キャンディへ向かう車窓から❾NuwaraEliya to Kandy | 三上ナミの浪漫歳時記

三上ナミの浪漫歳時記

東京生まれホーチミン在住の歌謡歌手の三上ナミです、
世界あちこち旅する座敷童子の日常を召し上がれ。
I'm singer from JAPAN.this is my retro pink and colorful diary. My life is great journey.Tokyo→Hochiminh


テーマ:
ご機嫌よう、皆さま。
三上ナミです。

Hello,everybody.
I'm NammyMikami.

ヌワラエリアで2泊し、前日とは違う朝食を出していただき、(優しい。)駅へと向かいました。

前日に指定席チケットを購入しておいて大正解。
(1.2等も高くなかったのですが売り切れていたため三等列車を予約。)

ホームには溢れんばかりの人、人、人。
しかしトゥクトゥクのお兄さん言わく次に目指す町キャンディは反対ホームとのことで少し安心です。

やがて、列車が滑り込んで来ました。
なんと同じ車両にはベトナム人の団体が!
ついつい話しかけちゃいました。

列車が発車しても、扉は左右どちらも開いたまま。

この列車からの風景がたまらなく美しくスリルもあり、とても心に残りました。

横揺れもかなり激しいので、ドア付近は結構危険でしたが、私も含め乗り合わせた欧米人もベトナム人も皆が最新の注意を払いながらもここでの撮影にハマります。

茶畑に次ぐ茶畑。


駅の近くのお店で購入したHighlandヨーグルト。

めっちゃハマって旅行中たくさん食べてます。

車内販売できたチャイ。100ルピー。
やや甘めながら美味しかったです。

途中、お花が咲き誇る駅で停車。

今だ!と言わんばかりにベトナム人の子たちと順に写真撮影しました。

ベトナム人の方々とも一緒に写真撮れば良かったなぁ…とちょっぴり後悔。
やはりテトはベトナムに住んでる人は国籍問わず海外に出る人は多いようで、今回はベトナム在住の友人知る限りでも3組はスリランカ旅行へ来てました。(現地で会った人もいます)

列車に揺られ約4時間、キャンディの街へ到着。
車窓からの景色が素晴らしすぎてあっという間でした。

駅を出ると、

奥に仏像が見えます。さすが仏教80%の国。

キャンディの駅からトゥクトゥクに乗ってキャンディで宿泊するホテルに到着。

下って、下って、

下った場所にあるホテルへ荷物を置いてからランチを食べに向かいました。

ホテル近くの木彫り工場の象。

壁から生えた草すらなんか素敵です。

私の信頼するGoogleマップ大先生が教えてくれた徒歩圏内のレストランへ。

クリームスープ(まさかのパン付き)と、

安定のチキンカレーを食べました。
めっちゃ美味しくてお腹いっぱい。

お次は湖のほとりを歩いて仏歯寺へ向かいます。


壁の絵が気になりました。

猿に導かれ、次に続きます。
Travel to Kandy in SriLanka.

ーーー
三上ナミInstagramフォロミー
三上ナミと謎カンパニー

それでは、また。
暁の刻に夢の中で逢いましょう。
Let's meet in a dream at the moment of dawn.
See you.

三上ナミさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス