1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-23 07:19:00

読書録

テーマ:ブログ
最近読んだ本です






竹内  真さん
「図書室のピーナッツ」

資格を持たない、なんちゃって司書として直原高校の図書室で働く詩織。サンタは実在する?伝説の酒飲みの正体は?などの難問になんちゃって司書の詩織が挑むのだが…恋の気配と共につづられるシリーズ第2弾





瀧羽  麻子さん
「松ノ内家の居候」

七十年の時を経て、文豪とその孫が松ノ内家の同じ部屋に転がりこんできた。居候をきめこんだ孫の目当ては、祖父の幻の原稿。その美青年によって家族も知らなかった秘密が掘り起こされ、一家は振り回されていく。真実を知った家族の思いもよらぬ選択とはー





真梨  幸子さん
「カウントタウン」

お掃除コンシェルジュとして活躍するエッセイストの海老名亜希子、50歳、独身。事故で行った病院がきっかけで末期癌が見つかり、余命半年と宣告された…理想の死を迎えるべく終活に勤しむのだが、夫を略奪した妹との確執や汚部屋の処分など、過去から突きつけられる数々の問題に直面し…亜希子は無事に臨終を迎えることができるのかー





嶺里  俊介さん
「星宿る虫」

日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
長野県にある宗教団体施設が燃え、不審な遺体が多数発見された。光を放つ謎の虫の大群に覆われ、流れ出す血液は黄に変色しているという同様の遺体が次々と見つかっていく。異様な事態に、警察は法医昆虫学者の御堂玲子に調査を依頼するがー





大山  淳子さん
「光二郎分解日記  西郷さんの犬」

西郷さんの銅像から愛犬ツンが盗まれたという。警察から依頼を受け、分解好きの理系男子のじいちゃん光二郎(75)と浪人生のかける(20)のふたりで一人の迷探偵コンビが再び活躍するシリーズ第2弾






仁木  英之さん
「黄泉坂案内人  三条目」

この世とあの世の狭間にある入日村。そこで迷える魂を救う仕事をしている元タクシー運転手の速人と少女の彩葉。妖たちとともに死者の未練を解決して黄泉坂に送り届けていくのだが…シリーズ第3弾



読書記録です
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-09-09 07:12:00

読書録

テーマ:ブログ
最近読んだ本です






中島  たい子さん
「万次郎茶屋」

動物園の日陰者、イノシシの万次郎はカフェを開くのが夢。幼い頃から万次郎の絵を描き続ける画家志望なのに才能ナシのエリは、万次郎の絵本を出版するというが…表題作ほか6つの短編集






仁木  英之さん
「立川忍びより」


ブラック企業を辞めてニートになった多聞は、実家の借金のカタに婿入りすることになった。住むことになったのは同級生の三太の家で、相手は高校生の妹の杏子だという。ただ、その家は大蛙を操ったり、不思議なからくり屋敷に住む忍者一家だったことからー






大崎  梢さん
「本バスめぐりん」

3000冊の本を載せて種川市を走る移動図書館、愛称めぐりん。乗り込むのは、65歳の新人運転手テルさんと図書館司書のウメちゃん。ふたりと一台を待ち受けるのは、利用者だけではなく不思議な謎の数々でー






近藤  史恵さん
「マカロンはマカロン」

下町の小さなフレンチレストランのビストロ・パ・マル。シェフの気取らない料理とヴァン・ショーが人気の店。ブータン・ノワール、豚足料理、ベリーのタルト、マカロンなど…名探偵でもあるシェフの絶品料理と極上のミステリーが味わえるシリーズ集






椰月  美智子さん
「明日の食卓」

同じ小学三年生のそれぞれの「石橋ユウ」を育てる3人の母親たち。幸せだったはずの家庭が、些細なことがきっかけで崩れはじめていく…愛する我が子に手を上げたのは誰なのか…3つの石橋家の行き着く果ては…どこにでもある家庭の光と闇を描く物語





柚木  麻子さん
「幹事のアッコちゃん」

妙に冷めている男性新入社員に、忘年会プロデュースの極意をアッコちゃんが指南するのだが…表題作ほか、背中を叩いて導いて絶妙のアドバイスをくれる理想的な上司のアッコちゃんを描くシリーズ第3弾






愛川  晶さん
「「茶の湯」の密室  神田紅梅亭寄席物張」

知り合いの茶会に招かれた山桜亭馬伝の妻、亮子。思っていた以上に本格的な席で緊張し、飲めないお酒も入ってしまった亮子は、そこにいるはずのない猫を見てしまい…話を聞いた馬伝は、その奥にある謎に気付き…紅梅亭シリーズ






