シャスタの旅② ライトワーク編(2)  | BrilliantWisdom(ブリリアントウィズダム)       ~輝く叡智~     

BrilliantWisdom(ブリリアントウィズダム)       ~輝く叡智~     

あなた本来の美しさを甦らせ、しがらみの解放へ導くメッセージ


テーマ:

私の師匠、スピリチュアルマスターAyaさんが、アメリカ・カリフォルニア州・シャスタにて開催したリトリートに先立ち、前入りしてライトワークを行った2日目。

 

その日は、Pluto's Cave(プルートズ・ケイブ)に行きました。直訳すると、『冥界の洞窟』。その名の通り、緑豊かなシャスタ周辺とはまるで違う、地球の子宮のような異次元空間の場所でした。びっくり

 

洞窟は左右に広がっていて、まずは向かって左にある、小さい方の洞窟へ向かいます。

 

この日のAyaさんは、この洞窟から、ワークを開始されました。

 

次に、右に広がる大きい方の洞窟へと向かいます。

 

日本を発つ前に、懐中電灯と、軍手とマスクを準備するように言われておりましたので、覚悟はできておりました。

 

ええ、できておりましたよ・・・たぶん汗

 

ですが、その先は、真っ暗闇の中を、懐中電灯の明かりだけを頼りに、ゴツゴツとした岩場になっている足場の悪い中を、時には飛び降りながら下って進んで行くのです。ガーン

 

ライトワークの旅でなければ、絶対に行きません!!

 

Ayaさんも、「この先は危険ですから、ここで待っていてもいいですよドキドキ」とおっしゃるのですが、ここに一人残される方がかえって怖い滝汗気がしましたし、元々、好奇心には勝てないタチの私は、覚悟を決めて進んで行ったのでした。叫び

 

さて。途中、Ayaさんは四角い石を見つけました。それは仄かに青白く光る石でした。この石は、とても重要な意味を持っていました。

実はこの洞窟は、冥界へと繋がっていました。

 

Ayaさんが、「私のいる場所よりも奥へ行かないでください」とおっしゃったのですが、その境界ギリギリに立っていた私は、慌てて飛び退きます。その先は冥界の入り口でした。ガーン

 

Ayaさんはここで儀式を行いました。この場所には、さまざまな彷徨える魂たちがいました。その魂たちを別の場所に移動するための儀式です。霊気が強く、儀式を始めると、さらに魂たちが集まってきてしまうので、冥界の入り口を青く光る石で塞ぎ、今ここにいる魂を移動させてから、塞いでいた石を開けて、さらに別の魂たちを移動させたのでした。

 

そして、一度ホテルに戻って着替えてから、午後に向かったのは、Jot Dean Cave(ジョット・ディーン・ケイブ)です。

プルートズ・ケイブに比べて規模は小さいです。岩がゴロゴロとある、溶岩の跡地で、灼熱の太陽の下、奥に入口があるので、下りて行くと・・・

なんと、洞窟の奥は凍っていました。Ayaさんは、しばらくここでもワークをされ、さらに洞窟の上に戻ってワークをされていたのですが・・・

かなり長い間、私たちは、Ayaさんがワークをされているのを見ておりました。

すると、突然、Ayaさんが呟きました。

「なんか、まだ30%くらいしかできていないみたいなんです。今日は全部するのは無理かもしれない」

 

《次回に続きます》

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

スピリチュアルマスターAyaさんが大阪にて、初の講演会をされますベル

 

《日時》9月23日(土)14時〜16時(13時30分開場)

 

《場所》大阪 ブリーゼプラザ 8階

http://www.breeze-plaza.com/access/

 

《代金》12,000円

 

《主催》Freedom Destiny

         Primavera

         共同主催

 

募集開始1時間で、残席わずかです満員になりました。現在、キャンセル待ちを受け付けておりますキャンセル待ちも終了いたしました。

 

えんじゅさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス