「俺(宇都宮義塾)は天才だ!!」ってガチで思うときがあるでよ | 宇都宮義塾

宇都宮義塾

Music & Study Cafe
- 宇都宮随一を誇る高音質と豊かな教養 - Since 2012

 

>世田谷一家殺害事件の発生から21年を迎えた30日、
>事件で亡くなった宮沢みきおさん(当時44歳)の母節子さん(90)が
>埼玉県新座市にある一家の墓を訪れ、線香をあげるとともに事件の解決を願った。

 

 

 

Q : ↑何故この女(全然、哀しそうに見えないw)は唐突に

【死刑廃止論者】の親玉をヨイショし始めたのか?

 

A : 「布石」を打っているのでしょう。今のうちに「準備」しているのでしょう…(意味深)

 

 

>また、宮澤家は二〇〇〇年三月、祖師谷公園の拡張計画により

>家を立ち退く契約を交わし、既に都から土地売却代金と物件移転補償費の一部、
約七千万円の支払いを受けていた。
>年明けにも代替地を購入する予定で、
>自宅に多額の現金が保管されていた可能性もあったが、
>その後の調べでなかったことが確認された。

 

 

 

>このように、遺産は第1順位の相続人が優先的に得られ、

>該当者がいない場合または放棄した場合は、

>次の順位の人が相続人となっていきます。

 

 

 

>東京都世田谷区の住宅で2000年12月、宮沢みきおさん(当時44)の一家4人が殺害された事件で、

>警視庁成城署捜査本部は13日、現場で見つかった包丁の柄をくるんでいたとみられるハンカチについて、

フィリピンで同様の使い方をしているとの情報が複数寄せられたと明らかにした。

フィリピン北部のイロコス地方などで、軍人やギャングが刃物の包み方として用い、

>動物を殺す際や儀式に使う場合もあるという。

 

 

>ところで14年前の今日、忘れたくとも忘れられないおぞましい事件が起こりました。

>世田谷一家殺人事件です。毎年この時期になるとニュースでも取り上げられますが、

>今年そのニュースで新たな悲劇的な出来事を知りました。なんと被害者の宮沢さん一家の姉、

入江杏さんのご主人が4年前に亡くなっていたというのです。呆然となりました。こんな事があっていいのかと・・。

>なぜ入江さんはこんな過酷な運命を背負うことになったのかと。

入江杏さんのご主人はF1マシンのエンジン設計者でした。私はご近所の縁で知り合いになって色々とF1や車の

お話を楽しくさせていただいていました。奥さんの妹さんの御夫婦、宮沢さん一家もその後、入江さんの隣家に

>引っ越してこられ私も御紹介いただきました。宮沢さんはクリエーター・デザイナーで既にパソコンを駆使して

>仕事をこなされており、導入が遅れていた私は色々とハードやソフトについて御教授いただきました。

>宮沢さんはアニメや特撮映画もお好きなので「仮面ライダーZO」を映画館へ一緒に見に行った事も・・・。

そのうちに入江さんの御主人は日本のF1チームから海外のチームへ転籍されイギリス・ラグビーに家族ともども

引っ越されてしまい、たまに日本に帰国されるという生活に。それから疎遠になってしまいましたが数年後に

>あの事件が発生したのです。私は驚愕と恐怖のどん底に叩きつけられました。

 

 

 

>2001英国の国勢調査では、フィリピンで生まれた40118人を記録しました。[1]

>2011年の国勢調査では、イングランドに居住するフィリピンで生まれた117,457人、ウェールズで5,168人

>[2]スコットランドで4,264人[3]、北アイルランドで2,947人[4]、合計129,836人が記録されました。

>国家統計局は2015年に、同等の数字は132000だった、と推定しています。[5]

 

>英国で最大のフィリピン人コミュニティは、アールズコートを拠点とするロンドンとその周辺にあります。

>フィリピン人はまた、サットンのロンドン特別区で最大の外国生まれの人口を占めています。

>[9]重要なフィリピン人コミュニティを持つ他の町や都市には、バーミンガム、リバプール、

>マンチェスター、ブリストル、リーズ、サウサンプトン、ワージング、グロスター[10]、

>そしてかなりの繁栄しているフィリピン人コミュニティの本拠地であるバローインファーネスがあります。

 

 

赤色系の蛍光剤
トレーナーやヒップバッグの内側に赤色系の蛍光剤(染料)が付着していた。この染料は発見時にシャッターが閉まっており、

事件現場に残された犯人の足跡などの形跡が発見されていない被害者宅1階車庫付近からも検出されている(注:犯人が触れた形跡のない被害者宅の棚の中から染料が検出されているという一部報道もあるが、車庫内の棚と別物かは不明)。

車庫の染料は暗闇の中でブラックライトを当てることによって光り、発見された。

事件前に犯人や犯人と関係ある人物が現場を訪れた可能性、被害者と犯人に交流があった可能性も視野に入れて捜査している。

>蛍光剤の詳細(2009年12月情報公開)
>蛍光剤の原料は粉末で日本では製造されておらず、国内では化学薬品会社2社が中国やインドから輸入後、

>複数のメーカーが印刷用インキや道路標識用ペンキ、看板の蛍光塗料などに加工して使用されている。
>蛍光剤は3種類の粉末蛍光染料で、「ローダミン」「バソニール」という商品名で流通、粉末状では赤茶色(緑色という報道もあり)で

>水に溶かすと赤やピンク系になり、ブラックライトで蛍光発色する。

>おもに紙や布、木綿などの繊維の染色のほかに、プラスチック製品、漫画本、包装、広告、顔料やインクの製造、

>蛍光ペン、油絵の具材、レーザーの研究、工事現場などでも使用される。

>3種類共に使用するのは一般的でないため、染料・塗料を扱う専門業者や工場、製紙メーカー、

研究施設、舞台関連の制作業者、デザイナーなどの可能性が高い。
 

>なお、染料は犯人の遺留品であるトレーナーから2種類、同じく遺留品であるヒップバッグの内側や

犯人が犯行時に侵入した形跡のない車庫の奥の横倒しになった棚の引き出し(物置スペースと思われる、引き出しは縦の状態)の

>底から3種類発見されている。また、車庫の引き出しの染料は底に付着している程度で、

事件以前に被害者と犯人が車庫の暗闇の中で蛍光染料を確認しあった際の痕跡の可能性がある[20]。

>その後の鑑定結果(2018年5月情報公開)
ヒップバッグに付着していた塗料について、捜査本部では「蛍光ペンなどを入れていた跡であった」と2018年5月までに断定。

>前述の通り、蛍光ペンは学生時代によく使用される文房具でもあることから、

>ヒップバッグの販売時期(1995年〜1999年ごろ)に犯人が学生であった可能性も視野に入れて捜査している[1][2][3][19]。

 

 

>フロービス(Flow Viz)とは、フロービジュアルペイント(Flow Visualization Paint)の略語で、

レーシングマシン表面の空気の流れをチェックするために使用する色の付いた液体のことを差す。

 

>実地での空力測定
チームはエアロダイナミクスパーツの制作において、実物を制作する前に空洞実験でその効果を徹底検証するが、

>空洞施設内の限られた条件下での成果がそのまま実際のトラック上で再現されるとは限らない。

 

>色は様々。グリーンをはじめとして、青色や白色など、各マシンのカラーリングにおいて目立つ色を使用する。

>チームによっては他チームの目を基にしてブラックライトで光る発光塗料や蓄光塗料を用いるところもある。