アコーディオンで「元気を出して」を | 長坂憲道(作曲家、アコーディオン奏者)
2019年01月11日(金)

アコーディオンで「元気を出して」を

テーマ:学校教育

コンニチハ。

今日は鏡開きの日。

もう既にお正月気分は完全に抜けて通常運転中。

高校では3年生の選択科目で「楽器と文化」という授業を担当しているという話題は、時々このブログでも話題にしてきています。

今年度最終となる課題は、いよいよ「アコーディオン」です。



保育士の実技試験はアコーディオンでの受験も可能!

近年では保育・幼児教育の現場や音楽療法の現場でも、アコーディオンを活用する人が増えてきています。

この講座を受講する生徒たち(20名)に話を聞いてみると、高校卒業後、保育・幼児教育の短大に進学するという生徒も数名いましたので、この高校で「楽器と文化」を選択した人は一歩リードですね。

3年生にとっては、1月中の授業で高校生としての授業がすべて終わり、あとは締めくくりの学年末テストを残すのみ。

高校での思い出作りもラストスパート!

今日の動画は竹内まりやさんの「元気を出して」をアコーディオンの独奏でお聴きください。
今年度の高校勤務は、火曜日と水曜日だったのですが、いずれも1~2時間目2枠続きの授業を担当し、3~4時間目は空き時間、そして午後の5~6時間目を2枠続きで担当するというスケジュールです。

3~4時間目は無報酬拘束時間になってしまうのですが、基本的には教材を作ったりとかの準備に追われます。

一瞬、自分の時間が持てる時に、こうしてアコーディオンの練習~動画の撮影時間にあてています。

たまに音楽室では他の先生の授業が行われていることもあり、そういう場合は、こうして「ギター庫」で練習していたりも。

そろそろ2月23日の選曲や、ライブに的を絞った練習を始めなきゃいけない時期です。

再来週は「キジバト楽団」の保育園公演(非公開)も控えていますので、その準備も詰めているところです。


さて、今年の初登壇は来る1月31日(木)夜開催"JASRAC Creator's Path vol.6@大阪にて。

長坂憲道はゲスト(サキタハジメ神野貴志足立知謙)トークセッションの後で正会員作曲家として登壇、ゲスト出演者とのセッション演奏コーナーもあり。

日時:2019年1月31日(木)18:00~21:00
会場:心斎橋ブルックリン・パーラー
入場無料(応募招待制)※応募多数の場合は抽選

この催事を知ったキッカケ欄には紹介者:長坂憲道と書いてご応募くださいね☆



2019年、最初のライブ223日(土)に大阪(蛍池ありすキッチンれすとらん)にて!



「この曲をアコーディオンで聴いてみたいな」と思いつきましたら、是非このブログのコメント欄にてリクエストしてくださいね。

YouTubeチャンネル登録者数10,000人まで、あと9,890人!
チャンネル登録してね!

友だち追加
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon

長坂憲道(アコーディオン)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