月刊歌の手帖7月号 山内惠介さん未掲載カットと… | 月刊歌の手帖 編集部ブログ
♪ねぇねぇ恋してる? (惠ちゃん!)


というわけで
月刊歌の手帖7月号にカラー3ページで掲載した、
山内惠介さんの



先日、編集長もブログに書いてましたが
ずーっとずーっと編集長が担当しているので
自分がインタビューするのは
15年振り…デビュー以来


でももちろん、
ずっと密かに見守っておりました



なもんで
張り切って色々質問用意して
書ける話メイン、書けない話(笑)少々
伺いましたよ、60分


取材当日、TBS系「情熱大陸」撮影スタッフさんもいらしていて…
番組中、
山内さんが、梅干しの乗ったお弁当(というか少しの白米)を
食べていた場面

多分、あの前後に
自分はお邪魔したんだろうなぁ



放送、ご覧になりました?
いろんなところを密着されていて
山内さんらしい姿がたくさん
でしたねぇ


おっと、話がずれてしまった





P23のメインにしようかどうしようか
しばし考えたカットがこちら


元気いっぱい“ノッてる感”が欲しかったので
掲載カットにしました


掲載しなかったコメントも少し…

『宗谷本線』の未掲載コメント


「北海道はレギュラー番組ももたせていただいていますし、
本当によくお邪魔しているので
第2の故郷みたいな場所です」


確かに、現在も北海道ツアー中


宗谷本線にも乗ったことがあるはずだけど
真っ暗な中での移動が多いので
景色をゆっくり眺めたことがないとか





『夢路』のお話のとき

10代で
半地下に住んでいたエピソードに
よく挫けなかったよね、と言ったら…

「歌が好きだから。
何もなかった、歌だけだった。でも夢があった。
近くの公園で誓ったよね、いろんなことを」


大人だらけの世界へ飛び込んだのは、
本当だったらまだまだ子供でいられたはずの
17歳……

あのころ、某ホールの楽屋で
一心に参考書とノートに向き合っていた
そんな背中を思い出し、
あやうく胸がつまりそうになった


15年――
真摯に、必死に、
歌一筋
素敵な大人になったなぁ
しみじみ、しみじみ、しみじみしちゃう





P21の扉で迷ったのは
この2点

いらっしゃ~い(笑)



ささ、中へどうぞ――



掲載カットを選んだのは
壁ドンっぽい雰囲気があったから…





「人生で無駄なことなんて
一つもないよね」


そう爽やかに笑った山内さん



演歌界に新たな風穴をあけてくれて、
本当にありがとう

これからも
若手男性筆頭として
のぼり続けてほしい





たくみ@真面目に語ってしまったデレデレ