この前職場で、アメリカ旅行から帰ってきた男性とりんごの話をしました。俺はりんごは何気なく食べることが多いものの、アメリカのものは恐らく食べたことがない気がする。青森さんのりんごが一番美味しいと思っているし、日本で売っているりんごはほとんど青森のものだという印象が強いかな。

アメリカにしょっちゅう旅行するその男性は、アメリカのフルーツに凝っていて、毎回現地のスーパーでフルーツを買ってはホテルの部屋で剥いて食べているのだとか。日本では買えないようなアメリカ産のフルーツがたくさんあるし、フルーツは飛行機に持ち込めないので現地で食べるしかない。確かにそうですよね。

本当は俺のためにアメリカ産のグラニースミスといった酸味が強めな青りんごを持って帰ってきたかったらしい。気持ちはありがたい。でもそれが無理なので、日本にある輸入品スーパーで買ってきてくれたグラニースミスりんごを一つくれたのだ。輸入品だから高いはずだ。これもありがたい。

食べてみたけど、話の通り酸味が強めで、何かキャラメルやハチミツなどに浸けて食べると美味しそうだ。話によるとアメリカではよくグラニースミスのりんごにキャラメルをかけたりして食べることがポピュラーらしい。なんだかとても美味しそうなおやつ。

俺は何も付けないで単独で食べたけど、この甘酸っぱいグラニースミスの青りんご、結構病みつきになりそうな味だ。酸っぱい皮も魅力的。アメリカでは当たり前のようにこのりんごが毎日スーパーに並んでいると思うと、とても不思議な気持ちになった。日本の富士リンゴとはまた違う魅力がある。日本の青森さんの富士りんごもかなり魅力的で海外でも絶賛されているみたいですけどね。

ちなみにりんごをくれたその男性はこの前「ノムコムの評判と口コミについて」と言ったタイトルのサイトを見せてくれました。不動産の売買にはかなり強い会社らしいが、笑えることにそのサイトに使っていた物件の画像の一つが見覚えある物件だった。思わず親近感を感じてしまい、噴き出してしまった。まあ細かいことは言わないでおこう。

アメリカ人は毎日グラニースミスのりんごを食べ、日本人は富士りんご。まあ皆が皆そうとは限らないが。たまに輸入品が売っているスーパーで海外からのフルーツを買って家で堪能するのも悪くないかもしれないと思った。今度友達が教えてくれたスーパーに行って他の国のフルーツもないかどうか見に行ってみようと思う。