誤嚥性肺炎と歯科医療 | うつのみや歯科のブログ

うつのみや歯科のブログ

広島県広島市安佐北区亀山・可部の歯科医院 うつのみや歯科のブログです。
歯科に関する健康情報や医院の日常など、幅広く情報発信をしていきます。


テーマ:
おはようございます
広島市安佐北区亀山で歯科医院をしています
うつのみや歯科です\(^^)/



お変わりありませんか?



広島は昨日からとても寒くて🐧🌁
今朝は雪⛄がチラチラ❗



ちゃんと12月には雪⛄が降る❕
自然は凄いな✨と
感心しておりました❗


当たり前が凄い❗




さて
今回は誤嚥性肺炎です



高齢化が進みよく耳にされる病気となりました



食べ物や唾液が食道ではなく気管にはいり
肺で細菌が増殖して発症します



高齢者や脳梗塞の後遺症がある方
など
食べ物を飲み込む機能が低下した方に
起こりやすい病気です



症状としては
発熱
悪臭(膿性の痰)
で、
咳は余り認められません


訪問診療でも
誤嚥性肺炎を繰り返す方は
痰が多く
吸引も大切な仕事の一つと
なっています❗



感染してから1週間程で症状が現れます
が、
高齢者の場合
発熱せずに
ぐったりとして
周りの人が気づくこともあります



咳反射の低下
栄養不足
免疫低下
で起こります


自分の口腔内細菌に感染してしまうのです(T-T)



治療は
抗生物質の投与
口腔ケア
となります



口腔内には300~400種類の
細菌がいると言われています
それらは本来食道から胃に入りますが
胃酸で死滅します


ところが肺にはそのような
ブロック機能はありません
その為感染してしまうのです(>_<)


咳で外に追い出せれば良いのですが
咳反射の低下などあれば
なかなか💧追い出せません(>_<)



90歳以上の死亡率第一位は
肺炎なのです


予防としては
口腔ケア
生活週間の見直し
です(^^)/


又か❕
と思いますよね?
聞きあきましたよね😅
でも
そうなのですよ☝


最近はワクチンもあります
65歳以上の方は補助があるようです


とても助かりますね🍀


抗生物質は良く効きますが
飲み続けることは困難です
身体の中の良い細菌まで
死んでしまいます(*_*)


また、💊薬の代謝に
肝臓や腎臓が疲れてしまいます❗
そうすると
体力が低下したり
身体が浮腫んだり
してしまいます


つまり
やはり
日頃からの口腔ケアと
生活習慣の見直し
は、
かなり重要なのです👌



自然の食べ物をいただき
適度な運動をし
毎日笑顔\(^^)/で
そして
正しい口腔ケア🎵
これで
人生の後半を
充実させましょうね💚





うつのみや歯科
宇都宮晶子



うつのみや歯科は
8024運動を目標とした
治療計画
メンテナンス計画
保健指導に
力を注いでいます







うつのみや歯科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス