節分の日の日曜日の本日は、
地元選出議員さんのパーティーがありまして、
行ってまいりました。

子供に
「おかーさん、どこに行くん?」
と聞かれて

「金券パーティー」

と答えましたが(笑)



今日のお着物は
お召しです。
多分グリーンの中でも
私は青みがかったグリーンが合う気がします(笑)
この着物はサイズ感も合ってとても着やすい。
この帯も結びやすいものです。
お着物の色味に合わせた帯締にスワロフスキーの帯留め。

この組み合わせはわたしの中ではテッパン。
スーツ姿の男性が多いようなビジネスシーン的な集まりでは
お着物もあまり華やかすぎず色味も落ち着くものを心がけています。



両隣もお着物姿の司会の女性陣で
素敵なお着物姿でしたが
個人情報を配慮し、一応ワタシの写真のみ。

さて、いつもの社労士会や経済界の集まりともまた違って
議員さんや地元の名士的な方も多いし
ちょっと空気感がいつもと違うなあと思いつつ、

それでも何人か見知った経営者さんもいらっしゃるし、社労士会50周年記念式典にお越しくださった議員さんや村岡知事にもご挨拶できましたし、

まあ、代議士も某県議会議員も
秘書さん時代からうちの事務所に立ち寄られたこともおありですが、

一体自分の立ち位置とはどういうものかと
あらためて考えました。

女性だから、中年のオバサンだから
そういうの疎いとか、あまり関わりないという立場でも無さそうな……

実際、地元支部の社労士さんの中で
一番そこに食い込んでんのアタシじゃねーの?みたいな。

それが、自分が開業して約13年、
気づかずとも自ずと来た道なのかもしれません。
開業して以来、とにかく必死で目の前の仕事をこなすことに精一杯で
男性の打算とも違って、立ち回りやコネクションなど考えずに来たから
何となくここまで来れたのかもしれません。

言っていることが分かりにくいかもしれない。

しかし、まだまだどのジャンルでも女性の活躍は足りませんわな。

もうねー、今日とかもどうなん?
オッサン達はオッサンしかおらんところで育ちすぎ。
あーもうダメダメ、
あと10年後には少なくとも3割の女性が社会で発言権を持っていないと。

一応自分の年齢と立場で、
私なりに思うところはありました。