言葉の力 第四話 | うつ病予防の為に~一銀クリニックブログ「心の処方箋」

うつ病予防の為に~一銀クリニックブログ「心の処方箋」

平成25年、沖縄タイムスにて好評連載後、書籍化されたメディカルエッセー『心の処方箋』。
その著者、一銀クリニック院長の城間功旬が、うつ病予防の提案として“言葉の力”をお届けします。
皆様の心の悩みを軽くする読むクスリになれば幸いです。


テーマ:
無意識に散りばめられた「色メガネ」

無意識にある偏った見方・考え方を私は「色メガネ」と呼んでいます。
そのいくつかをご紹介してみます。

1.
人の思惑を強く気にする色メガネです。
「人がどう思うかの色メガネ」は人と接する時や、人と何かをする時に、人の目線が気になってしまい、相手に悪く思われないかと、自分の言動に気を使い過ぎてして疲れ易くなる色メガネです。
職場で電話を取ることすら他の人が聞いているのではないかと思うと緊張して声が震える人もいます。

さらにその程度の強いのが「白黒メガネ」です。
人に気に入られるか気に入られないかの、二者択一しかないので大変疲れます。
どのように振る舞えば相手が気に入るのかが唯一の考えの基準のため、そこには自分の考え・気持ちが入る余地はありません。自分がないと感じています。

「和メガネ」はその名のとおり、人との和を大切にする人です。
人との和を壊したくない・人と争いたくないために、思っている事が言えずに、ストレスが溜まり易く、あるいは人に仕事を頼めずに、困った状況に追い詰められる事もあります。

2.
「人のために役に立ちたい」とか、「人からほめられたい・人を喜ばせたい」との思いから頑張り過ぎる色メガネです。

「百点メガネ」いつも完璧に仕事をやります。
「一番メガネ」はいつも一番を取らないと気がすみません。
親・上司・客から認められたいとの思いから、いつも完璧に仕事したい・一番を取っていたいのです。
これらの色メガネをかけていると、エネルギーを大量に使い切ってしまい易く、エネルギーのキャパシティの範囲を超えた時に、疲労で身体症状・精神症状が出ます。

3.
「自他を批判する」色メガネもあります。
「他者への粗メガネ」は、人の欠点や粗が見えて仕方がなくいつも怒ってばかりいます。
何で自分の感情をあらわにして発散しているのに「うつ」になるのかと、疑問に思われることと思います。
始めは私もそう思っていました。
しかし、臨床を積み重ねて患者さんを見ていると、怒りのエネルギーの消費量というのはすさまじいため、極端な怒りはエネルギーが枯渇してうつ状態になる事を知ったのです。

「自分への粗メガネ」は大変つらい色メガネです。
自分は人の役に立っていない・人から必要とされていないとの考えから、「自分には存在の価値がないのではないか」とまで思いこむ場合もあります。

4.
不安になる色メガネもあります。
「絶対メガネ」は絶対ああなりたくない、こうなりたくないとの欲望が強くなりすぎて、「ああなったらどうしよう。こうなったらどうしよう」との不安を生みだすのです。

「不安の虫メガネ」は針のように小さい事を、棒のように拡大して見ては、不安になります。

5.
うつ状態の時に見られる事が多い色メガネが、「悲観的な色メガネ」です。
全ての事が悪い方向に行くように見えます。
それはまるで、白い紙でも黒いサングラスをかけてみると、黒く見えるようなものです。

さらに悲観的な考えが強くになると「絶望の色メガネ」をかける事になります。
危険な色メガネです。もう、死ぬしか道がないと思い込みがちです。
常日頃から、生きる選択肢は一つではなく、無限にある事を、知っておく必要があります。
一つの道が行き詰れば別の道へ逃げればよいのですから。

6.
美にこだわる色メガネもあります。
その中の一つ「美メガネ」は、自分の容姿の完璧を目指すあまり、一点にもこだわり、目・鼻・口の形や表情が気になり、人前に出るのが怖くなり、引きこもる場合があります。

仕事一筋で生きて来て、自分の仕事へのこだわり「生きざまへの美意識」のあまりから、「仕事に失敗するくらいなら名誉ある死を選ぶ」と思い込むくらい、命よりも仕事が大切と考え、うつ状態になる事もあります。
「生きる美意識」も程度ものだと思います。

色々な色メガネをあげてみました。
たいてい一人でいくつもの色メガネをかけています。
お読みになられてあなたに思い当たる事は無いでしょうか(沖縄ではこれを「ウチアタイ」と言います)。
無意識にたくさんあるあるこのような「色メガネ」っていったいどうして出来たのでしょうか。
それが、心の構造の中でどの位置を占め、意識とどういう関係にあるのでしょうか。
続きは、次回第五話でお話します。

心の処方箋

イラスト:ウエズタカシ


城間 功旬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります