4月の積雪 | 信州最速プロジェクト

信州最速プロジェクト

10000m29分台プラス月間走行500km、この条件にあらずんば、市民ランナーにあらず。

今日は朝から雪が降っていた。

4月中旬に雪が積もることは珍しいことではないのだが、自動車のタイヤを3月下旬に夏タイヤに交換してしまった私にとっては、想定外の積雪である。

というわけで、今日は安全性の観点から走って通勤することにした。

いわゆる「通勤ラン」ということになる。

そして、シューズはズームペガサス

職場で、「雪すごかったね、どうやって来たの?」と聞かれたので、

「ペガサスで来ました。」と答えたら不思議に思われてしまった。

まだまだズームペガサスの知名度がエアジョーダンには及ばないということを意味している。

すぐに止むかと思っていた雪は、なかなか止まないどころか、

ずっと降り続いて、大雪警報が発令されていた。

4月の大雪警報は21年ぶりだとニュースでやっていた。

ちなみに大雪警報の基準は、地域によっても異なってくるのだが、気象庁が定める基準によれば、諏訪地方は積雪20cm注意報は10cm)である。

なお、横浜は積雪10cm注意報は5cm)である。

大雪警報はちょっと大袈裟な気がしたのは、私だけだろうか・・・


こんな時期に雪が降ったら、せっかくの桜が散ってしまうと心配する人もいるかもしれないが、

この辺りは、まだまだ開花前である。

一部、咲き始めているところもあるが、雪見と花見が一緒にできそうである。


さて、こんな日は走るのに適しているとは決して言えないだろう。

しかし、そんな中でもポイント練習をやるのが、

信州最速プロジェクトである。

濡れた路面の上を走るのには、やはり厚底のヴェイパーフライがいい。

スパイクに比べて滑りやすいことはたしかだが、厚底ゆえにシューズが濡れにくいのである。


今日のメニューは1600m×2本。

寒いし、風は強いし、濡れるので、少しでも早く終わらせたいという一心で走った。

タイムは4分45秒→4分40秒。

あまりに厳しいトラックコンディションだったため、険しいコースを走っている最中に1200mくらいで遭難しかけたが、経験と勘で無事にゴールすることができた。

危機一髪である。

ワークマンのTシャツを着ていたことが吉と出たのかもしれない。

最後に今夜のアイシングは、

クッキー&クリーム。

最近、オレオにハマっていたり、アイスクリームもクッキー&クリームにハマっていたら、

ついに、セブンイレブンもクッキー&クリームもこを売り始めた。

ようやく、世の中が私に追いついてきたのかもしれない。