ポッコリ男子のパーカー攻略法第2弾は、黒パーカー。


はっきり言って、ワンサイズ上の、フードの立ちあがるパーカーに、黒スキニー、黒スニーカーでYラインが完成し、ポッコリお腹も目立たずOK。


でも、それだけじゃ、全身黒で地味メンだぜ!

そこで! 




想定TPO:田舎町でちょっとアイツオシャレじゃんと思わせるコーデ


キャップとパーカーとスキニーなんて、どこにでもいるような出で立ちだけど、あれ、なんかオシャレじゃんと思わせるように構築しました。


まずはキャップ。ニューエラだけど形がいい。よく見るとMB×カズクマだあ!


パーカーもなんだか形がいいな。ユニクロUでフードのボリュームMAXだあ!


この人、ポッコリなのに、痩せて見えるぞ!スキニーで軽くYラインを作って、体型を綺麗に見せるのか!


黒ずくめなのに、なんと、足元がボリュームのあるスニーカー、派手なブルーグリーンでダサいなあ。いや、似合って見えるぞ。かっこいいのか?もしかして、トレンドのダットスニーカーか?やっぱりかっこいい!


セカンドバッグなんてバブルのおっさんじゃん。でも、厚くないぞ。流行りのクラッチバッグだ!それもシルバーで差別化してる!


なんてコーデだ!

こんな田舎町ではこんなのいないぞ!

ちょっとアイツオシャレじゃん!




使用アイテム:

キャップ:MB×カズクマ×ニューエラ

パーカー:ユニクロU

スキニー:ユニクロ

シューズ:リーボック

クラッチ:Re:

ブレスレット:MB


今回もケーススタディ(^O^)/

誰もが持ってる、グレーのパーカー。

どう攻略するか、いってみよう!



想定TPO:ちょっと涼しくなって来た秋の美術館巡りコーデ


最近、芸術に触れることがマイブーム。

少し涼しくなった上野公園など歩き回るには、パーカーとストレッチスキニーとスニーカーでバッチリ。


でも、美術館って、少しドレスな雰囲気があるので、ドレス度を足します。


ストライプのオープンカラーシャツをジャケット代わりに羽織って、ドレス度アップと脱地味に。


もう少しドレス度を足したいので、ハットを被ってみました。





ハットとパーカーで小顔効果、ダークトーンのストライプシャツとクラッチで、ポッコリお腹も痩せて見えます。


ちなみに、小顔効果が高いのは、大きくて、もっこり立ちあがるフードのあるパーカー!

ユニクロUが最強だけど、ユニクロのインラインのもなかなか立ちあがります(^◇^;)


使用アイテム:

ハット:ユニクロ

オープンカラーシャツ:MB

パーカー:ユニクロ

スキニー:ユニクロ

シューズ:アディダス

クラッチ:Re:

ブレスレット:MB

ポッコリさんの旅行に最適!カジュアル&ユーティリティコーデです。




旅行は日常とは違う時間が流れます。

普段とは違うカジュアルな装いが多いと思います。

このコーデも、ダメージデニムにチェックのシャツで、超カジュアル度高めです。

特にチェックのシャツは、カジュアル度も高く、子どもっぽいので、とっちゃんボーヤに見えちゃう難易度高いアイテム。

バランスを取るため、アウターは黒、それも撥水性、ストレッチ性のあるユーティリティなマウンテンパーカをチョイス。

チェックシャツの面積が減ってポッコリお腹を隠していい感じ。逆にチェックのチラ見せがオシャレに見えます。

ちょっとした雨も弾きます。

で、靴も歩きやすいジャーマントレーナー。

先端のキャップは靴と合わせて白のジェットキャップ。黒のキャップだと地味になるので、白でドレスに寄せながら、脱地味をはかりました。

カバンは持ち運びやすいデイパック。それもドレスに寄せながら、容量も多い、MUJIのリュックをチョイス。

僕は本当にこんなコーデで一泊二日の旅行に行ってます。

キャップ:ユニクロU
チェックシャツ:ユニクロ
マウンテンパーカ:ロスコ ソフトシェルジャケット
ダメージデニム:ザラ
ジャーマントレーナー:Re:
デイパック:MUJI

ちなみに、マウンテンパーカーを脱ぐと、こんな感じ(^◇^;)