夏の女王、イランイラン

テーマ:

こんばんは。

香りのセラピスト 武藤 祐子です。

 

 

 

暦の上では処暑。

暑さの勢いが止み、

吹く風が秋めいてくるころだそうです。

 

 

 

日中の蒸し暑さからいうと、

まだ暑さの勢いは衰えていませんね!

 

 

 

先日から夏の暑さが戻ってきて

「そうだった、まだ夏だったんだ~」と

思い出しました(^-^;

 

 

 

 

ところで、真夏の精油、

というと何を想像されるでしょうか?

 

 

湿気がムンムンで、

ちょっと動いただけで

汗が流れるような…ほんっとに蒸し暑い!!ときに

嗅ぎたくなる精油です(^^)

 

 

 

おすすめは、イランイランの香り。

暑い夏にもってこいの香りです。

 

 

 

イランイランそのものは

とても濃厚で重い香りなので

オレンジなどの柑橘系やペパーミントなどの

揮発性の高い、軽やかな香りと合わせます。

 

 

 

パチュリとも相性がいいので、

柑橘系の精油

ペパーミント、ユーカリなどの

スッとする香りの精油

イランイラン、パチュリ

の組み合わせが、夏の香りの代名詞。

 

 

 

精油の合わせ方で、

爽やかにも、濃厚にも調節ができます。

 

 

 

イランイランは私にとって、

日中の元気づけの香りにもなり、

バスタイムの

うっとり女子力を上げたいときの

香りでもあります。

 

 

 

イランイランの放つ、

いい意味での暑苦しい香りが

うだるような暑さに不思議とフィットします。

 

 

 

湿気を帯びた蒸し暑い夜に、

南国の灼けるような太陽をたくさん浴びた

イランイランの香りは、

ゆったりと心を満たし

深いリラックスと心地よい眠りを誘います。

 

 

 

また、官能的な香りがロマンチックな気分に

一役買ってくれますよ(^^♪

 

 

 

季節にあった食べ物があるように、

香りも季節に合わせて楽しんでみてください♪

 

 

 
最後までおつきあいいただき
ありがとうございました。
 
お問合せ ✳︎こちら✳︎
 
香りのセラピスト  武藤祐子

 

AD