ふくろう通信 | うつのみや歯科のブログ

うつのみや歯科のブログ

広島県広島市安佐北区亀山・可部の歯科医院 うつのみや歯科のブログです。
歯科に関する健康情報や医院の日常など、幅広く情報発信をしていきます。


テーマ:

ふくろう通信                       

フィシュストーリー

 井坂幸太郎氏の本はこれで2冊目です。有名な「重力ピエロ」が一冊目でした。新潮文庫の100冊に含まれていました。自分で選ぶことはきっとないな、と思いつつ読んだ覚えがあります。

 読めば、はまりました。表現力が豊かで文章に引き込まれていきました。井坂氏は東北大学法学部を卒業され、2000年にデビューされています。

 「フィッシュストーリ」は、4つの短編からできています。まったく別々の4つの話が最後はつながっていきます。偶然に音のない部分を含んだ音楽がきっかけを作ります。世の中はつながっているんだ!と、最後は思います。

この話はDVDにもなっています。ちなみに、先日借りてみてみました。なかなか面白かったです。4つの話をどんな風につないでいくのかなあ、とか、つながっていることがわかるようにどんな風に作るのかなあ、などと物語を知っているから楽しめる見方ができました。

「フィッシュストーリー」とは「ほら話」という意味だそうです。この本の中にあるのは「因果応報」だとか。自分が発したことは、必ず、巡り巡って自分に跳ね返ってくる、ということです。風が吹いたら桶屋が儲かる、のような一見なんのつながりもなさそうな事柄がさかのぼればつながっていた、という感じです。

悪いことはできませんね…。

自分に返ってくるだけならまだしも、自分の大切な家族や仕事に跳ね返ってくるかもとなると、やはり言動に気をつけなくては!と、思ってしまいます。

小説と思って気楽な感じで読み始めましたが、奥の深い本でした!

参考文献「フィッシュストーリー」新潮文庫

井坂幸太郎著

宇都宮 晶子

うつのみや歯科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス