1兆円の巨費を投じ政府が東北に築く全長400キロの壁 | simatyan2のブログ

simatyan2のブログ

流れのままに


テーマ:

1兆円の巨費を投じ政府が東北に築く全長400キロの壁


国土交通省が、岩手、宮城、福島の3県で総延長約400キロに渡る
現在建設中の壁。










http://www.fastpic.jp/images.php?file=8234093095.jpg
http://www.fastpic.jp/images.php?file=8843303543.jpg
http://www.fastpic.jp/images.php?file=5431022613.jpg
http://www.fastpic.jp/images.php?file=2730787312.jpg


実はこれ、津波対策の防潮堤なんですね。


400キロの長さで建設費が1兆円かかるそうです。
http://www.asahi.com/articles/ASH9K630YH9KUQIP05F.html


見ればわかるとおり、高さは10メートル足らずですが、しかし
東日本大震災当時の津波の高さは大船渡市はじめ数箇所で40
メートルは超えていたのです。


津波の最高到達点は40.5メートル 専門家チーム測量
http://www.asahi.com/special/10005/OSK201105300115.html





http://www.fastpic.jp/images.php?file=6437082389.jpg
http://www.fastpic.jp/images.php?file=6709826713.jpg


とてもじゃないが高さが足りませんね。


それに加えて壁の厚みが下の写真のように、あまりに薄すぎると
思いませんか?




http://www.fastpic.jp/images.php?file=1485893550.jpg


数十センチしかないじゃないですか。


鉄筋コンクリートのビルでさえ押し流す破壊力があるのに、こんな
薄っぺらい防潮堤で防げるとはとても思えません。


というより、津波の前に巨大地震で揺れた段階であっけなく崩れ
去る可能性の方が高いんじゃないでしょうか?


鬼怒川決壊時のような川の氾濫ならまだしも、津波ですからね。


それにコンクリートの寿命は37年といわれてますから、今度
大津波が来るころまでにボロボロになることも考えられます。


これで1兆円とは恐れ入りますね。


なぜこんな無駄な案が通ったんでしょうか?


やはり麻生セメントに金が流れるからなんでしょうか?


要するに、金儲けが先で津波対策は二の次だからこんな計画が
実行されるんですよね。


真剣に被災住民のことなんか考えてない証拠です。


考えてたら地震が来たら最悪な原発を再稼動させるはずもない
ですからね。


津波も悲惨ですが、次に巨大地震が来たら原発によって日本は
全部終わります。

simatyan2さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.