ニュースなう

ニュースなう

今話題のニュースをいち早くお届け♪


テーマ:

今話題になっているセルライトには、冷え性・加齢・運動不足・むくみなどの実に色々な原因があげられます。

セルライトはとにかく血行が悪くなることによって生成されます。

その血行が悪くなってしまう原因が日頃の運動不足や加齢だといわれます。

身体の「むくみ」や「冷え」も血行が悪くなることにつながってしまうことがあります。

セルライトは太ももやお尻などの下半身にできやすいといわれています。

それは下半身の血行が悪いからなのです。

セルライトは脂肪細胞との関わりがその原因となることもわかっています。

脂肪細胞とは体内で脂肪の合成や分解、そして蓄積を行う細胞のことです。

人は体脂肪率が上昇すると肥満になるのですが、その原因は脂肪細胞の脂肪蓄積量の増加です。

そして脂肪細胞は細胞の数がいったん増えてしまうと、ほとんど減ることがないのです。

これが他の細胞と違うところです。

体重を減らして見た目は痩せても、体内は脂肪細胞が減らないということなのです。

そういうわけで継続的なセルライト除去の必要性があるということになります。

そして脂肪細胞というものは若いときだけではなく、ある程度の年齢になっても増殖することがわかっています。

大人の女性は運動不足になりがちですから、セルライトができやすいとうのもうなずけることです。

このようにセルライトの原因はたくさんあります。

これをふまえたうえで、セルライト解消の対策をしていく必要があるでしょう。


テーマ:

セルライトという言葉が最近テレビや雑誌などでよく取り上げられるようになりました。

このセルライトとはどういうものなのでしょうか。

脂肪の塊というのがセルライトの本来の意味です。

血行が悪くなると、皮膚の下の脂肪細胞の代謝が衰えて脂肪細胞が肥大化します。

セルライトはこの脂肪細胞と老廃物が絡み合ってできたものです。

脂肪部分に厚みができてきて肌の表面がデコボコしてきます。

それがセルライトのできた証拠です。

「オレンジピールスキン」と呼ばれる、肌の表面がオレンジの皮のように見えるぐらいに症状が悪化することもあります。

ただし肌の表面がデコボコしてくるのは、セルライトの症状が悪化してきてからです。

一見何もないように見えて、実はセルライトが生成されていることがありますので注意が必要です。

普通のダイエットをするだけでは、セルライトの解消はできません。

きちんとしたセルライト除去のための対策をしなければなりません。

セルライトは女性に多いのが特徴です。

女性のだいたい80%くらいの人はセルライトがあるといわれていて、とくに皮下脂肪の多い太ももやふくらはぎ、お尻などの部分にできやすいといわれています。

また、お腹や顔にできるセルライトもあることがわかり、最近話題になっているそうです。

血行が悪くなると発生しやすいので、運動不足になりがちな成人女性にできやすいといわれます。

セルライトを防ぐためにも日頃の運動不足を解消するようにしたいものです。


テーマ:

ダイエットするためにまず考えなければならないのは「食事」です。

やせようと思うと食事の回数や量を減らすことを考えてしまいます。

しかし食事を減らすダイエット方法は、体重を減らすことはできても同時に減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危険です。

このような方法では健康のためのダイエットという目的とは違うものになり、なんのために痩せるのかわからなくなってしまうでしょう。

ダイエットの基本は一日3食をきちんと規則正しくとることです。

3食の食事時間は5~6時間空けるようにすれば間食を防ぎ、体脂肪を燃焼することができます。

ダイエットをしたい人は一日の中でとくに朝食をしっかり摂ることが大切です。

朝食はたくさん食べても体脂肪が蓄えられにくので大丈夫です。

何故なら食事量が多くても1日の活動でエネルギーを消費していくことができるからです。

おすすめの朝食メニューは具だくさんの味噌汁・ごはん・おかず数品という組み合わせです。

バランスの取れた食事をするように心がけましょう。

またやせたいからといって食事を抜くと胃や腸の吸収力が高まり、次の食事でよりエネルギーを取り込もうとするので太りやすくなります。

また夕飯の量は極力少なくする必要があります。

夕方以降は活動量が減り、身体をやすめるときだからです。

このような1日の食事量の配分にも気をつけましょう。

目安としては「朝5:昼3:夕1」ぐらいがベストです。

朝食でしっかりと栄養を摂るようにすることが重要です。

バランスの取れた献立でできれば和食中心のメニューにしていきましょう。


テーマ:

