ホーチミン案内✴︎Saigon trip | 三上ナミの浪漫歳時記

三上ナミの浪漫歳時記

東京生まれホーチミン在住の歌謡歌手の三上ナミです、
世界あちこち旅する座敷童子の日常を召し上がれ。
I'm singer from JAPAN.this is my retro pink and colorful diary. My life is great journey.Tokyo→Hochiminh


テーマ:
ご機嫌よう、皆さま。
三上ナミです。
Hello,everybody.
I'm NammyMikami.

ホーチミン家族案内記の続きです。
去年に続き二度目となるので、前回とは被らないようにしつつ、
この一年で新たに発見した美味しいお店などを中心に未だ食べたことないであろうお店へ案内しました。

到着した日は夜遅くに開いている近所のフーティウミーワンタンを食べ、

翌日は可愛いわんちゃんがお出迎えしてくれたブンチャー屋さんへ。

ヘム(路地)の中には美味しいお店が隠れているのがベトナムです。

みんなブンチャー。

揚げ春巻きも。

そうめんみたいな麺を肉団子と豚肉入りの甘酸っぱいタレにつけて野菜に巻いて食べます。

デザートにはMaison MAROU(マルゥ)へ。

ケーキは注文するとレジ横にある工場で作ってくれるところが見れます。
自分たちのケーキを真剣に見守る姉と母。

製菓学校出身のケーキを作るのも食べるのも大好きな姉は特にとても喜んでくれました。


ちなみに、マルゥには家族滞在中に二度も行ったのです。
一度にはなかったカップ型ケーキ。

季節によってスイーツのラインナップも多少異なるため、ちょうど入れ替えのどちらも楽しめて良かったです。

去年、姉と母は来なかった私の大好きなフォトジェニック寺院、スリタンディユッタパニへも行きました。



さらに、やはり意外にも去年は案内しなかったタンディン教会。

こんなにピンク好きなのは家族で私くらいなので去年は行かなかったのですが、

今回はその近くにあるバインセオを食べてもらいたくて、せっかくなので立ち寄りました。

ベトナム風お好み焼き、と呼ばれておりますが、あんまりお好み焼き感はないです。
サクサクの生地にたっぷりの具(エビ、豚、もやしなど)が最高に美味しい一品。

それにしても、普通日本では年末年始はどこもお店が閉まっているためなかなか外で観光を楽しんだりはしづらいですが、
旧暦のお正月以外は本気のお休みをとらないホーチミンは年末年始旅行には本当にピッタリだと思います。

というわけで、お次は飛行機の国内線でダナンへ。
my Saigon trip!?

ーーー
三上ナミInstagramフォロミー
三上ナミと謎カンパニー

それでは、また。
暁の刻に夢の中で逢いましょう。
Let's meet in a dream at the moment of dawn.
See you.

三上ナミさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス