ホーチミンで昭和歌謡4✴︎Retro Night in Saigon4 | 三上ナミの浪漫歳時記

三上ナミの浪漫歳時記

東京生まれホーチミン在住の歌謡歌手の三上ナミです、
世界あちこち旅する座敷童子の日常を召し上がれ。
I'm singer from JAPAN.this is my retro pink and colorful diary. My life is great journey.Tokyo→Hochiminh


テーマ:
ご機嫌よう、皆さま。
三上ナミです。
Hello,everybody.
I'm NammyMikami.

12月1日は久々の自主企画、レトロナイト in Saigonでした。
今回も自作のフライヤーがなかなか良い仕上がりに。

まずは少し早めに合流し、前々日に練習しながらヒロさんと決めた曲たちをおさらいしてゆきます。

軽く夕飯を食べてからBarJ入りし、セッティングとリハを経て本番です。

12月1日BarJお品書き
《前半》
1.どうぞこのまま
2.別れの朝
3.虹色の湖
4.踊り子
(村上さんin)
5.喝采
6.秋桜
7.冬が来る前に
8.異邦人


この日はベトナムの少数派民族であるモン族の刺繍のワンピースにShokoの花ベレー帽を合わせてみました。
民族衣装、大好きです。

BarJでは流しのライブ同様に相変わらずお客様にどんどん絡んでゆく姿勢で演らせていただきます。

《中盤》のステージはこの日ゲスト登場してくれた村上さんの歌のステージでした。
村上さんの味のある歌声が私とヒロさんで始めたこのイベントに新たな深みを加えてくれました。

さらにスペシャルゲストとしてMISIAさんやドリカムさんのバックコーラスを務めていたプロ中のプロ、月島かりんさんも登場してくれました!
さすが!の歌唱力、素晴らしかったです。

ブレイクタイムにかりんさんとEmmyと。

《後半》
1.私はピアノ
2.迷い道
3.かもめが翔んだ日
4.イミテイション・ゴールド
5.みずいろの雨
6.セーラー服と機関銃
7.フレンズ
8.胸騒ぎのタンゴ

私には圧倒的な歌唱力はありませんが、なんだか楽しくなったり面白かったり喜怒哀楽を味わえるステージをできるよう、まだまだ頑張りたいです。

観に来てくれたベトナム人の仲良しEmmyにも文字通り絡みながら歌うの図。


最後はやはりオリジナル曲の【胸騒ぎのタンゴ】を歌いました。
蜘蛛の糸はあまり上手く飛ばず、この表情。笑

ということで、徐々にお客様が増えてくださって、最終的には満席御礼となりました。
まだまだ続けて行って、いづれは方々から歌って欲しい!とオファーが来るように頑張りたいです!

お越しくださった皆さまに心より感謝しております。

Emmyも観に来てくれてありがとう。
素敵な仲間が少しずつ増えてゆくホーチミン生活は今日もおもちゃ箱の中のようです。
私の音楽生活は、つづく。
my music life in Saigon.

ーーー
三上ナミInstagramフォロミー
三上ナミと謎カンパニー

それでは、また。
暁の刻に夢の中で逢いましょう。
Let's meet in a dream at the moment of dawn.
See you.

三上ナミさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス