吉野行き巡礼シリーズの途中ですが

お知らせをさせていただきます。

komorebi屋さんの新着UP間もなくです。

私の作品キラキラも数点UPされますので

是非、見に行ってください。

よろしくお願いいたします。赤薔薇

 

さて今回新着UPされるアマゾナイトのペンダントトップ

これは、その小さい方の石のお話。

<この写真の真ん中の細長い石↓のお話。右の石:少し磨き出したところ。>

 

もともとは、この細長のアマゾナイト、

大きい方(写真右の石)から切り取った余分な部分。

でも、一つの石から生まれたもの

ペア石としてつながりがあり、

パートナーと持ったり、親子で或は兄弟で持ったりすると

お互いに繋がりあって守れるので良いと言います。ラブラブ

それに、細長いし、剣のように綺麗に形作れば

素敵になるにちがいないと

柄に羽を生やしたような形をデザインブックに描いたりして

イメージを膨らませていました。ニコニコ

私はミカエルと素戔嗚繋がりで、実は剣好きです。ナイフ

 

でも、そんな時でした…ふと石の声が聞こえたのです。

「私は、もっと、やさしいものになりたい…」

懇願するように訴えてきました。

「ええっ?あなたは剣になりたくないの?…」びっくり

 

それまで素敵な剣にしてあげようと

ワクワクしていた私は頭を抱えました。

こんなに細長い石が<優しいものに>って

どんな形にすれば良いの…あせる

毎日考えても考えても分からないし、

参考にと、いろいろと花や美術品等見ても

一向にイメージが湧いてきません。

何日もそうやって過ごすうち疲れてお手上げになった私は、

アマゾナイトに謝りながら

シンプルにワイヤーを巻かせてもらいますね。

シンプルイズベストということで許してね。」

 

そう決めると後はもう無心

形を整えてワイヤーを巻いていきます。

だいぶんと形になりつつある姿をみて

ふと<人の立ち姿>みたいに見えるな…と思った時でした。

私のまわりで様子を見ていた守護霊の一人が

「観音のようだな」とひとこと言ったのです。

すると他の霊も「おお、正しく観音だよ。」と言います。

すると一斉に「うさ姫、観音様をつくってるのか?!」と

わらわらと寄ってきました。

もう、それからは感心したように皆が

「観音様だ」と喜んで言うので

私もその気になってきました。観音様は大人気ラブラブですね。

 

最後の仕上げをするともう、

ますます観音様にしか見えなくなりましたよ。

が流れました。汗

あなたがなりたかった優しい観音様になりましたよ。

この姿でどうか持ち主さまを支えてあげてくださいね。ドキドキ

 

「優しいものになりたい」

そういったアマゾナイトの希望が叶いました。

 

私の考えを手放して、

無心に手を動かしたらできていました。

他の方がみたら観音様には全く見えないかもしれませんが

石の望みを活かせるお手伝いができたと私は感じました。

 

その時の私は、感謝の気持ちだけで胸がいっぱいでした。

 

そんな風に生まれた

アマゾナイトのペンダントトップセット

もう一つの兄弟、小粒ちゃん(写真左の石)も添えました。

これは何かお守り袋などに入れて持ち歩くのも

良いかと思います。これも繋がります。

 

出来上がりの姿は是非、komorebi屋さんまで。

UPされましたらまたお知らせいたします

 

ピンと来られた方は

ぜひ、どうぞよろしくお願いいたします。ウサギドキドキ

 

AD