卒業と入学の狭間

テーマ:
また日にちが空いてしまいました、、、お久しぶりです。
三寒四温という言葉が示すようなそんな春ですが僕は予想どうり体調を崩しました()

受験期が終わってホッとしたのか一気に疲れが襲って来ましたが、新歓や履修など調べることが多く休むことなく動き、高校の部活にも顔を出したり徹夜したりしたところくしゃみと鼻水が止まらない…😭

落ち着いて一旦休むことにしました笑



今の時期は多くの人が新しい生活に向けて準備している時期だと思います。

環境が大きく変わったことで、改めて情報の大切さを知りました。

サークルや履修で大学生活の半分以上は決まってしまうと思います。


慎重に決めたいですね。



いろいろ情報を集めるうちに理転はきつそうだとということになりました。

僕の行きたい学部に行くには理系の必修科目を取る必要があって、その場合週のコマ数が多すぎて消化不良に陥ってしまうと思ったからです。


もともと理転する目的は工学系のことを深く知ることだったので、別のアプローチで勉強することにしようと思ってます。


インターンと予備試験をやろうと思っているので大学の勉強だけに専念することもできないと判断しました。


ただもしやろうと思えば1年留年すればやることはできるみたいなので、とりあえず保留としてます。


大学生活が楽しみになってきました。


このブログの読者の中にも、もう一年頑張ることになった人もいると思います。

そういう人に言いたいのは、自分がやり残したと思うような勉強をしているようでは、たとえ大学に受かっても落ちても以降の生活に順調にシフトすることはできないということです。

やりきった感覚があればどこに行っても大丈夫だと思います。

僕は去年浪人が決まった時点でやりきった感があったので、この一年勉強以外にもいろいろやることができました。

手を抜くことがなければ、実りのある一年となると思います。


頑張ってください!!!



家庭教師を募集しています
ぜひ興味のある方は下のリンクまでメールを送ってください