ようやく仕事が一段落ー。むかご餅です。

 とりあえず日記。8時半起床。朝食:なんか近所のお店で安売りしてたポーランド製のシリアル。新宿で仕事なんで出撃。昼食:クライアントさんと相談しつつ飲茶などを。。買い物して帰宅ー。

 

 さて、もう先月になっちゃいましたが、6月25日の日曜日、以前書いたし(【艦これ】ほぼ提督アマオケ「AlbaOrizzonte Philharmonie改」の公演近し)今回もタイトルに付けてます通り、ほぼ提督な団員さん達で構成されるアマチュアオーケストラ集団、正式名称「交響艦隊 AlbaOrizzonte Philharmonie」さんの第2回公演に行って参りましたよー。

 公演の様子は撮影不可だったんで撮ってないんですけど、まぁその周辺はちょっとばかり写真撮ったりしてきたんで、それを挙げつつ濃い感想を述べていきたいと思う次第次第(なんか画像が上手くupできなくて時間かかっちゃいましたー。なぜか200KBオーバーの画像はChromeからだと上がらないという謎仕様。使い慣れないedgeで画像だけ上げるのは嫌でござる運営殿~^^;)。。

 

 前提情報としてですが、むかご餅、去年2016年2月に行われた第1回の公演にも行っておりますー。そん時は八王子いちょうホールってとこでやったんですが、演奏する方も聴く方も一体感があってステキなひと時だったですわ。

 んで、今回の公演場所は立川のたましんRISURUホールってところ。昔は立川市市民会館っていってた気がするけど、いつの間にか「たましん(多摩信用金庫)」が命名権でも取得したんですかしら。。

 まぁとりあえずー、当日の流れに沿って色々と書いてみますかね。せっかく聴いたんだし、簡単に感想書くだけじゃ薄すぎるんで、ここはちょっと深堀りしてみたいと思いまっする。

 そういえば艦これAlbaさんがちょっだけ演奏をYouTubeに上げて下さったようなので(今回の公演の録音ではないけど)、こちらを流しながらいってみーましょー(Zara風)。

 

腹ごしらえ

 とか言って、コンサートとは直接関係ないところから^^;

 開演が14時半からってことで、昼過ぎには立川に到着してたんですがー、時間的にお昼のタイミング。会場のある立川の南口って普段あんまり来ないんで(映画館とかは北口)、どんなお店があるか知らなかったんですが、会場への道中でこんなお店を発見(一六珈琲店)。ここで軽く食べとくことにしましたー。

 瀟洒な喫茶店って感じで、世界史を感じる店内のインテリアも「一六(式試製)珈琲」って感じの店名も、艦これコンサート前に相応しげ。ハーブがたっぷり入ったトーストサンドと水出し珈琲おいしゅうございました。当然ファストフード店とかに比べると大分お高い感じではありますがー、“いつもと違う”感ある昼食として満足満足。

 しかしこのお店、てっきり2016年創業で「一六」なんだと思ってましたが、それ以前から存在している様子…命名の由来とか知りたいところですなぁ。。

 と、自分のキラ付けが終わったとことでいざ出撃。

 

 会場には14時少し前に到着。既に30~40人くらいは列になってましたかねー。つつがなく開場そして入場。入ってすぐのロビー的な所にあったのが、記事冒頭の資源表示だったりー(ちょっとした伏線)。

 指定席ではないんで、とりあえずいい席を確保しようと足早にホール内に侵入ですよ。

プレコンサート

 んで、席について一息いれたところで始まったのがプレコンサート。本格的な開演前、会場も明るいままで数曲やるってのがプレコンサートというもののようですな。
 AlbaOrizzonteから何人かのメンバーとか、連合艦隊を組む形で参加されてるっぽい「おたクインテットという木管楽器&ピアノ系のグループの皆さんによるアンサンブルって感じでしょーか。やった曲は以下の通り。
◆聖夜の母港~Holy Night Admiral's Room~
◆APPOINTED!~浜辺の艦娘~水着の出撃
◆Alba改 特別メドレー~冬の抜錨 特型駆逐艦 冬の艦隊~
 感じたことなどを箇条書きでいきましょーかね。
まだ自由に立ち歩いたりトイレ行ったりしてていい時間帯だけど、客席の提督たちは集中。
○1曲目はいきなり季節外れも甚だしいけど、それもまたよし。多少蒸し暑い日だったけど涼しくなりましたな(ヒント:エアコン)。
○んー自分的にはだけど、2曲目は、選曲に対して楽器が合っていない気がした感じ。打楽器とか多い方がそれっぽいのでは?とかねー(でもそうすると原曲そのままって気もするけどー)。
○前2曲がリラックスムードなのに対して、3曲目はバトル曲で本編開始を予感させる構成ですな。小編成だけど、それだけに個々の音がクリアで凛とした感じを味わえた気が。

第一海域

 プレコンサートが終わって暫し、いよいよ本編の開幕。第一から第三までの三部構成ですな。最初の第一海域は、オーソドックスな曲から始まってイベントの曲も幾つか。プログラムに記載されていた詳細な曲目は以下の通りでつ。

