ゴミ収集車が火災!!原因はごみの分別か!? | 東京都府中市議会議員『臼井かつひさ』の武蔵国府・府中を語る。

ゴミ収集車が火災!!原因はごみの分別か!?

昨日の朝9時ごろ、住吉町において不燃ごみを収集していた車両が発火し、消防車が出動するという事件が起きました。

 

幸い大事には至らず、ほどなく鎮火したそうですが、車両は修理が必要な状況とのことです。

 

この日の住吉町は不燃ごみの収集日。。。

先ほど消防担当課に確認したところ、発火原因は特定されていないが、おそらく電池やバッテリー、ライターなどが原因ではないかということでした。

 

場合によっては、生命にかかわる大事故につながります。くれぐれもごみの分別にご理解とご協力をお願いします。

 

そしてもう一つ気になるのが収集車の修理代はどこが負担するのか?!

 

府中市のごみ収集は委託事業となっており、市が発注し民間事業者に収集業務を担ってもらっています。

ごみの分別方法は市が市民にお知らせしています。

実際にごみの分別を行うのは市民です。

市民がゴミ出しをした後、収集するのはごみ収集委託業者です。

 

今回の事故はごみ収集業者に落ち度はなく、適切に分別せずにごみを出した方に落ち度があります。

 

それでも委託業者が修理代を負担するのか?!

 

何だかやりきれない思いがしています。

 

これは委託業者としての弱みなのか?!

 

委託と請負は契約上、大きな違いがあります。

 

請負であれば、結果や成果に対する報酬とみなすので、請負業者の責任でというのは理解できます。

しかし委託であるので、私の中ではモヤモヤしています。

 

しっかりと精査してきたいと思います。

 

取り急ぎ、ごみの分別、しっかりとお願いいたします。

人の命に関わりますので。。。