お腹の脂肪、その正体とは?

  (楽天サイト提供)


いつの季節でも・・・やっぱり気になるのが
お腹のまわりの脂肪ですよね 

プヨプヨしたお腹やぽっこりと出た下腹など
お腹に脂肪がつきやすい女性にとっては

それは本当に大きな問題です

ではこのお腹の脂肪の正体は一体なんなの
でしょうか?

女性のお腹の部分には、ちょうど子宮がある

ために、命に関わる大事な部分は、守られる

ためにもともと脂肪がつきやすいので、脂肪

がついてしまいます

そして女性ホルモンの働きがこの脂肪に関係

しています

反対に男性ホルモンは皮下脂肪の代わりに

内臓脂肪をつきやすくする働きがあります

ですから皮下脂肪がつく量は男性に比べて

女性のほうが1.5倍も多いといわれています

そして女性は閉経後になると、女性ホルモンが

減少して男性と同じように内臓脂肪もつきやすく

なる為に、食生活などに注意が必要なのです


またもうひとつ大切なことは肋骨から下のお腹

の部分には、骨組みがないという点で、これは

男女共通していえる事です

そのため内臓を守ったり空洞のお腹を保護する

ためにも筋肉や脂肪がつきやすくなっています


このようにお腹につく脂肪は人間が元々もって

いる体を守る機能によるものです

それがブヨブヨしたお腹になってしまうのは・・・

新陳代謝が鈍くなったり食べ過ぎたりする事に

よって必要以上にその脂肪がついてしまうから
・・・ということになります

やっぱり食べ過ぎは気を付けないとですね♪

   (楽天サイト提供)

良ければポチッと応援お願いしま~す!
にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ
にほんブログ村



















AD