道尾  秀介さん
「スタフ  staph」

ワゴン車で料理を売って生計をたてている夏都は、人違いで誘拐されたことをきっかけに、中学生アイドルのカグヤに手を貸すことになる。カグヤの姉である有名女優のスキャンダルを封じるため、ある女性の携帯電話からメールを消去するという簡単なミッションだったはずなのに、事態は二転三転していってー





七尾  与史さん
「ドS刑事  さわらぬ神に祟りなし殺人事件」

黒井家の両親から恐怖のプロポーズを迫られ、マヤとの結婚が秒読み状態となってきた代官山。そんなお見合い状態の席に、容疑者が怨霊という奇妙な事件が発生し…ドS刑事シリーズ



読書記録です




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-26 07:42:00

読書録

テーマ:ブログ

最近読んだ本です






石持  浅海さん
「殺し屋、やってます。」

ビジネスとして「殺し」を請け負う男・冨澤。料金は、前金と残金を合わせて六百五十万円。仕事はプロとして危なげなくこなすのだが、標的の奇妙な行動がどうも気になって…殺し屋が日常の謎を鮮やかに解く連作ミステリー





内山  純さん
「土曜はカフェ・チボリで」

児童書の出版社に勤める香衣は、とあるきっかけで「カフェ・チボリ」を訪れ常連客になった。土曜日だけ開店する不思議なカフェには、「マッチ売りの少女」や「人魚姫」などアンデルセン童話のような謎が持ち込まれ…高校生店主がふるまうデンマーク料理と謎解きをたんのうできる連作ミステリー





古内  一絵さん
「女王さまの夜食カフェ  マカン・マランふたたび」

病に倒れていたドラァグクイーンのシャールが復活し、いつものように常連がくつろげるお店に戻った「マカン・マラン」。やがて、お店には導かれたかのように様々な悩みを抱えた人たちが集まってきて…彼らに対しシャールが提供する今日のお料理はー






大沼  紀子さん
「路地裏のほたる食堂」

気の向くまま居場所を持たずに営業する屋台の料理店「ほたる食堂」。この店では子どもは原則無料。ただし、条件がひとつ。それは誰も知らないあなたの秘密を教えること。変わり者の店主が作る日替わり料理はどれも美味しく、お腹を空かせた高校生が語りはじめた秘密とは…真っ暗闇に明かりをともす路地裏の屋台を舞台にやさしく語られる連作集






矢崎  存美さん
「ぶたぶたのおかわり!」
「居酒屋ぶたぶた」


ぶたぶたシリーズ。
見た目はぬいぐるみ、中身は心優しい中年男性の山崎ぶたぶたが、今日もどこかであなたのために美味しい料理をふるまいます






中山  七里さん
「作家刑事毒島」

殺人事件解決のアドバイスを仰ぐため、神保町の書斎を訪れた刑事の高千穂明日香を迎えたのは、刑事技能指導員として再雇用されているミステリ作家の毒島真理。えげつない毒舌で冷血、前代未聞のトンデモ作家が冴え渡る推理
を見せる連作ミステリー






似鳥  鶏さん
「一○一教室」

カリスマ教育者の松田美昭がつくった全寮制の一貫校、私立恭心学園。高い進学実績を誇り、ひきこもりや反抗まで治ると話題の学校で一人の高校生が心臓麻痺で死んだ。一度も開けられない棺、異様に礼儀正しい生徒たち。有刺鉄線の生えた高い壁に囲まれた学園で一体何が起きているのかー?亡くなった生徒の従兄の拓也は、同じく従妹の沙雪とともに学園を調べることになるのだがー






竹吉   優輔さん
「ペットショップボーイズ」

ホームセンター「ユアセルフ」内のペットショップでアルバイトをしている大学生の学人。同期バイトで動物マニアの幸多や、ふたりの教育係で社員の柏木とともに日々楽しく働いている。そんなある日、店の常連である小学生の前でかわいがっていたインコが急に暴言を吐き出して…ペットショップで起きた小さな不思議を店員たちがゆるく解決する連作コージーミステリー





東川  篤哉さん
「かがやき荘アラサー探偵局」

西荻窪のシェアハウス「かがやき荘」で暮らす職ナシ、金ナシのダメ女子三人組。滞納家賃を探偵活動で相殺すべく大家の法界院邸で起きた殺人事件に取り組むのだがー




読書記録です
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。