最近テレビで見てからその言動を観察しているのが、カリスマ歌舞伎町ホストROLANDである。

 

 

 

ROLAND

 

 

 

 

 

 

 

ROLANDの我が道を行くブレなさが、よく生きる為の示唆に富んでいるのでちょっと読んでいっていただければ。

 

 

 

 

 

■ROLAND®️プロフィール■

 

 

1992年に東京で生まれる。
高校卒業後すぐに大学を中退し18歳でホストデビュー。1年間の下積み時代を経た後、歌舞伎町の数々の最年少記録を更新し20歳にして当時所属していた店舗の代表取締役に就任。
 

 

2013年KG-produceに、現役ホストとしては史上最高額の移籍金で移籍。その後は数々のテレビ番組に出演するなどタレントとしても活躍。

2017年度に4200万円を売り上げ店舗最高記録を樹立すると共に年間売り上げも1億7000万Over。

2018年には月間6000万を売り上げグループの個人最高売り上げ記録を樹立。

名実共に歌舞伎町のトップホストとして現代ホスト界の帝王と称されている。

執筆活動や多数のメディア出演もこなす。

■■

 

 

 

1年間売れていない時期があり、その売れていない時期の捉え方が「世間待ち」っていう。自分に欠けている部分があるんじゃなくて、世間の見る目が欠けているという解釈。

 

 

 

▽売れてから調子に乗るタイプはいっぱいいるじゃないですか、でも売れる前から調子に乗っている人はいない。自分が最先端にいすぎて世間が追いついてない。顧客の目が育つのを待ってましたね▽ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この自信。

本当に自信に根拠なんかいらないのでは?と思えてくる。もしかしてROLANDの成功は、誰よりもこよなく自分を愛し、自分で自分を信じ続けた結果なのではないか、と。

 

 

 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

「あ、オレ顔で食っていけるタイプだわ」と思っていたんですよね(笑)

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

 

 

と豪語するくらいだから、元々イケメンだったんじゃないの?ってちょっと思う。

 

 

 

ならばこれを見ていただきたい。

(整形を公表している) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別に普通。普通の顔。

  

 

成功したから自信が出来たんじゃなくて、自信があったから成功出来たっていう可能性を体現しているなぁ、と。

 

 

 

何の実績がなくても、何の根拠がなくても、自分を信じきれるかどうかで生きたいように生きられるかが、決まるんじゃないか?って思わずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

後天的人生っていくらでも創りだせるんじゃないか?っていうことを示してくれている気が。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、ご存知

ヴァニラ

 

 

 
 
■ヴァニラプロフィール■
 

幼少の頃に容姿でいじめを受け、当時に出会ったフランス人形に憧れを持ち、生きるフランス人形となるを決意。

 

整形代を稼ぐために18歳で夜の仕事を始める。

 

 目のプチ整形から始まり、現在では総額1億円超の整形を施している。 

 

本人としてはまだ未完成で、更にフランス人形に近づくため 身長をあと15センチ伸ばしたい、ウエストを40センチにしたいなど人形への探求心は止まる事は無い。 

■■

 
 
 

ヴァニラさんの整形は自己破滅型なのでは?と賛否両論がある。
 

私は、生きる意味って、それぞれが自分らしさや独自性を追求することだって思ってた。

 

 

整形とは自己否定で自分から遠ざかる行為なのでは?っていう偏見を持っていた。けれどよく考えたら、自分自身を突き詰める行為の一種なのでは?って勝手に気付いて勝手にハッとした。

 

 

人に愛されるための整形じゃなくて、自分を愛するための整形っぽいもんなぁ。

 

 

必要があるのかないのかは私には分からないけど、こういう形で独自性を追求する人生もいいなぁって思った。

 

 

同調圧力のキツイ日本においてそこまでやり切れることがまずスゴイ。人に何を言われようがブレないもん。整形って後天的人生を創り出す主体的行為として可視化されてて分かりやすい。

 

 

 

ROLANDは自信満々で整形し、ヴァニラは自信がなくて整形したのかもしれないけど、現実に行動に移して人生を変えたっていう点では同じで、その気概がとても魅力的に思える。

 

 

 

 

後天的人生を生き始める覚悟というか、痛みを伴う通過儀礼というか、生きることに真面目なんだろうなって思う。

 

 

刹那的なのかもしれないし自己破滅的なのかもしれないけど、納得いくまで生ききるっていう覚悟の上に立ってる感じが尊いなって思う。