歯性上顎洞炎と歯科医療 | うつのみや歯科のブログ

うつのみや歯科のブログ

広島県広島市安佐北区亀山・可部の歯科医院 うつのみや歯科のブログです。
歯科に関する健康情報や医院の日常など、幅広く情報発信をしていきます。


テーマ:
おはようございます❗


広島市安佐北区亀山で
歯科医院をしています
うつのみや歯科です\(^^)/


お変わりありませんか?


年末に向けて
バタバタ
バタバタ
バタバタ
しとります💦


何故か
年内に入れ歯を入れておこう❗
とか
入れ歯を治しとう❗
とか
痰の吸引しとこう❗
とか
思ってしまいます


ただ、一秒で年を越す
だけなのに、です😅


一つの区切りとして年の瀬を迎えるのは
大切です💚
が、
抱えきれないような状況にして
結局誰かに迷惑かけないよう
自分の物差しを
確認しながら
進めていきたいですよ🌱




さて
歯性上顎洞炎をご存知ですか?



この病気は
むし歯を長い間放っておくことで
炎症が広がり
上顎洞まで
細菌感染するためにおこります❗


上の奥歯に発症します❗


上の奥歯の根の先は
上顎洞のすぐ下辺りにあるのです


上顎洞とは
頭骸骨内にある洞の一つで
鼻のすぐ横辺りにあります
中は粘膜で覆われ
空洞です
その空洞が感染のため膿で充たされ
違和感や痛みとして
現れます


口腔内の細菌が
歯を通して上顎洞へと
広がるのです


怖いですね(>_<)


その歯は
死んでしまいますので
根の治療が必要です



その歯を叩いたり
噛んだりすると
痛みや違和感があります


ジャンプしたり階段を降りたりすると
よくわかりますよ😅


頭が痛くなったり
頭重感があったり
悪臭の強い鼻汁や
頬部痛が現れることもあります❗



原因歯の治療と
抗生剤の投与で
治ります(^-^)/



むし歯を放置しないこと❗
よく聞く話ですがヤハリ
これになります☝



身体はパーツで出来ていますが
パーツは繋がっています


パーツの治療ですむうちに
治療する方が
何かと安心です(^-^)v


上の奥歯に
甘いものでしみる
冷たいものでしみる
穴が開いている
詰め物が取れた
などあれば
どうぞ
早めに
かかりつけ歯科医院へ❗


うつのみや歯科
宇都宮晶子



うつのみや歯科は
8024運動を目標とした
治療計画
メンテナンス計画
保健指導に
力を注いでいます



うつのみや歯科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス