シャスタの旅⑫【女性スタッフ編】(3) | BrilliantWisdom(ブリリアントウィズダム)       ~輝く叡智~     

BrilliantWisdom(ブリリアントウィズダム)       ~輝く叡智~     

あなた本来の美しさを甦らせ、しがらみの解放へ導くメッセージ


テーマ:

スピリチュアルマスターAyaさんが先日開催された、アメリカ ・シャスタでのリトリートアメリカ 。そのスタッフさんについて、ご紹介しています。ニコニコ

 

女性スタッフ、最後のご紹介は、トレーナーの美澄里さんです。

 

 

美澄里さんは、愛に感応する力が『莫大に』大きい方です。シャスタでは、本当によく泣いていらっしゃいました。笑い泣き

 

 

Ayaさんのお創りになるワークは、全て、愛によって構築されているので、ワークを掛けられると、人一倍愛を感じやすい美澄里さんは、自分では止めようがないほど、涙が溢れてきてしまうのです。

 

美澄里さんは、本当はとても明るい方なので、笑顔も素敵です。

 

 

よく豪快に笑っていらっしゃいますが、

 

気づくと、やっぱり泣いています。

 

私たちトレーナーの大先輩である、Megumiさんが、『愛を感じて涙する』《東の横綱》でいらっしゃるのに対し、美澄里さんは、《西の横綱》と称されています。ラブラブ

 

美澄里さんと私、

 

『フリーダムディスティニー』のトレーナーの中で、

 

だいぶ自由音譜

 

な二人ですが、

 

美澄里さんと私のお役目は、

 

『フリーダムディスティニー』の、《お笑いゲラゲラ》担当

 

ではなく!!

 

シャスタでは、参加者の皆さまが、心地よく学び、体験されるお手伝いをさせて頂いておりました。

 

また、トレーナーというのは、常に、自分自身を整えることを心がけております。

 

今回は、いつもとは少し趣を変えて、ご紹介したいと思います。ニコニコ

 

シャスタでは、美澄里さんと、色々な話をしました。

 

その中で、私が最も衝撃を受けたのは、

 

美澄里さんが、クライアントさんになさっているアドバイスでした。

 

美澄里さんは、『ライトワーカー育成・初級クラス』を受講された後、ご事情があって、そのまま上級クラスには進まれませんでした。

 

美澄里さんは、初級クラス受講前から、既に西洋占星術によるサポートのお仕事をされていました。

 

その当時から、美澄里さんの指導方針は、

 

クライアントさんにとって、それがいいと思ったら、迷わず勧める。

 

というものだそうで、

 

美澄里さんのサポート方針は、現在も一貫して、ブレることがありません。

 

美澄里さんが『初級クラス』を終え、未だ『上級クラス』受講の予定が決まらないとき、

 

美澄里さんは、クライアントさんに、まずAyaさんの開催される『サイキックプロテクション講習』をお勧めされ、そして、その方にいいと思えば、初級クラスの受講をお勧めしたそうです。

 

もしかしたら、クライアントさんが、自分より先に上級クラスに進まれる。

 

そのことを承知で、お勧めされたそうです。

 

その話を美澄里さんから聞いたとき、

 

《こういう人が、真に人を救い、導くのだ》

 

と、思いました。

 

私たちの師匠である、スピリチュアルマスターAyaさんは、おっしゃいます。

 

《ワークは、伝授すれば出来るようになります。

 

人間性を育てることの方が大変なのです》 

 

ひとりの人間である私たちが、他者のサポートをさせて頂く。

 

それは、常に、自分自身の課題と向き合うことを、余儀なくされることでもあります。

 

すでに、美澄里さんご自身も、ブログに書かれていますが、

https://ameblo.jp/midomikois/entry-12315670586.html

 

美澄里さんは、当初は受講を希望されていた、シャスタでの龍王講習に参加されませんでした。

 

その講習を、誰よりも待ち望んでいたのは美澄里さんでした。

 

龍王講習は夜の9時から始まり、終わったのは11時45分でした。

 

部屋に戻ると、スマホを見ていた美澄里さんは、心なしか沈んでいるように見えました。

 

なんて声を掛けたらよいのか、言葉が見つかりません。

 

私が当たり障りのないことを話していると、

 

「ひょっとして、えんじゅさん、私に気を遣ってくださってますはてなマーク

 

と、美澄里さん。

 

《気を遣っていることが、相手に分かるようでは、私は『まだまだ』だなぁ〜》ぐすん

 

と思いつつも、そう言ってもらったので、本音で話をすることができました。

 

私より、一回り以上も《若いキラキラ》美澄里さん。

 

すでに人間の器は、十分すぎるほど大きいけれど、今は色々なことにお金がかかるし、経済的なことは、これからだよね。

 

たしか、二人でそんな話をした気がします。

 

した気がする、というのは、語っているうちに、お互い眠ってしまったからなのですが・・・ぐぅぐぅ

 

翌朝。晴れ

 

美澄里さんは、いつもの美登里さんでした。

 

メンタル・リカバリー、早っびっくり

 

一晩で、どん底まで行って、ダウン復活したのです。アップ

 

それを証明するような出来事が起こります。ニコニコ

 

その日は奇しくも9月11日。

 

リトリート後半【宇宙編】の、初日でした。

 

Ayaさんは講習の冒頭で、

 

「急遽、これからライトワークをしに行きます」

 

とお話され、みんなで戸外へ出かけます。

 

向かった先は、「Red Fir Flat Group Campground」


ここには「レムリアの愛の神殿」と呼ばれている岩山があり、「男性性の岩」と「女性性の岩」があります。


その「女性性の岩」が閉ざされた状態になっていました。


岩の上にフタがされていて、次元の歪みが生じていました。


その岩を開くための解放ワークを、Ayaさんは、ご自分と共に行う、ライトワーカー3人の内の1人として、美澄里さんに、その権限をお与えになりました。虹

 

平和への『強い思い』と、他者に対する『本気の愛』がなければ、できないワークでした。

 

前夜に、龍王になられた嘉隆さんとヒデさんは、龍を呼び寄せます。

 

Ayaさんが岩山の奥に向けてエネルギをー入れ、

 

美澄里さんは、そこから、どんどん塞いでいるものを引き抜き、それをAyaさんが斬っていかれました。

 

しばらくそれをくり返し、ようやく塞がれていた岩が開きました。


そして、ついに、女性性の岩が通じるような流れが出来たのです。

 

 

悔しさも悲しさもすべて受け止め、受け容れて、それを自分と他者を愛する原動力に変えた美澄里さん。

 

伸び伸びと解放のワークをされる姿は、神々しいほどでした。キラキラ

 

 

普段は冗談ばかり言い合っている私たちですが、何気ない会話の中から、美澄里さんの、クライアントさんに対する、誠実で真摯な態度に触れるたび、私は、《ワーカーとして、ティーチャーとして、そして、トレーナーとして、クライアントさんに誠実に、真摯に向き合えているだろうか》と、自分自身に問いかけずにはいられません。おねがい

 

クローバークローバークローバークローバークローバー

 

講習中、優しいまなざしでクライアントさんを見守る美澄里さん。(右一番上)

 

 

えんじゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス