2017-11-19

■ストラスブール再訪&お昼ごはん

テーマ:☆フランス(アルザス)
翌朝7時起床

コルマールから
ディジョン方向にぬけて
パリにかえるつもりだったが
移動手段がない。

バスは、中途半端な
時間に1本しかなく。

頼みのBlaBlaCarも
午後に1件、英語通じなさ
そうなおじさんしかない。

7時着で、食堂探しも
ままならない。

( ´_ゝ`)ハテサテ

予定変更

ストラスブールへ
戻ることにする。

居心地のよいホステルに
も1泊して、
コストはかかるが
TGVで一気にパリへ
帰ろう。





そのまえに、コルマールで
アルザスワインの新酒
グラスで2。5ユーロ

ぐぅ(´ρ`)


IMG_20171119_092814006.jpg


駅にいき切符をかって
ストラスブールへ。

お昼ごはんは、
ホステルのおねえさんに
騙されていった
バスターミナルの
近くのLa Bourseへ。

1927年創業




老舗感、いっぱい( ´_ゝ`)




老舗感、いっぱい( ´_ゝ`)




せっかくなので、アペリティフから
はじめてみる

シャンパン 5.9ユーロ





あんれては、アルザス名物料理らしい( ´_ゝ`)?

PressKopt traditinaile de la maison
krin creme de Raifort.

豚のほほ肉やタンを煮込んで
ジュレで冷やしかためたの



Edelzwicker 2.6Euro
とあわせると、ぐぅ(´ρ`)



プラは、Supreme de Volaille ,
Risot d'orge cerie

うずらのつもりで
頼んだら、チキンの胸肉だった_| ̄|○


IMG_20171119_092814400.jpg

でも、ボルドー3.2ユーロと
あわせると、とてもぐぅ(´ρ`)

うまぁー(´ρ`)




デセールは、Moelleux au Chocoln
Volrhone ,Chantille

ぐぅ(´ρ`)

カフェをつけて、
チップをいれて40ユーロ

【今日のまとめ】
大満足(´ρ`)クッタド



2017-11-16

■コルマールで晩ごはん。

テーマ:☆フランス(アルザス)
腹ごなしに、コルマールの
町をぶらぶら。




コルマールの名物らしき
Kougelhopf(クグロフ)
素朴な菓子パンを食べて、

アルザスワインを飲んで、

5時まで、時間をつぶして
ユースへ。

市の中心からは、
街道沿いに2kmほど歩く
腹ごなしにちょうどよい( ´_ゝ`)ポジティブ




ぐぐるマップのおかげで
迷わず、ユース到着。


ドミ17ユーロを
おさえて部屋へゆく。

なんかアラブ人のおっさんが
ベットに、生活用品をならべて
大声で電話をしているよ

(´・ω・`)

黒ちゃんが部屋を
でたりはいったりしてるよ

(´・ω・`)

他のベッドも旅行者とは
思えない雑多な荷物が
おいてあるよ

(´・ω・`)

2ベッドの上段しか
あいてないよ

(´・ω・`)

ベッドがなんか、
じっとりとしめっているよ

(´・ω・`)

さすがに、無理。

部屋をかえてもらう

ドミは全部
にたようなもんとのこと

(´・ω・`)

二人部屋を
シングルユースに
してくれた。

プラス6ユーロ。

こちらは、部屋もきれいで
ベットもじっとり
しめっていない( ´_ゝ`)よ

そんなこんなで
夜8時、晩ごはん。

( ´_ゝ`)

迷わず、昼のお店へ。

さすがにムニュはやってないか

( ´_ゝ`)

夜のセットメニューが38ユーロ
プラスワインが5ユーロ



アミューズがついてる。

かぼちゃのなんちゃら

(´ρ`)ぐぅ






アントレ、しゃけ

ガスパチョとニ択だったが
オーダーミス

この店では、ガスパチョが
正解だった(´・ω・`)




プラは、鯛のスープ仕立て

(´ρ`)ぐぅ




つけあわせ
ポテトのなんちゃら

(´ρ`)ぐぅ




デセール
なんちゃら(てきとー)

【今日のまとめ】
(´ρ`)ぐぅ。
2017-11-13

■Colmarでお昼ごはん。

テーマ:☆フランス(アルザス)
アルザスの観光都市
Colmar

ストラスブールからは
電車で1時間もかからない。

液からは10分ほどで
かわいらしい旧市街へ。

街中にドイツあたりからきた
観光客があふれている。

宿を探すが、50ユーロ以下の
手頃な値段で
居心地のよさそうな
ホテルがみつからない。

街はずれにユースが
あるが、5時にならないと
チェックインができない。

Metzの悪夢が(´・ω・`)

はてさて

その前に、ごはんw

当然のことながら
観光地だけに、店さがし
難しい。

街中では、あきらめ
駅前にあった店にしようかと
駅方面にもどりかけたところ

旨いもんセンサーが
かすかに反応する。

( ´_ゝ`)

センサーに導かれるように
細い路地をまがり
人通りが少ない道沿いに
ホテル併設のレストラン

( ´_ゝ`)コクエワンワン

と、旨いもんセンサーが
教えてくれる。



メニューをみると
アントレ+プラ+デセール
17ユーロ

+2.2ユーロで、
グラスワイン+カフェが
つけられる。

キタ━(゚∀゚)━!!