◆始まりの鎮守府(母港~工廠)
◆敵艦隊前線泊地殴り込み(2013年春イベント)
◆海上護衛戦
◆基地航空隊~海鷲の翼
◆梅雨の鎮守府(雨音の鎮守府~雨とお酒と艦娘)
◆発動!渾作戦(2014年秋イベント:連合艦隊の出撃~艦隊決戦~秋月の空~防空駆逐艦、参戦!)
○指揮をするのは代表でもあるトモ提督。当然、ご自身も提督なんで挨拶に提督トークを織り交ぜたり(資源カンストはエンジョイ勢じゃないと思います!)、休憩明けには連装砲ちゃんを背負って登場したりとナイスガイであります。
○調弦をリードするのは、コンマス(コンサートマスター)らしき海軍士官姿のヴァイオリン氏。長身痩躯で、なんかいかにも「副長」って感じですな。
○ファゴット(かな?自信なし^^;)の間宮さんも猛者っぽい感じ。要所要所でいい音を聴かせてくださいましたー。

〇奏者のみなさん、コスが七分に黒が三分(元ネタ:トップをねらえ!)って感じw
○ぱっと見だけど、ヴァイオリンに飛鷹、龍田さん、Zara級(のどっちかな?)、コマンダン・テストさんを発見。あとは「くまりんこ☆」三隈さんも居たかな?
○龍田さんと、『紅の豚』のポルコ・ロッソを思わせる戦闘機乗りの方は前回も居られましたよねー確か
◯母港・工廠・戦闘などの通常曲はさすがの練度。同行した妻(非提督)も第一海域では一番よかったと言ってましたよー。

〇どの戦闘曲か忘れちゃったんだけど、開幕の航空機の音を金管で表したりする芸の細かさもいいですねー。
◯基地航空隊関係の曲は6-5のことが頭をよぎって…6月はギリギリで割りました。でも勇ましくていいですな。
◯「梅雨の鎮守府」は、ちょっと変則的ー。オケというよりもジャズバンドっぽい感じ。戦いが続いた中で一息つける一時だったかと。
◯そして第一海域のシメは2014秋イベ。秋月のテーマのメロディは、華麗で愚直な感じがして、彼女らしいと思いますなぁ。

第二海域

 15分ほどの休憩を挟んで第二海域。イベ曲から鉄底海峡つながりで劇場版につなぐという構成ですな。詳細な曲目は以下の通りー。
◆出撃!礼号作戦(2016年冬イベント:道中~前半通常戦闘~後半通常戦闘~ボス戦)
◆全艦娘、突撃!~決戦!鉄底海峡を抜けて
◆劇場版1~再会~(海の底へ~敵泊地突入~浮上~再会)
◆劇場版2~全力出撃~(全力出撃~航空戦~夜戦開幕~突入)
◆劇場版3~別離~(絶望~希望~鎮魂~別離~静かな海)
◆劇場版4~帰還~(吹雪MovieVer~帰還)
○「そろそろ時間だから席に戻ってね」的な影アナにボイスチェンジャーを使った深海棲艦バージョンもあったり。ぞくぞくするー。
○つーか、コマちゃん2人いないか? 人気なのねぇ。自分も好きですけど。
○時雨は過日のコラボで登場したアヴァイル仕様だったとか(Twitterでのどなたかの呟きより)。
○吹雪はトロンボーン。なんか『スイング・ガールズ』の眼鏡っ娘思い出した。
○他にも神通とか伊良子さんとかも居た…ような?
○由良さんはホルン?
◯2016冬イベは、前回の公演でイベ実装翌日にもかかわらず演奏された(アンコール時の隠し玉だったけど)という奇跡の逸話が。そんな去年に比べて練度もアップ、金管楽器のソロも入って(前回なかったよね?)火力もアップであります。
◯自分自身の思い出もあって、『艦これ』でも至高のバトル曲だと思ってる『全艦娘! 突撃』にテンションゲージMAX。これほど「支援艦隊が到着しました」というメッセージが心強く、また盛り上がる曲もないですな。
◯かーらーの、2013秋イベE-4が印象深い、鉄底海峡の曲。当時着任3か月ほどで何とかクリアできたから、むかご餅はそこまで辛い思い出はないんだけど、でも自分の心が麻痺してるだけかもー。中破進軍して(当時まだ中破は安全圏だという確証がなかった)ドキドキしながら皆を応援してた記憶。。
◯そして、同じく鉄底海峡を舞台にしてた劇場版の曲へと入っていくわけで。
◯んー、劇場版の曲も悪くないんだけど、自分はゲームの方の曲が好きかなあ。聴いた回数の違いかもしれないけど。なんか、ゲームの方の曲には“波感”みたいなのがあると思うんですよねぇ。「なみかん」なんて言葉があるのか知りませんがー。なんつーか、海面が大きく盛り上がったり沈み込んだりする外洋のリズム、と言いますか。。
◯あとは、劇場版の曲を色々とやって下さったんですが、入れ込み過ぎてちょっとブツブツした感じになってたかもしれないですな。もう少し曲数を絞ってもよかったかも。。
◯と言いつつも、「吹雪」「帰還」のメドレーで目頭が熱く。総ての艦船が悲しみから解放されますように。。


