9月から、

「ご利用は7日以上から」と、
変更になりますが、


お客様から、

「使いづらくなるのは残念です、
考え直していただけないでしょうか」

と、ご意見をいただきました。





至った経緯と「対策」について表記させていただきます。

長文です。読むのがめんどくさい方は、
下部の「まとめ」をご覧ください




1.うさぎは環境変化に弱い

いままで、お預かりのうさぎさんを見ていて、短期間の環境変化(移動)で体調を崩す場合が多く、心を痛めていました。

個体差はあるが、新しい環境に慣れ始めるのは、平均的に3〜4日。

うさこんちに来て食欲が落ち、ちょうど体調が戻り始め、食欲が出てきたところでまたご自宅へ帰るサイクルだと、さらに数日、食欲がないままとなってしまう。
(うさぎの記憶の中に、いままで生活してきた自宅でも、あ〜我が家だ、帰ってきたんだ安心、とはならないようです。)

過去の経験で上記のように具体的に数値結果を得たので、
うさぎさんの落ち着いた生活の体調維持には、7日以上とするのが望ましいと導き出しました。

もちろん個体差はあり、
1日でもものともしない子や、
もっと日数を要す子もいます。


しかし、私たちペットホテル側で
1日からお預かり可能と表記してしまうことで、
それはうさぎの生態を理解していないことを
助長してしまうことなのかもしれない、と
気づきました。


犬や猫と違って、うさぎは、
お出かけや、抱っこが嫌いです。
人との生活の様々な場面で、本来は嫌なのに
ペットだからと強要していることが
あるのかもしれないと感じました。

なので、うさぎのために、
うさこんちでは、「7日間」以上ください。
と、オーナー様にお願いすることにしたのです。




2.本来の意図へ

本来、うさこんちは「老うさホーム」。

私がもともとここを始めたときの理想は、
「うさぎさんが長期安心して生活できるところ」。

人間の老人ホームのように、ゆっくり穏やかに生活してもらう場を作りたいと思ったのがきっかけです。

しかし、うさこんちのような場は他には無く、
説明するのに、わかりやすい「ペットホテル」という言葉を使って来てしまったことで、

今や、人間の老人施設でいう
「ショートステイ」が多くなってしまいました。

もちろん、そのようなご依頼をいただくのもありがたいことなのですが、
「ペットホテル」(=短期利用)というイメージがついてしまったので、

それを元に戻したかったのです。


一週間、1か月、しばらくのあいだ…
うさぎさんを、ポンと預けても、
落ち着いて、安心して生活してもらえる。

そういう場所にしたかったのです。

うさぎは、個々に性格や好みも違うので、
培った私の経験からそれを理解し、
うさぎさん個々に合ったライフスタイルを見出し、うさこんちで安心して生活してもらう。
そう考えて、始めたのです。

おかげさまで、多くの人に知ってもらえ、
創業以来右肩上がりでご依頼をいただき続けることができていますが、

預かれる数には限りがあり、
お世話する人間も、ボチボチ身体にガタがきそうです


四年以上お世話させていただいた、
ロッキーちゃん


約1年半お世話させていただいた、シロちゃん


ほかにも、半年、数ヶ月と、長い滞在のうさちゃんも多かったのですが、
ホームページを変えたあたりから、
コンセプトが伝わりにくくなってしまったようなので、 

また今、少しずつわかっていただけるように、書き直しています。






3.うさぎを預かれるホテルの増大

そして、最近は、うさぎを預かることのできるペットホテルが増えてきました。

きっと、みなさんのおうちの近くにも、うさぎを預かれるペットホテルや動物病院があるのではと思います。

なので、どうしても短期間で預けたい場合は(短期でも影響がでないうさちゃんとオーナー様が判断されているものと思います)、そういう場所を利用することもできると思いました。


そのようなこともふまえ、
今回の改定に至りました。





対策

お客様からご意見をいただいたことで、
やはり、ご利用されるかたのことを考慮し、
以下の措置2点をすることにしました。

1.「他のペットホテルで預かれない様子の子※は、7日以下でも、相談ください」
(具体的には、うさこんち独自レベルの
介護度2〜3にあたるうさちゃん)

例えば、高齢で歩けず、床ずれのお世話が必要なうさちゃんが、
オーナー様が急に出張に行かなくてはならず、留守にする場合、など、

そのような場合はどうぞ、7日以下でも、相談ください。


それと、もうひとつ。


2.「介護度の高いうさちゃんから、優先的にご利用できるよう」に、

うさこんちでは、人間の老人介護を参考に(自分の両親の時のを参考に)独自のうさぎのお世話に「介護度」というものを作り、手の必要な子にはより手をかけてあげられるようにシステム化しました(我ながらこれすごいいいアイデアだったと思います

しかし現在、予約のシステムが、早いもの順のため、
ご予定の立ちやすい、元気な若いうさちゃんが早々に定数を占めてしまい、
他で預かってもらえない、介護やお世話の必要なうさちゃんは、
ご旅行や外出を諦めてしまわれていたようです。

ですので、これからは、

「介護度の高いうさちゃん」と、
「ご利用予定の長いご予約を優先」とし、

予約が満室の時は、ご入金の済んでいる方からお受けさせていただくことにいたします。
(今までは、予約書を受け取り受領返信で予約確定としていましたが、
これからは、ご入金にて予約確定といたします)

(予約解禁日は今まで通り、
3か月前からです。皆、公平に

限られたスペースで理想的に運営していこうと思うと、
いろいろと悩まねばなりません

場所の拡張も考えてはいますが、
近くに理想的な物件がないことや、
自宅をさらに広げて使うにしても、
自分で自分に家賃を払うことになったり、
税金の手続きや、
届け出などにも関係してくるし、
人件費もかかってくるので、
まだ、時期早々と思ってます。




まとめ

元気うさちゃんは、
ご予約は7日以上で

他のホテルで預かれない(介護度2、3)の子は日数制限なし相談ください

満室の場合、介護度高いうさちゃんまたは、長期の予約から優先(入金で予約確定)



つまり、
他で預かってもらえないうさちゃんは、
遠慮なくご相談ください

ということです。

但し、環境変化による体調不良については
オーナー様が心得てご依頼ください。
ご自身のうさちゃんをよく知って、
無理のない日数でご相談ください。


長くなりましたが、
うさこんちをご理解いただけますと
ありがたいです。


※いずれの場合も、伝染性疾患のうさちゃんはお預かりできません。

また、病状の重い子は病院で入院をお勧めします。
うさこんちでお受けしているのは
飼い主さんが日常行っているお世話とケアです。







うさこんち満室情報 


8/1-8/20

9/1-9/8

9/15


間も無く満室になる日もありますので、
ご予定の方はお早めにご連絡ください。






老うさホーム「うさこんち」

うさぎさん専用お預かり
町田市にあります
ラクチン安全、送迎いたします
チェックインアウトは12〜19時(時間外は有料対応)
毎週火曜日定休(時間外有料対応)
長期滞在どうぞ
(9月より7日間以上のご利用でお願いいたします。特殊な場合はご相談ください)



http://usako.co.jp →うさこんちホームページへ