はいってみる。

奥のほうに、ドイツ人
老人たちの団体客がいるだけ。

(´・ω・`)ハズシタカ




La Creme de Courgette au Kiri et au Basilic, Chips de Pommes Charlotte

前菜、ブロッコリーと
なんか(親切な給仕の女性にきいたが
よくわからなかったw)の
温製のなんちゃら(親切な給仕の女性にきいたが
よくわからなかったw)

※後から、メニューをみて
 Kiriとバジルをつかつてるのが判明

みためはいまいち。

食べてみる。

えっ,う、うまい。

ぐぅ(´ρ`)

複雑な味がする。
材料とかあじつけとか
全然、わからない。

でも、アルザスの白と
完璧なマリアージュ



Le Poisson du marche et son Beurre aux Noisettes,
Gnocchis au Citron confit et a la Coriandre

メインは魚のなんか(親切な給仕の女性に
きいたがよくわからなかったw)のポワレ。

クルミかなんかをつかったソース

上品で淡い味わい。

(´ρ`)ぐぅ。




La Porre pochee au Vin rouge et sa Sauce Chocolat

デセールは、洋梨の赤ワイン煮
チョコレートソースがけ。

これまた手作り感があって
ぐぅ(´ρ`)

量もたっぷり。




カフェ。

いたれり、つくせりである。

【今日のまとめ】
やはり、わしの
旨いもんセンサーにくるいなし( ´_ゝ`)

2017-11-07

■ストラスブールで朝ごはん。

テーマ:☆フランス(アルザス)
翌朝、7時起床

しゃわーをあびて、
荷物をまとめて、
7時半に出発。

BloBlaCarが午後のライドしかなく
しかたなく、鉄道で、コルマールへ
むかうつもりだ。

チャックアウトがてら
フロントのおねえさんに
ローカルのバスがないか
きいてみる。

おねえさん、パソコンを
かちゃかちゃとして、
南のバスターミナルから
30分おきにでているとな。

きいてみるもんだ( ´_ゝ`)

ホステルからだと
街を銃弾することになる。

途中、カフェで朝ごはん。



キャフェオレ( ´_ゝ`)ぷ

と、


クロックムッシュ

朝から、クロックムシュ( ´_ゝ`)

セットで7ユーロ。

ぐぅ(´ρ`)



ついでにブランジェリ(ぱん屋)で
1ユーロのクロワッサンを食べる。

パスターミナルに到着

だがしかし、コルマールへ
ゆくようなバス停はみあたらない。

係のおじさんにきいてみる。

「コルマールなら電車だよ
 バスはない」

とな。

【今日のまとめ】
だまされた( ´_ゝ`)

2017-11-05

■ストラスブールで晩ごはん。

テーマ:☆フランス(アルザス)
2時半に駅前でBlaBlaCarで
シェアライドしてもらった
エイミーさんにピックアップしてもらい。

アルジェリア系の
おばさんとともに3人で
ストラスブールへ。


IMG_20171114_081915736.jpg

指がうつってるw

エイミーさんはリール大学で
比較文化学(かな?)を専攻で
丁度卒業したところでそうな。

おしゃべりしてると
あっというまに、
ストラスブール到着。

アゴダで予約したホステルへ。

アゴダでの評価が
高かっただけに
さすがに綺麗。

ちょっとしたホテルのよう。

部屋も清潔で
ひろびろ。

スタッフも親切で
てきぱきしてて
ゆうことなす。

荷物をほどいたら
街あるき。


IMG_20171114_081915884.jpg


大聖堂を中心に
ふるいまちなみが続く。



晩ごはんは、川のほとりの
ロマンチックな店。

人気の店で、満席。

さすがに、昼のたっぷりのコースで
そんなにお腹もすいてないので、
はらごなしもかねて、

街をぶらぶら
歩き回る。

8時すぎ、店に戻ると
1席だけあいており、
無事、入店。

まわりをみると
どでかいポーション。

お肉のかたまりがでてきてる。

(´・ω・`)ムリ


というわけで、アルザスのパスタ
スペッツァのきのこクリームソースと
白ワイン

【今日のまとめ】
これも、山盛りで
ちょっとキツい(´・ω・`)


AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。