今朝の大阪は少しひんやりしていますが、いいお天気です。

いつもなら、春らしい日差しに、心が躍る季節。

いろいろな影響で大変な時期ですが、

今は自分ができることを、落ち着いて考えながら行動したいと思います。

 

週末、うたたねのショールームをオープンしていました。

こんな状況では、だれも来ないなぁ、、なんて、のんびり構えていましたが、

蓋を開けると、いつもよりお客様が2階に上がってくる、、、。

皆様、もちろんマスク姿ですが、近所の方や、用事でこの辺まで

来たついでに、、ということで、結局いつもより人が来ました。

そうですよね、家で暗いニュースばかり見ているより

外の新鮮な空気を吸って、散歩でもするほうが、健康的。

人込みは避けたいですが、静かなオフィス街は散策するのにちょうどいいかも。

 

ご来店くださった皆さん、、「イス・イズ・サイズ 展」のチラシに

反応してくれます。ペーパークラフトになってるんですよ~、というと、

あ、じゃあ家で子供とやってみよう!と持って帰ってくださいました。

 

家でお子さんが時間を持て余しているという方!!このチラシ

すごく楽しいと思いますので、是非ご活用ください。

http://kiito.jp/wordpress/wp-content/uploads/2019/12/isuissize_flier.pdf

 

ということで、展覧会の椅子が揃ってきました。

お披露目の直前まで、最後の微調整や手直しを続けると思いますが

概ね完成して、出番を待っている状態。

 

前回の報告で、アームを作っていた愛犬家の椅子は

これまでのうたたねのデザインのテイストには無い

楽しい椅子に仕上がっています。

 

無垢の板を削り出したアーム部分。

丸いくぼみのところは、ワンちゃんが好きなスナックを

置けるようになっています。

 

パーツの仕上げは全て手作業。

形を確認しながら、どんどん削る。磨く。

いろんなカンナを使い分けながら、形を整えていきます。

山極さんの作業は早いので、途中経過の写真を

取る前に、どんどん仕上がっていました。。いい写真があまりなくてすみません。。

 

 

仮組してバランスを確認しているところ。片アームの

ユニークな椅子になっています。

後ろ脚が角みたいに、にょきっと伸びていますが、

ワンちゃんのリードを掛けられて、座っているときに

そばでペットを遊ばせることが出来るように考えました。

 

仮組で、バランスを確認してから、ディテールを整えます。

各パーツの仕上げは、図面上でもある程度描いていますが、

椅子は3次元の立体物。人間の目は立体を把握するときに

見たものを脳の中で補正しながらその形を認識しますので、

実際の目で見て、細部のバランスを確認することが大切だと考えています。

よく、図面上ではかっこいい形なのに、いざ作ってみるとなんか変だな、、

ということがありますが、それが立体造形の難しくて面白いところです。

 

ぶつぶつ言いながら、バランスをイメトレしている代表。。

 

ということで、愛犬家の椅子は、個人的な印象では

かわいい中にも、ちょっとクセのあるユニークな

デザインに仕上がっています。

 

それと並行して、進めていたのが 狂言師の椅子 。

こちらの椅子は、なかなか手ごわい椅子でした、、

それは、また次の報告で。。

 

 

※展覧会につきましては新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け

予定が大幅に変更となっています。

楽しみにしていてくださった方には、大変心苦しいですが、

開催の情報が確定次第またお知らせいたしますので、

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

会期が変更されました。

3月20日(金)~4月23日(日)

 

 

--------------------------------

 

http://kiito.jp/schedule/exhibition/articles/39796/

日 時 ※会期が変更されました
2020/3/20(金)~4/23(日) 11:00~19:00※月曜休館
場 所
         デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4 デザイン・クリエイティブセンター神戸
ギャラリーB
制 作
山極博史、杉島郁子(うたたね)
ディレクション
吉田貴紀・栗原里菜(BYTHREE)、田中裕一(かたちラボ)
主 催
デザイン・クリエイティブセンター神戸、うたたね