やせたいと思っている人は世の中にたくさんいますが、正しいダイエットとはどういうものなのでしょうか。

体重計に乗ってその数値が減っていると喜んでしまいがちですが、それが本当のダイエットとはいえないのです。

本来のダイエットの目的は健康的に美しく痩せることであり、またそれを維持することが大切です。

第一に「やせる」ということは「体の中の不要な脂肪分を減らす」ということだといえます。

私たちの体を作る3つの成分は水分・固形成分・脂肪です。

この成分の割合のバランスが崩れることは身体によくありません。

「肥満」というのは食べすぎや運動不足などによってこの脂肪の割合が高くなることで、生活習慣病のもとになってしまいます。

見た目が細くてもこの体脂肪が多ければ「肥満」ということになります。

これが隠れ肥満です。

体脂肪率を正常に戻すこと。

これこそが正しいダイエットの目的だといえます。

体脂肪は脂肪細胞のなかに食べ物から得た糖分や脂肪分のうち消費しきれなかったものが分解・蓄積されてできたものです。

小さいときに脂肪細胞の数は決定し、思春期以降に減らすことはできません。

子供の頃の肥満には注意が必要です。

それは体脂肪が多いか少ないかは脂肪細胞と関係するからです。

やせたいと思ったらまずは体脂肪の増加を抑えることを目標にしましょう。

それによって病気を防ぐことにもなるのです。


テーマ:

 

 


皆様はボクシング界の生きるレジェンドと
呼ばれているフロイド・メイウェザー選手を
ご存知ですか?


メイウェザー選手といえば...


無敗のまま世界5階級制覇を成し遂げ
1試合のファイトマネーは300億とも言われております。


名実ともに世界代表するスター選手です。


つい最近では日本人格闘家との対戦で、
世間を賑わせたことは記憶に
新しいかと思われます。


そんな世界的大スターがつい先日、
米証券取引委員会(SEC)から罰金の
支払いを命じられたと報道されました。


理由は、報酬を受け取っていることを隠し、
一般に向けICOへの投資を勧誘していたからです。


個人のSNSを活用しファンなどに
購入を広く呼び掛けていたようです。


報酬の受け取りを表に出さなかった故に、
61万ドル(約7000万円)にも及ぶ
罰金の支払いを命じられてしまいました。


7,000万円の罰金とは、彼からすると
大した額ではないのかもしれませんが、
我々から考えるととてつもない金額ですね。


事実として暗号通貨市場には、
著名人が広告塔として宣伝している
案件は多く存在しているように感じます。


アーティストやスポーツ選手、
アイドルや公的な要人等々。


ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、
日本においても某有名ビジュアル系アーティストが
暗号通貨のプロモーションに関わっていました。


ファンとしては、好奇心をくすぐられ
投資対象としてその案件の利用や購入を
すぐに検討してしまうかもしれません。


しかし、投資家として冷静になり
再度ご確認いただきたいことがあります。


それは、表立ってプロモーションをしている人物は
ただ単に宣伝活動をしているだけなのか。


それとも運営陣の一員としてプロジェクトを
推進していく立場にあるのか、という点です。


仮に自身がプロジェクトを運営する立場なら、
ファンの期待や自身の名誉を守るためにも、
事業拡大に取り組んでいくことでしょう。


ただ単に宣伝活動をしているだけよりも、
説得力や信頼感はグッと増しますね。


著名人もしくは実績や経歴が抜群な、その道のプロが
紹介している案件に投資しようと思ったならば、


・紹介している人物がプロジェクト内で
 どういった立ち位置なのか。

・その案件に対してどこまで深い立場に位置しているのか。


この点にご注目いただくだけで、投資の成功確率は
数段アップするかもしれませんね。


優良案件を見極めるひとつのポイントとして、
念頭においていただき、投資成功に
お役立ていただければ嬉しい限りです。


ちなみに、上記のような案件の見極め方を
教えてくれるサービスがあります。



世の中の危険な投資情報を
事前に入手することができれば
投資で失敗する可能性は減ると思いませんか?


また、あなたが購入を検討している
投資案件がありましたら、サポートデスクに
調査依頼をすることも可能です。


投資は一度失敗してしまうと、
取り返しが付かないことになります。


気になる投資案件がある場合は、
資金を投資する前にまずは一度
投資のKAWARA版.comに
相談してみましょう。



皆様の投資生活において少しでも
役に立てば幸いです。

 

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス