いつも「いいね!」やランキングバナーの
クリックありがとうございます。
心のよりどころになっており、大変励みになりますガーベラ

期間限定で闘病まんがを書いています。

(3/5に無事退院しました)
相部屋のエピソードを書いています。

相部屋の話まで読みたくないという方のために

タイトルに「相部屋!」とつけてあります。ご理解ください。

一話目はこちらから

前回は…となのり窓側Aのベッドの人に

なぜか観察された話を書きました…

 

対策としてとりあえず

ちゃんとカーテンを閉めることにしましたキョロキョロあせる

(ほかの人も割と ちゃんと閉まってたしね…)

 

時系列に書いていくとまとめやすそうなので

今回は逆側のおとなりさんのエピソードを…

 

 

顔を合わせてなかったのにすれ違った時

なぜ、Bさんと分かったか…それは

ときどき小さく、乾いた咳をしていたからです。

 

 

価格はいくらだったか…忘れちゃいました。

でも4万とか6万とかそれくらいだった気がします。

自分の親より年配の夫婦でしたので

私には、まみえない関係もあるのでしょうが…

 

でも、おばあさんの申し訳なさそうな感じだけは

なんか気の毒でしたショボーン

 

 

私は退院する時も、家事ができない時も

旦那にも息子にも

何も言われず優しくしてもらえて

本当にありがたかったです。

当たり前のことなんですけど ありがたかったです。

あれからたまに自分が具合が悪くなって寝てる時

ふと、あのBのベッドのお婆さんのことを思い出します。

口では厳しく言われても

大事にしてもらってるといいなと思うんです。

 

そういえば、過去に描いたエピソードで

うすい壁の向こうから聞こえたショックな出来事

これも聞こえたお話なんですが…

 

病院って毎日、

いろんな人のいろんな感情で

いっぱいの所なんですよね。

 

私の手術が済んだあと、Bのベッドには

翌日位にまた別の人が入っていました。

またそのことは後々に…ぽってりフラワー

 

 

続きを読む

 

 

他にも闘病マンガを描いてます。よかったら見てねウインク

・はじめから読む…こちらから

・異常が見つかる…二話目

・入院に向けて…ここから!

・入院当日…こちらから!
・手術当日…こちらから!
・手術後…こちらから☆
・入院中の回復の兆し…こちらから
・おまけ、保険の話…こちらから

ではではまた読みに来てくださいね

 

。*:..。o○☆セキセイインコ黄読んでくれてクローバーありがとうセキセイインコ青。*:..。o○☆

 

相部屋 バナー
応援の病院↑クリックしてほしいな~薬