書初め誌上展 表彰式☆ | 越谷市│東川口の書道教室「書の庭」

越谷市│東川口の書道教室「書の庭」

「書道で心の庭づくり」を理念に、書道教室を主宰しています。


テーマ:

会派の書初め誌上展の表彰式に

上野の本校に行ってきました☆
 
 
普段は広々、のびのびと書ける、私も書いている教場が
 
若さ溢れるフレッシュな顔ぶれたくさんに様変わり☆
 
 
そして、普段、私がご指導いただいている師より
私の生徒さんに賞状やメダルをかけていただく場面などは
 
感慨ひとしお。。
 
 
 
 
条幅の部大賞の方のスピーチでは
 
  「毎日、筆をとるようにした」
 
とのお話しがありました。
 
 

半紙の部大賞の方は
 
車で1時間かけて遠方から通い
「気のすむまで書いてきなさい」
とご家族に送り出され・・・

相当書いたのでしょう。

    非の打ち所がない

との評をいただいていました。


上手く書けませんが
お二人とも、 先生と生徒さんの強い絆を感じ
うるるとしました^ ^
 

 
審査の時は、そんなエピソードは知りませんが

それぞれのドラマが、
それぞれあると思いますが

 
ですが、作品からは
そういうところが、「出て」くるのもので、
 
それが「書道」なのだと思います。
 
 
 
 
うちの教室からはお二人。
 
書の庭を開塾して3年目、
二人とも、開塾当初から共に歩んでいる生徒さん。
 
酸いも甘いもよく知って
 
けっこう、体当たり系で^^
私と、教室と、一緒に、成長してきました。
 
 
左:小3 Yくん     右:小1 Fちゃん
 

Yくん、先日の結婚式で着たというスーツが
違和感なく、すごくお似合い^^
 
 

貴重な機会を、ありがとう☆
 
 
 
 
 
 

福田玉庭さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス