弁護士宇都宮隆展の徒然日記

弁護士宇都宮隆展の徒然日記

くにたち法律事務所@吉祥寺 東京大学法学部卒 東京弁護士会所属(35489) サッカー(FC東京/レアルマドリー)・格闘技(ボクシング/UFC)・小説・マンガ・音楽・アート・旅行・猫などが中心のブログです

何年ぶりかわからないくらい久しぶりに東京拘置所に来ました

このまがまがしさと威圧感はやはり格別ですね 




フランクフルトで得点を量産してマドリーに加入したものの、鳴かず飛ばずで期待を裏切り続けてきたヨビッチ

 

先日とうとうフランクフルトにレンタルで送り返されましたが、最初の試合でいきなりドブレテとのこと

 

現在ダントツ最下位のシャルケ相手とはいえ、なんなんだ本当に


東洋太平洋バンタム級タイトルマッチです

 

挑戦者の井上選手はいわずと知れたモンスターの弟で、以前WBCの暫定王座に就いたこともあります

 

1R チャンピオンは上半身が固い感じの少し変わったフォーム


拮抗していた流れから、終了直前に偶然のバッティングでチャンピオンが左目の上をカット


2R 傷は深い


井上選手がやや優勢


3R いったん試合が止まるが再開


井上選手攻めきれない


4R 井上選手の優勢は変わらないが、連打は決まらない


5R 連打が決まり始めた


チャンピオンは、もう右一発だけを狙っている


6R 井上選手が攻勢だが、まだ慎重


チャンピオンは一発狙いをやめて左から組み立てようとしているが苦しい


7R 同じような展開


8R チャンピオンは右目も腫れてふさがってきた


井上選手のアッパーが入った


9R 途中採点は井上選手が圧倒


井上選手のパンチだけが入る展開


レフェリーが傷の具合をみて試合を止めて、採点に入りました


当然井上選手の勝ち


最初のバッティングがなくても力の差ははっきりしていたかな


仕事柄実務的な本が増えすぎて困ります

以前の国立の事務所はものすごく広かったのであまり気になりませんでしたが、今の吉祥寺の事務所はあえて狭くしてしまったのでそろそろ対処が必要です

そこで、今さらですが、古い本やあまり使っていない本を電子化することにしました

問題はそれを見るガジェット

昔から大画面のスマホが好みでしたが、さすがにスマホでは小さい

ここ1年以上使っているのが8インチのタブレットで、サッカー観戦なんかもこれでこなしていましたが、10インチクラスのタブレットにした方がいいのか非常に迷います

8インチも10インチも両方使えばいいじゃんという意見もあると思いますが、なんか無駄な気がして

貧乏性ですね

前シーズンのリーガ王者と国王杯王者が対戦するカップ戦がスーペルコパ

 

しかし、昨年に続いて今年も4チームのミニトーナメントとして開催されることになりました

 

マドリーはビルバオと、もう1つの山はバルサとソシエダ

 

バルサはすでにソシエダに勝っています

 

スタメンはGKクルトワ

 

DFバスケス、ヴァラン、ラモス、メンディ

 

MFモドリッチ、カゼミーロ、クロース

 

FWアセンシオ、ベンゼマ、アザール


アザールにはいいかげんちゃんと働いてほしい


ビルバオのプレスが激しくてなかなか前に運べない


アザールが思い切りのよいミドル

 

カゼミーロの浮き球パスにアザールがよい反応


調子は良さそう


クロースのFKからラモスのヘディングは相手GK正面


あーあ、こないだのリーガで早々に退場したラウール・ガルシアにきれいにやられた


右から切り込んだアセンシオのミドル惜しい


ベンゼマのシュートはサイドネット


アセンシオが流し込んだボールはわずかに枠を外れた


あーあ、バスケスがPK献上


これをラウール・ガルシアに豪快に決められて早くも2点差


クルトワ、ナイスセーブ


前半は絶望的な折り返し