小さな喫茶店 | 長坂憲道(作曲家、アコーディオン奏者)
2018年03月12日(月)

小さな喫茶店

テーマ:アコーディオン

おはようございます。

きょう月曜日は午前中に譜面書きと、レッスン用の参考動画の撮影、夕方からのギターやベースのレッスンに向けた教材整理などをして、午後からは音楽教室きじばとの家でアコーディオンの体験レッスンが一件、通常レッスンも一件あって、そののちスグに西宮市のスタジオ・エルに移動するというスケジュール。

コンスタントにYouTube動画を投稿し続けて1か月以上が経過、そろそろネタ切れも心配なところなので、皆さんもアコーディオンのネイロで聴いてみたい曲を思いつきましたら、スグに!そしてお気軽にリクエストを投げかけてくださいね。

今日はタンゴの名曲の一つ「小さな喫茶店」をアコーディオン独奏でお聴きくださいね。


ドイツ語での原題は"In Einer Kleinen Konditorei"たぶん読み方は(イン・アイネ・クライネン・コンディトライ)。一応大学時代に第二外国語でドイツ語を選択していたので、何とか読み方だけは分かるものの、それぞれの単語の意味は忘れちゃったものが大半。

英語のタイトルでは"In a Littele Cafe"となるようですので、中学生レベルの英語でも普通に理解できそう。

以前、どこかの営業でアコーディオンを弾いていた時に、貴婦人のお客様から「お兄さん、アルフレッドハウゼ楽団とかの曲とかも弾いてみてよ」なんて言われたことが有り、「分かりました、次回はぜひ!」なんて言いながらも、勉強不足の僕はアルフレッドハウゼ楽団を知らず、まずは家に帰り、その楽団名をネット検索するところから始まりました(笑)

調べていて、そのアルフレッドハウゼ楽団の定番曲としても、この「小さな喫茶店」の名が挙がっていて、そのメロディを耳で確かめてみると、そういえばそれより更に何年も前に、きじばとの家でこの曲をレッスンした経験があることも思い出しました。

この曲もそうなのですが、僕自身が普段弾いているレパートリーではないにしても、各教室のレッスン受講者さんが習得を目指している曲は、僕自身もレッスン時にお手本を示すため、このように一生懸命練習をして弾けるようにしています。

音楽教室でのレッスンに携わることにより、今まで自分が好んで聴いていなかったジャンルの音楽に沢山の出会いの機会に恵まれるのが、この上なく大きな収穫ともなっています。

このようなアコーディオンの演奏動画を見て、いいなあと思っていただけましたら、是非とも長坂憲道のアコーディオン演奏動画チャンネル←クリックすると簡単に登録できますので、皆さん何卒よろしくお願いいたします。

「この曲をアコーディオンで聴きたい」と思いつき次第、コメント欄にて気軽にリクエストしてくださいね。

今日もご覧いただきありがとうございます!

長坂憲道 ホームページ
音楽教室きじばとの家
[FaceBook] Norimichi Nagasaka
[YouTube] 長坂憲道
[mixi] 長坂憲道 コミュニティ
[Twitter] v_accordion (長坂憲道)
長坂憲道←長坂憲道のアルバムをiTunes StoreでGET!

 

Venturo Accordion Venturo Accordion
2,700円
Amazon
VIVID ACCORDION VIVID ACCORDION
2,700円
Amazon

長坂憲道(アコーディオン)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス