シェーグレン症候群と歯科医療 | うつのみや歯科のブログ

うつのみや歯科のブログ

広島県広島市安佐北区亀山・可部の歯科医院 うつのみや歯科のブログです。
歯科に関する健康情報や医院の日常など、幅広く情報発信をしていきます。


テーマ:

こんにちは🎵
広島市安佐北区亀山で歯科医院をしています
うつのみや歯科です❗



近視が進み
眼鏡の買い換えを検討しております👓
一日かけてても
疲れない程度で
しかも
患部はちゃんと見たい❗


なかなかね
そうはいかないよね(^-^;
見たい時だけかける眼鏡👓の
検討となりますかね😅






全身疾患と歯科医療です


今回はシェーグレン症候群❗
聞かれたことはありますか?
原因ははっきりとしていませんが
自己免疫疾患だと言われています


外分泌腺の機能が低下し
涙や唾液が減少します❗


唾液というのは歯科では
とても大切な仕事をしてくれます❗
自浄作用
抗菌作用
中和作用
再石灰化作用

などなど



この作用たちのお陰で
わたしたちの歯科治療も
保健指導も成り立つわけです❗



唾液が減少しますと
細菌が繁殖しやすくなり
むし歯や歯周病にかかりやすく
また
進行しやすくなります



入れ歯による粘膜の擦り傷や
口角炎
口唇炎
なども発症しやすくなります❗



あるシェーグレン症候群の患者さんとの会話です


患「先生、手術でなおりますか?」


Dr「残念ながら外科的処置で治る病ではありません‥」

患「水分なしでご飯が食べられません
        今はいいですが
        老後に施設に入ったり、
        認知症になった時
        水分なしで口のなかに食べ物を 
        入れられたら
        私困ります‥💧」




唾液が少ないのは
QOLを下げてしまいます


保湿剤
飲み薬
水分で何とか対応する他はないのです


この方には
漢方薬をお勧めし
また、リビングウィルとして
ご自分の意思を文章にして
保険証と一緒にしておくことを
お勧めしました



漢方薬は
身体の水分を調節するものを
処方いたします


魔法のようにきけば良いのですが
なかなか
そうはいきません


ただ、
症状の進行を遅らせること位は
貢献できるかもしれません



最終的には
分泌腺の機能はなくなってしまう病です



自己管理でできることは
一つでもお勧めしたいと思います



うつのみや歯科
宇都宮晶子


うつのみや歯科は
8024運動を目標にした
治療計画
メンテナンス計画
保健指導に
力を注いでいます



うつのみや歯科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス