パソコン教室 パソカレッジ牛久教室   牛久のかっぱのブログ

パソコン教室 パソカレッジ牛久教室   牛久のかっぱのブログ

教室での日々の出来事やお役立ち情報などどんどんお届けして行きます

$パソコン教室 パソカレッジ牛久教室                        牛久のかっぱのブログ









パソコン教室 パソカレッジ牛久教室                        牛久のかっぱのブログ-facebookにアクセス
$パソコン教室 パソカレッジ牛久教室                        牛久のかっぱのブログ

こんにちは

就職・転職に有利なスキルをたった1日で取得できる

「短期速習」コースのパソカレッジ牛久教室の久保田です。

 

パソカレッジ牛久教室には

パソコンの「資格取得コース」がございます。

以下の2つです。

 

① 日本商工会議所主催の「日商PC検定」

② マイクロソフト「MOS」

 

私の特におすすめは①の日商PC検定です。

 

なぜかと言いますと、資格は単なる資格では意味がないからです。

資格は仕事(実務)に役立ってこそ意味があると言えます。

(・資格は企業実務に即した検定試験でないと意味がない。

(言い換えれば、企業実務を離れて単なるパソコン操作のみに

関する知識やスキルを問う試験は意味がないと言えます。)

 

 

 

じゃぁ、仕事に役に立たない資格なんかあるのか?!

と言われれば、確かにまったく役に立たない資格なんか

ないでしょう。

 

しかしながら、数ある資格のうちどれが一番仕事(実務)の

役に立つかと言われれば、私は一番に

「日商PC検定資格」と答えます。

 

それでは、ここで

日商PC検定がなぜ「企業実務に即した検定試験」だと言えるのか

実例を示しておきましょう。

 

エクセル(日商PC検定では、「データ活用」と呼びます)3級の問題

(実際にはこの前に15分の知識問題がでます。)

問題に出される資料は

① 4月から7月までの毎日の支店別、商品別売上データ

② 第1四半期の支援別、月別売上、目標達成率、集計表(別シートに)

 

問題1 

各支店からの未報告売上報告を見てデータに追加修正をしなさい

問題2

データを使って②の集計表を完成させよ

問題③

出来上がった集計表をもとに支店別の各月ごとの縦棒グラフ

目標達成率を折れ線グラフとする複合グラフを作成せよ

問題④

最後に、ファイル名を付けて所定の場所に保存せよ。

 

ざっとこんな感じで出題されます。

 

これを30分以内に終わらせなくてはなりません。

 

 

皆さんだったらこれをどう処理しますか?

 

 

方法1

毎日の日付を「MONTH関数」使って「月ごとに」

SUMIFS関数を使って月別、支店別の売上合計を求める

 

方法2

ピボットテーブルを使う方法

 

ここは、ピボットテーブルを使う方法が早くて簡単でしょう。

(この判断をその場でパッとできなくてはなりません。)

 

まさに、企業実務に即した問題と言えませんか?

 

上司の指示に早く、正確に、見やすい資料を作成できる

こういう能力を企業現場では問われているわけです。

 

ただ、エクセルの機能をたくさん知っていれば仕事ができる

ということにはなりません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

同じ時間と労力とお金をかけて学ぶなら

仕事(実務)に役立つ、上司から高い評価が得られる

「日商PC検定」あなたも資格を取ってみては!!

 

 

応援します。

詳しくはパソコン教室 パソカレッジ牛久教室!「お問い合わせ」フォームから

TEL 029-886-5786

メール pasoushiku@gmail.com