日常の価値

テーマ:


昨日テレビで御巣鷹山の墜落の番組をやっていて、
ついつい見てしまった。


以前、仕事で坂本九さんリサーチがあり、
資料を読んでいたのだ。

絶対にJALには乗らないのに、
その日に限って乗って墜落死したっていう
なんか因縁的なものを感じた。


それで、遺体の確認も
頭がなくて肩のラインとカバンで
確認したんだったような。

壮絶。


昨日の番組では
一般的な日常を過ごす人々にフォーカスされていた。



すごく思ったのが、

日常って、渦中にいるとその価値が分からなくて、
失ってみて、はじめて、自分って幸せだったんだな、と。

気付いた時には、ありふれた日常には絶対にもう手が届かないって、狂おしいシステムがあるよな、と。


だから、本当は
今の日常の幸せにもっと目を向けるべきなのに、
なかなかそうならず、
愚痴が出たり、不満が出たり。


だけど本当は奇跡なんだよな、とね。


たまに肝に銘じないと、と思う。


髪型がちょっとチンコっぽいかなぁ〜?くらいで
凹んでる場合じゃないわな。