続・LINE

テーマ:
時間が経つのは早いもので、旦那が浮気をし始めた時の上の子の月齢に、下の子が近づいてきました。

寝ている子どもたちを見ると、当たり前ですが、上の子と比べると下の子がとても小さく見えます。

こんな小さくて、可愛い盛りの時にあの馬鹿は……と未だに理解できない気持ちと残念な気持ちとを感じました。

それと同時に、上の子はこんなに大きくなったんだと考えていると、旦那への感情など一瞬で忘れています(笑)

小さな子が巻き込まれてしまう、悲しい事故が多く起きています。

子どもたちには前々から自分の身を守るためにはどうするべきか伝えていましたが、同時に毎日車を運転する私や家族も今まで以上に気をつけるようになりました。



それでは、「続・LINE」


旦那「ゆっくり目なのか…まだ個人差の大きい時期だから焦らず待つしかないね。心の方は長くかかるらしい。カウンセリングを受けているけど、薬を飲まないと眠れない状態。〇〇と〇〇(子どもたち)は服何センチ?」


プレゼント…………する気ですか?


しかも絵文字までついている…


どうしてここまで普通に接するんだよ!!


とても苦しい決断だったが、Aと浮気をして最高のクズとなった旦那との離婚を決め、ここまできた。


クズい事ばかりされたけど、楽しく幸せな思い出が沢山あり、情を捨てることが辛かった。


焦らず待つしかない、と普通のことしか言っていない旦那。


どうせ何気なくただ言った言葉だろう。


しかし、この旦那=子どもたちの父親の普通中の普通の返答は、他の誰かに言われるものよりも、妻であり母親である私の心によく響く。


心の方は、、、毎度毎度色々言っているけど信じすぎてはいけない。


自分は可哀想であると嘘ばかりの主張をしてくる旦那の言うことだ。


言わせておこう。
  

服のサイズか。


旦那は浮気し始めてから、子どもたちの身の回りの世話も、買い物もしなくなっていたからな……


大きくなっていて驚くのかな……



私 「そうなんだ。でもAさんがいるから、話とか聞いてくれて良くなってくるんじゃない?服のサイズは、〇〇と〇〇だよ。」



私、嫌味っぽいな〜。こんなこと言いたい訳ではないのに。


まだ旦那が変わってくれるかも!と心の何処かで期待してしまっているのか…


人は変わらないとTさんに散々言われているのに。 


可哀想な自分をアピールすれば、周りが自分に合わせてくれる、何でも自分の思い通りにすることができると思っている旦那も変わっていないが、そんな旦那でも、変わるかもしれないと心の何処かで期待し続けている私も、変わっていない…。


しかし、返信が早すぎる。


もしかしたら、旦那はAと別れて、自分のした過ちに気付いたのではないか…


本当は子どもたちのことを大切に想っているのではないか…


ふとそんな期待をしてしまいそうになる。


久しぶりにした旦那とのLINEは、こんな状況であっても、不思議と私にとっても懐かしく落ち着けるものであった。


旦那とのLINEで、旦那が子どもたちのことを大切に考えてくれていることを少しでも実感したい………ついでに旦那の近況も何かわかれば……と思ってしまう。


もう少しだけ、、、、、LINEしていたいな…


と思っても、そんなこと言えるわけでも続けられるわけでもない………