」と「将来への投資金額」です。
この数字をしっかりと計算することが大切です。
 

必要資金から目標営業利益を逆算し、
そこに目標経費をオンして目標粗利益率から逆算し、
目標売上高を算出する。
 

この考え方を「資金発想」と言います。
 

ところが、多くの会社は、必要資金の把握があいまいなまま、
売上高から計算して目標損益計算書(年度目標)を作成しています。
 

よくあるのが売上高前年比○%アップ。
これを、「売上発想」と言います。
 
 
売上発想と資金発想の一番の違いは「根拠の明確性」です。
 

売上発想で作られた目標売上高の根拠は曖昧で、
突き詰めて問えば問うほど疑問が生じて
納得性に欠けることが露呈します。
 

根拠の納得性が乏しいため、
高い売上高目標を掲げるほど社員の賛同を得ることが難しく、
社長の独りよがりになってしまっているケースが多い。
 

しかし、資金発想で作られた目標損益計算書(年度目標)には、
必要資金」の計算に基づいた明確な根拠が存在します。
 

その為、たとえ高い目標であっても、
V字回復と企業の永続的発展に必要な事だと社員が理解できれば、
目標に向けて一丸となって取り組むことができます。