油断してはならない紫外線による髪や頭皮のダメージ | あなたも薄毛とは無縁な人生を手に入れませんか?

あなたも薄毛とは無縁な人生を手に入れませんか?

薄毛を克服できるか、できないかは、正しい情報を知っているかどうかで大きく変わります。
世の中に飛び交っている薄毛改善情報には間違いが多すぎる。
ここでは、元美容師という経験を活かし、薄毛を100%克服するために必要な正しい情報や思考についてお話します。


テーマ:

shinです。

 

 

 

 

今回は、「油断してはならない紫外線による髪や頭皮のダメージ」ということについてお話していこうと思います。

 

 

 

まず、紫外線が多い時期ってご存知ですか?

 

 

 

「真夏の7月や8月が一番紫外線が多いのでは?」と思われがちですが、
 
 
 
実際のところ、一番紫外線が多い時期というのは、5月~7月中旬くらいなんです。
 
 
 
それに比べ、秋と冬は、春夏に比べると紫外線の量は少ないですが安心はできません。
 
 
 
雪などが多い地域だと、雪に反射した紫外線は直接紫外線を浴びるよりも、
 
 
 
強い紫外線を浴びてしまう可能性があるので注意が必要です。
 
 

決して「暑い日=紫外線の強さ」ではなく、
 
 
 
「紫外線の強さ=オゾン層の厚み」なので、間違えないようにしましょう。
 
 
 

では、髪や頭皮は紫外線によってどのような影響を受けているのでしょうか?
 
 

髪の毛や頭皮も紫外線を浴びることで、肌と同じように日焼けをします。
 
 
 
髪の毛や頭皮が日焼けをするとどうなるかというと、
 
 
 
髪の毛が変色してしまったり、頭皮が炎症を起こしてしまい、薄毛や抜け毛の原因になることも。
 
 

髪の毛の元となっているタンパク質(ケラチン)に紫外線が当たると、
 
 
 
タンパク質が分解されてしまったり、
 
 
 
キューティクルが破壊され乾燥し、枝毛や切れ毛といった症状を起こしてしまったり、
 
 
 
また、頭皮に紫外線が当たると、頭皮が炎症を起こし、
 
 
 
毛母細胞の働きが低下してしまうので、薄毛や抜け毛などの原因につながったりしてしまうのです。
 
 

紫外線には、UV-AUV-BUV-Cの3種類があり、悪いとされているのがUV-AUV-Bです。
 
 
 
UV-Bに関しては、薄い生地や布などを通してしまうほどとても強い光なので注意が必要です。
 
 
 
 
髪の毛や頭皮の紫外線対策としては、
 
 
 
・ 帽子や日傘を使って、紫外線を出来るだけカットする(UVカット機能を備えたものが特にオススメ)
 
 
 
・ UVカット効果のあるシャンプーやコンディショナー、リンス、トリートメントを使う
 
 
 
・ 紫外線が強い時間帯は、なるべく出掛けない(紫外線の放射量が一番多い時間は11時~12時)
 
 
 
・ 頭皮をしっかり保湿してあげる
 
 
 
といったことがあげられます。
 
 
 

髪の毛や頭皮が紫外線からダメージを受けることによって、
 
 
 
薄毛や抜け毛、枝毛、切れ毛などの原因になってしまうことがあるので、
 
 

日頃からしっかりと紫外線対策を行うようにしましょう。
 
 
 

--------------------------------------------------------------

 

今だけ薄毛改善において最も重要なことや間違った情報の落とし穴、他では絶対に教えてくれないことなどをまとめた「誰にも頼らずに自分一人で出来る薄毛改善ガイド」無料プレゼント中!

 

プレゼントの詳細はこちら←

 

 

--------------------------------------------------------------

shinさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス