ありがとうございました!

4月14日(土) 愛知の各地で熱いイベントがあった中、

一番盛り上がったと豪語しちゃいますけど(笑)



ぺんぐ☆王

Unidentified☆Zone-ぺんぐ☆王

前日の豊橋出演もあり、そのまま一緒に横綱ラーメン食って、ドンキでおやつ買って騒いで、

うちに泊まって100円お好み焼き食って、O.A.でコント依頼してリハまでしたのに、ゴメン…

タイムテーブル押しちゃって却下!笑

トップから、ぺんぐっこ巻き込んで、盛り上げてくれました!

外見で仲良くなれない嫌いなタイプだと思ってたけど、んなこたなかった☆

ふざけたバンド名に騙されて、食わず嫌いというか聴かず嫌いは損だね!


CANTOY
Unidentified☆Zone-CANTOY

今回もはがチャンいない~(泣)

でも、これはこれでイイんだよ☆

前回の豊橋に続き、APSECALLのムネくん…やっぱりスーパードライもらってイッキ!!!!

次、出番でしょうよ!とつっこみたくなったよ。



APESCALL
Unidentified☆Zone-APESCALL

さっきのおちゃらけはどこへやら。

フロアを盛り上げることには貪欲だよね。

ムネくんも、俺には仲良くなれないタイプだと思ってた(笑)

がしかし!酒飲むといろいろ忘れちゃうヒトだけど、出番終わってもステージにあがって、

盛り上げてくれるエンターテイナーでした。

すげ~っす!

某ライブハウスの方がムネくんみたいになりたいと言うのもわかります(笑)



GUARDIAN HACKER
Unidentified☆Zone-GUARDIAN HACKER

はい!はじめましてでしたよ☆

ガーター戦士は反則ですよね~しかもミニスカ!

タンクトップもアカンて~

そして男どもは絶対領域にヤラれたでしょう(笑)
可愛い顔してむちゃくちゃかっこよかったっす!アサミさん!



JACKPOT BELL
Unidentified☆Zone-JACKPOT BELL

昨年のBuster CaLLは5日連日出演してくれた強者!

折り返しにはこのBANDでしょうと想定以上のステージを見せてくれた☆

Gtのコージとは生きてる時間が5日しか違わないってのもあって、親友とも言えるかな?笑

今回も東京と仙台の間のこの日に出演してくれるという無謀さは、感謝の言葉しかなかったよ。


GNz-WORD

Unidentified☆Zone-GNz-WORD

恐いんですよ!もうメンバー全員でこられたら泣きそうですもん(笑)

いやでも出逢った当初はほんとに恐れてました。すんません。

いつのまにか、東海地区のマネージャーとまで言っていただけるようになって、恐縮です。

実は、Buster Callって(廃盤)アルバム出してたってこともあって、約束通りにBuster CaLLに出演以来させていただきました!

今回も圧倒されるステージでした。


RONDONRATS

Unidentified☆Zone-RONDONRATS

今回この日のイベントの影の首謀者!

RONDONRATSとはもう4、5年の付き合いかな。

まだまだ名古屋での知名度がなかった頃から、毎回イベントに出演してもらってきた。

今回もこの日にイベントをやってくれって言われたのがすべてのキッカケでね!

しっかり盛り上げてくれました。



THE Hitch Lowke
Unidentified☆Zone-THE Hitch Lowke
EverLast発売おめでとうございます!

東名京ワンマンを控えているのに、まさか出演をしてもらえるとは思ってなかったのが、正直な気持ち。

圧巻のステージパフォーマンスに、心に響くオト。

いや~もっと見たかった! そうだ!ワンマン行こう!

なんて(笑) 冗談抜きにハンパなかった。





自分のイベントは一見すると、ジャンルばらばらでつながりのないように思えるかもしれない。

でも、自分は小学生の頃から培った感性で、またいろんな情報からの試行錯誤してイベントをしている。

ジャンルなんて後で誰かが勝手につけた言葉。

音楽に枠は必要ない。

枠なんてあったら響くオトなんて産まれない。


ヒッチの星さんも言ってたけど、楽しみ方もひとそれぞれ自由。


そのオトが響けば、自然とカラダが揺れる。

つったってるだけだった人もフロアに飛び込んでいきたくなる。


Buster CaLLは単純に破壊することを意味しているように聞こえるけど、

そこに込めた想いは深くて、ジャンルの壁はもとより、心の壁だったり、人と人の間にある壁だったり、常識の壁だったり、壊すことからその先にある創造に辿りつくことが出来ればと、自分の好きな音楽をキッカケに。




この日あの空間に居た人は少しでもそんな事感じてもらえたのではないでしょうか。


FluoLightArchとして、イベントしてますが一番の幸せは人とつながれる事。

今回もイベンターしょうへいが隣でサポートしてくれましたが、そういう人と人とのつながりがイベントに限らずなんでも創っていくと思うで。



とりとめのない文章になりましたが、

ありがとうございました。



まだまだ面白いことやっていこうと思いますよ☆