第三海域

 再び休憩を挟んで第三海域ー。イベント関係と、秋の曲と、フィナーレとしてケッコン関係の曲って感じですかね。細かい曲目は以下の通りー。
◆発令!「艦隊作戦第三法」(2016年秋イベント:前半道中~通常戦闘~ボス戦~後半道中~後段作戦)
◆開設!基地航空隊(2016年春イベント:前段道中~戦場海域~E4道中戦闘~拡張作戦ボス戦)
◆秋麗の鎮守府(秋の鎮守府~艦娘と提督の食卓~鎮守府の午後)
◆突入!海上輸送作戦(2015年秋イベント:艦隊集結~海上輸送作戦~水雷戦隊の反撃~待ち伏せの夜戦)
◆提督との邂逅(母港~邂逅~提督との絆)
○あ、あれは…鳳翔さんにヴェールヌイに、ガングート・ドゥヴァ!?
○トランペットパートでは大和と扶桑ねーさまが並んでたり。
○北上様は木琴とパーカッション系? 木琴のあたりとティンパニのあたりを行ったり来たりと暗躍w
◯2016秋イベはねー。E-4がねー(泣きながら最短ルートでクリアしました)。
◯続いては2016春。こっちは最終海域のラスダンが…。ボス曲は双方死力を振り絞ってる感があって良い感じでしたわー。
◯基地航空隊はさっきも出てきたんだけど、ここではイベント曲の一部として。
○「秋麗」は「あきうらら」と読んで欲しいとのこと。
◯ピアノ蒼龍とピッコロ飛龍による二航戦デュオ! これは良かったですなー^^
◯バトル曲のラストは2015秋イベ。神通さん対決が見られたイベでしたな。後半の曲は深海棲艦っぽい装いも艶やかな「ことりのおふとんカッコカリ」(というユニット名なのね)のお2人によるボーカルも入って、まるでローレライを想起するような、哀しみ溢れるあのイベの後半海域の記憶を思い出させて下さいましたー。
◯そしてラストは大団円。最後のケッコンカッコカリの部分では、左右から由良さんと提督が登場してリアルカッコカリを。由良さんはこの2日前に改二実装されたばっかでしたからねー。改二おめでとう。そしてケッコンおめでとう。
 

アンコール

 ――と、プログラムに記された曲目は以上の通りなんですがー。当然というか予想通りというか、アンコールも特濃でございましたー。やっていただいた曲は以下の通り。

◆交響艦隊Weigh Anchor(encore)KAI(艦娘音頭~鎮守府秋刀魚祭り改)

◆出撃!北東方面第五艦隊(北東方面艦隊の集結~第五艦隊の奮戦~北方艦隊決戦~士魂の反撃)

◆Alba改艦これメドレー(出撃!礼号作戦道中~母港~出撃~雨音の鎮守府~出撃!礼号作戦道中~同前半道中戦闘~同ボス戦~全艦娘、突撃!~劇場版 敵泊地突入~同 全力出撃~帰還~開設!基地航空隊拡張作戦ボス戦~鎮守府の午後~海上輸送作戦~士魂の反撃~シズメシズメ~モドレナイノ~提督との絆)

◯みんな待ってた音頭と秋刀魚。それぞれ一部分を観客にも唱和してもらう企画があったんだけど、ちょっと不発気味だったかと。。ちょっと譜面が分かり難かった…かな?^^;
〇ほぼ恒例(?)になった直近イベの曲ってことで、2017春イベの曲も。一部で「ロマサガ曲」と言われてるのも納得ではありますがー、まだ厳しい寒さが吹きすさぶ、あの北の海での戦いが思い出されましたなぁ。。

◯Alba改メドレーの方は、今回の曲に限らず今までの曲を網羅した凄いメドレー(11分くらいあったらしい)。今回は演目に無くてちょい寂しいと思ってた「シズメシズメ」や「モドレナイノ」といったボーカル有りの曲も含んだ完全無欠気味なメドレーでありました。グランドフィナーレに相応しい、見事な盛り上がりでありました。。
◆母港
◯…っと、もう1曲。全て終わって、提督各位が帰り支度をする時にお見送りとして奏でられたのは、ピアノによる「母港」。ピアノの蒼龍さん、最後までお疲れ様でしたー。

 

 ってことで。なんかいくら書いても書き足りない感じでもありますがー、だいたい、そんな感じのコンサートでありました。
 ちなみに演奏が進むごとにホールの脇に置かれた資源表示は減っていき…最終的には↓これくらいに。。しばらく大型建造は止めといた方がいいですねコレは。。

 

 

 次があるのかってこと自体、まだ未定だと思いますがー、また「Alba改二」でお会いできることを祈りつつ。とりあえず今回のレポ&感想はここまでにしときましょー。ではまたノシノシ