simatyan2のブログ

流れのままに


テーマ:
安倍晋三を操る大きな三つの勢力

安倍晋三という男が危険人物であることは誰もが知るところですが、
しかし本当に危険なのは安倍晋三個人というより、アホボンを背後
から操る勢力であることは言うまでもありません。

その勢力というのは、例えば「日本会議」であったり、「アメリカ」
であったり、「官僚」であったりするわけですね。

「アメリカ」と「官僚」が結びついていることは、在日米軍の最高
幹部と日本の各省庁の幹部が2カ月に一度集まる「日米合同委員会」
があることからも間違いのない事実です。

この「日米合同委員会」では、「米軍からさまざまな要望が省庁の
局長クラスに直接伝えられる」と言われています。

そして省庁の担当者(官僚)は内閣に指示を出すわけです。

つまり日本は、アメリカの許可なしに勝手な振る舞いは出来ないと
いうことで、なんですね。

勝手な振る舞いをすると第一次安倍内閣や民主党政権のように官僚
に潰されてしまうのです。

これは民主党政権末期のころ、当時はまだ安倍晋三の飼い犬では
なかった青山繁晴が関西ローカルの番組で語ったことと一致します。

それは官僚が安倍晋三に、当時の民主党野田総理に年内解散と
総選挙をさせなければ、あなたは2度と総理になれないという忠告
だったんですね。

これは2012年当時のブログ記事に書き留めておいたことです。
全てが仕組まれたシナリオ通り
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11404971502.html

青山繁晴のいうことなのでどこまで信用できるかわかりませんが、
少なくとも世耕の部下になる前なので当たらずとも遠からずだと
思っています。

要するに、それほど官僚の力は強く、だから安倍晋三は第二次内閣
以後、一切官僚に逆らうことなく、「アベノミクス」を始めとした
基本政策も完全に官僚が主導して立案してきたのです。

4年近く経った今の、安倍晋三の妙な自信というものも、アメリカ
と官僚の全面協力があるがゆえにと考えれば納得できます。

またアメリカと官僚のシナリオどおりに無理なく進めるために必要
なのが宗教組織の力です。

創価学会や統一教会、更に今は幸福の科学も加わっていますが、
「日本会議」にも多くの宗教的な組織力があります。

293名の国会議員や1000名の地方議員、それに元最高裁判所
長官やワコール代表のような各界の著名人が会員として名を連ねて
います。

「日本会議」は1997年設立ですから、そう古い組織ではありま
せんが、以前からあった「日本を守る会」「日本を守る国民会議」
から組織され、

「生長の家」を初め、「霊友会」「国柱会」「神社本庁」「解脱会」
「念法真教」など色んな組織も加わっています。

これらは全て「天皇制国家」の再興を理想とする宗教団体ばかり
ですが、表向きの活動目標は、

○美しい伝統の国柄
○新しい時代にふさわしい新憲法の制定
○国の名誉と国民の命を守る政治
○日本の感性をはぐくむ教育の創造
○国の安全を高め世界へ平和貢献
○共生共栄の心で結ぶ世界との友好

と、きれいごとばかり並べています。

しかし、実際の行動は天皇の真意とは別なところに主眼を置いて
いるようです。

でなければ、わざわざ天皇陛下が安倍内閣に真っ向から意を唱える
ような「お言葉」を発するわけもないですからね。

天皇の名を利用し、ネトウヨを煽り国民をカルト化させ、憲法と
皇室典範を改正し、最終的に官僚とアメリカの意のままに動く国へ
と導いているのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(47)  |  リブログ(4)

simatyan2さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。