東大オープン感触 1日目

テーマ:
久しぶりの時間を図った緊張感のある東大型の問題に、どう攻略するかの感覚を忘れていた…!!!

時系列的に体験談っぽく書きます

1日目

国語

14時集合にもかかわらず遅刻。緊張感のかけらもない。だから浪人するんだ(しろめ)
いつものごとく第2問(古文)から解く
主体がごちゃ混ぜ、敬語法がかなり適当、困りながらもなんとか解ききる(遅刻合わせ30分経過)

第3問漢文はかなり簡単な印象。これは間違えられないと思いつつも最後の問題で思考停止。わけがわからず妄想を書く、、、(45分経過)

第1問現代文へ。定番のテーマと思いつつ解くも第2問(第3問だったかも)の根拠が見つからず次の傍線部が。焦りつつも先にその問題をとき読み進めると根拠を発見。これまたぐ問題作ってんじゃねぇと心の中で愚痴りつつ120時問題。根拠がほとんど最後にありこれ120時問題にする意味あったか?と思いつつも適当に冒頭の科学じゃ限界が〜とまとめる。漢字は道標なんて分からない、、、(1時間30分経過)

第4問入るときにかなり時間が余っていることに気づく。集中力が切れだるさを感じながら第4問へ。問題が謎だし近くをコピペですむしでなんだこれはと思いつつフィニッシュ(2時間弱経過)


休み時間


第4問がダルすぎたのでやる気が枯渇。 数学もゆうてできると油断しつつトイレに。めっちゃ並んでた。


数学


始まるとともに5分ほどで全体の方針とどの問題からとくか考える。1問目、存在範囲と微積で終わり。2問目、確率漸化式で終わり。3問目、ベクトルで終わり。4問目、ぱっと見きつそうではなさそうな整数?問題。

無難に4完できるセットだと思いつつ問一から解く。1(1)余裕、(2)あれ?計算が合わない。どうしたやり直し、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、(2)終わり…40分経過

時間を確認したとき焦った。(3)やってない、、、

かなり計算がめんどそうだったので飛ばすことに

第2問
確率漸化式立てる、解く、余裕。と思ったが漸化式の解き方を忘れる痛恨のミス、必死に解法を考えなんとかする(60分経過)

時間を見るとすでに半分残っていない、やばい

第3問
ベクトルで条件つけて終わり、と思ったらまさかの無理関数、、、めんどい。図示、、、
ここでやらかす。点QとR両方が存在する条件だから"かつ"だったのに"または"で図示、、、、途中点に期待するしか、、、、(90分経過)

第4問
10分では無理だろ、、、と思いつつ見る。簡単だった。とりあえず求めて帰納法で、、、と思うが時間がなく焦り一向に計算が合わない、、、帰納法まで行かず答えをなんとか出して終了。


そうです。数学爆死しました。40行ってんのかな、、行ってなさそう、、、

計算力が落ちてるのでこれから演習必須ですね…

2日目はまた時間が空いたら投稿します


東大受験生ブログランキングに参加しています

是非下をポチッと


http://suguni.todai.in/ranklink.cg


AD