いつか、何年も経てば思い出になる、笑い話になる。

そのときに、今のメンバーで笑い合えるように。

私一人の力では何もなし得なかった。

私が何かを判断するまでもなく、
スタッフがその判断を下してくれただけでも
本当に、人を雇って自分のほうが学んできた。

今日のこの日を忘れないように。

次に繋いでいくために。


事務所近くの一の坂川の桜は満開です。


すべてはときが解決してくれて、
笑い話になるのでしょう。