幸せに外せない一つの必要条件とは? | 「うつの家族の会 みなと」の砂田くにえです。

「うつの家族の会 みなと」の砂田くにえです。

うつの家族の会 みなとは、うつのご家族とご本人をサポートします。

「みなと」は、「WITH : 皆と」を掛けています。

2009年から、うつから回復した夫、砂田康雄と一緒に運営しております。

詳しくはhttp://utsu-minato.net/ をご覧下さい。

梅雨の晴れ間。日差しは、もう初夏の様です。

 

 

 

6月23日にお送りしたメルマガ

「子どもがいたら・・・。2000万円あったら・・・。」は

ご覧頂きましたか?

 

 

もしまだでしたら、

→ 子どもがいたら・・・。2000万円あったら・・・。」

先にどうぞご覧ください。

 

 

「子どもがいたら・・・。2000万円あったら・・・。」のメルマガで

質問した内容を再度こちらに書きますね。

 

 

もし2000万円あったら、

 

もし子供がいたら、

 

もし結婚していたら、

 

もしシンガポールに行っていたら、

 

もし役職についていたら、

 

 

 

あなたは、

そんな風に

もし○○だったら、

口に出したり、

思ったことありませんか?

 

 

 

あなたにとって、

それは、どんなことでしょう?

 

 

 

私も含め、人って、

もしこれがあったなら、

もしこれが手に入っていたら、

など

何かが整った状況が

幸せでいられる為の

必要条件の様に

思いがちではないでしょうか?

 

 

 

2000万があったら…

 

家族がいたら…

 

パートナーがいたら…

 

あの仕事についたら…

 

あそこに行けたら…

 

あの大学を卒業できていたら…

 

マイホームさえあれば…

 

など

 

 

 

確かに、

こうしたことは、

幸せになる為の

きっかけになり得るように思えるし、

夢を描いたり、その夢を目指すこと自体は、

人間として健全なことでしょう。

 

 

でも、少し考えてみてください。

 

 

 

自分のことや、

周囲や、

社会全体をよく見てみると、

 

 

お金があったから…

 

パートナーがいたから…

 

子どもがいたから…

 

あの会社に入ったから…

 

あの車があったから…

 

チャンスがあったのに…

 

と、不幸せな状態を感じている人も

実際には少なくないようです。

 

 

 

また、

一般的には何も持っていない様に

思える方でも、

実際にはとても幸せで、

その幸せを日々味わい、

周囲にもその幸せを分け与えている様に

見える方も確かにいらっしゃいます。

 

 

これは、どう理解したらいいのでしょう?

 

 

まず、一般的に必要だと思いがちな、

幸せになる為の必要条件は、

あながちそうだとも言えない、

ということが分かります。

 

 

そして、

それでも、幸せであるための

何か条件があるとすれば、

それは、別のものなのではないでしょうか。

 

 

 

更によく周囲を見回してみて、

「一つのこと」に気づきました。

 

 

 

お金があってありがとう…

 

パートナーにありがとう…

 

子どもたちにありがとう…

 

この仕事にありがとう…

 

この場所にありがとう…

 

この人に出逢えてありがとう…

 

このチャンスにありがとう…

 

 

 

これは、幸せになる為の一つのカタチ

なのではないでしょうか。

 

 

そう言えるのではないだろうか、と

思えて来ました。

 

 

 

もしかしたら「感謝」こそが、

外せない一つの必要条件と

言えるのではないかと、

そう思うのです。

 

 

 

感謝しなさいよ。

 

感謝しないとバチが当たるわよ。

 

と、小さな頃から何度言われ

教えられて来たでしょう。

 

 

 

その度に、

そんなことは、とっくに分かっている。

と、思って来たし、

言っても来ませんでしたか?

 

 

 

あんなに耳にタコができる程に

何度も言われ続け、

当たり前にその考えが身についていると

思っていたものの、

 

 

 

その「感謝する」の意味するところを

本当に実感して理解できるのに、

人生の半分も掛かってしまったとは。

 

 

 

今日も元気に一日の始めを迎えられた事実。

 

 

多少寝覚めが悪くても、

こうして呼吸して今日を迎えられた事実。

 

 

数知れない有り難いことが積み重なった

延長線上に今日があって、

今この時がある。

 

 

そう思うと、

本当に心から有り難いと思えて来ます。

 

 

天の采配(さいはい)に感謝。

 

 

いつもこうした感じ方、捉え方が

できるようになったら、

もっと心穏やかに、幸せを心から味わえそうに

思います。

 

 

 

幸せになるのには、

○○が必要だと思ったら、

 

 

その前に、

もう既にあなたに揃っていることに,

そして、

もう既に持ち合わせているものに

まず感謝してみませんか。

 

 

 

あなたは、なんてたくさんの有形無形のものに

恵まれているか。

 

 

 

書き出してみると、

あまりに感謝するものが多くて

涙が出てくる、と

おっしゃる方がいらっしゃいます。

 

 

 

ぜひ時間をとって、

お一人で、

そしてご家族で

一度「私はこんなに恵まれている」という

事実を実感してみてください。

 

 

先日出逢った菊池さんは、

私にこうした「感謝」についての

メッセージを贈って下さいました。

 

 

菊池さんとの出逢いに感謝して、

あなたとも菊池さんの考え方を

共有させて頂きました。