こんばんはおねがい


春咲佳代です


今日は海外に行ったときに気をつけること教えるよーってブログです地球


先月まで(超)短期留学してオーストラリアで働いていたのですが、


そのことについて色々書いたけどやっぱり書き足らないのでてへぺろ


今回は海外に行ったとき、向こうの国の方に嫌な思いをさせないよう気をつけることです口笛


1、スラング語や略語は使わない

これ、めっちゃ大事です真顔


日本人の中にもスラング語を多用して話してる人やラップに使われるような略語言葉を使ってる人がいますが真顔


日本ならまぁ問題はないと思います


ただ、英語圏の国に行ったときにその言葉をつかってしまうと………


すごくダサいしイラつかれますニヤニヤ


カッコつけて英語話そうとしなくていいのに!


むしろ紳士的な話し方の方がカッコいいです爆笑


2、頭を下げない


日本人は何かにつけて自分を下にして相手を持ち上げようとします照れ


日本の文化としては詫び錆びで素敵なのですがキラキラ


諸外国(すべての国ではないです)でやってしまうと…


笑い者になるでしょうショボーン


相手と対等な態度を取るのがマナーですウインク


へりくだろうとせず堂々としていましょうニヤリ


3、大きな声で日本語で喋らない

これ!やってしまいがち笑い泣き


私が生活してたところは日本人がほぼ0だったので日本語を使う機会はありませんでしたが、


例えば旅行や留学に行って日本人と会うショボーン


そこでべらべらと大きな声で日本語で話すことはあまりよくありません滝汗


なるべく小さな声で、そして違う国にいるときはなるべく母国語は使わないようにするのがオススメですびっくり


4、話を聞いてなくても一々イライラしない

これは、店員さんや都会の人にありがちです真顔


「あの、これって……」
「あごめん、聞いてなかった」

みたいなことがまぁよくありますニコ


日本じゃ店員さんが話聞いてくれないなんてありえないですよねチーン


ちなみに電話してるのに相手はまったく聞いてなかったなんてこともたまにありますガーン


「言ったじゃん!」
「え?ごめん覚えてないや」

みたいなやり取りが日常茶飯事なのでむしろ

「やばい、全然英語わからん………なんていってんだ………」


って時は何回も聞き直して全然大丈夫です照れ


皆さんも海外に行くときは他の国にお邪魔するような気持ちで礼儀正しくその国のことをよく調べてから行きましょうね地球


わたくしは…………


オーストラリアに帰りたーい!!えーん


無理すぎるえーん



今日、動画出しました⬇⬇





いつもご視聴ご愛読ありがとうございますm(。_。)mグリーンハーツ


それでは次の更新でお会いしましょうてへぺろ




AD