よもよも

気になった文・言葉/覚書


テーマ:

せつない気持ち。

BRUTUS 11/1


今、世界は日本的「せつなさ」を求めているのでは。

-内田樹


村上春樹の小説が世界的なポピュラリティを獲得した

最大の理由は、彼の書くものは人の「せつない気持ち」を

起動するのと同じ仕組みを内包しているところにあります。


日本に現に「あるもの」を書いても

世界性を得ることはできません。

「あるもの」はその具体性ゆえに

自分が求めているものとは違う、と

否定されてしまうからです。

しかし、「ないもの」に言葉は届きません。

「これがない」という欠落感を人間は

うまく表現できない。

だから「何かが欠けている」という表現に出会ったとき、

人は「自分が”ない”と思っているものと同じかもしれない」

という欠落感

-せつなさの共有によって連帯できるのです。


「冬のソナタ」が爆発的にブレイクしたのも

どうしても相手の実態に届かない物語と

欠落感による連帯が

国境を越える力を得たからでしょう。

こうした物語が、韓国、台湾、日本という

東アジア、それも中国の周縁部分で共有されているのは

興味深い現象です。


大陸に広大な領土を占め、

中華思想を奉じる中国には

おそらくせつなさ、もの悲しさの文化は

ほとんど存在しないのではないでしょうか。

自分たちが存在するということに自身を持って

その場に根を下ろしている人たちは

おそらく、壮麗な伽藍、揺らぐことのない王城を築くことにこそ

意味を見出すからです。


しかし地球上で起こる震度6以上の地震の20%が集中し

台風の通り道となる、地政学的に非常に脆弱な

何を構築してもすべて崩壊していく風土を

運命付けられた日本列島に住む人にとって

持っているものを数え上げるより

失ったものを数え上げる文化を発展させていったのは

当然の帰結でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

せつない気持ち。

BRUTUS 11/1


脳科学的には「せつない」は快感です。

-茂木健一郎


「せつなさ」の感覚は

アジア全域に偏在する力ではないかと考えています。

力ずくで相手を支配するのではなく

弱いままでいいとする立場、

そして他者の存在を認める立場であり

もっと言えば、現実的な成功や

幸福以外からでも生きる力を得られる能力なのです。


せつなさを感じるためには

現実と「こうであったらいいな」という仮説を

比較しなければなりません。


そもそもキリスト教世界にある

「原罪」という考えにたつなら

本来は完全無欠のユートピアが存在していたのに

現実派不完全なものであるから

人間はその在るべき姿に向かって

現実を正していかなければならない。

この使命感とでも呼ぶべきものを

西欧の人々は強く抱いています。


それに対してアジアでは現状追認的な

現実は現実として、それなりに

受け入れていく哲学が発達してきました。


(略)


西欧の人々は個人が意識的にコントロールできる領域は

大きいというのが物事を考える際の前提になっています。

だから何か思いが達せられなかったり

敗北すると、その責任は自分にあると考える。

ところが日本人はたまたまそういうめぐり合わせだったとか

世の中の複雑な要素が絡み合った結果

そうなってしまったと考える。


(略)


失恋でもなんでもいいのですが、切ない感情に

とらわれて落ち込んでたとしましょう。

脳はホメスタシス(恒常性:人間の体の

周囲の環境が変わっても生体を一定の状態に

保とうとする働き)に従って

マイナスの感情を抑えるために

わずかなきっかけからプラスの感情を

作り出そうとする。

その上「上昇気流」に乗ることができると

落ち込みから一転して生きることへの

猛烈な歓喜が湧いてきます。

だから、感情的にフラットに生きていくより

せつないことや苦しいことのあるほうが

ほんの少しの喜びから、脳がつくりだす

大きな快感を味わうことができるのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

街場のメディア 内田樹著


以下、印象に残ったところの

抜粋及び私的要約


--------------------------------


適性って何だ?


就職と結婚は似ている。

適性や潜在能力を見極めて

就職、結婚するという順番ではない。

仕事をしてみて、結婚をしてみて

自分の適性や能力を知る、という順番。


他人からタスクを要求され

それをクリアしていくうちにわかったり

能力を発見したりするもの。


もっといえば

就職後、結婚後の幸・不幸は事前にはわからない。

自力で構築するものだから。

与えられた条件のもとで

最高のパフォーマンスを発揮できるよう

自身の潜在能力を選択的に開花させること

そういうマインドセットが肝。


人間が大きく変化し

その才能を発揮するのは

いつだって「他者の懇願」「他人のため」。

自分の適性に合うかどうか

そんなことはどうだっていいんです。


-----------------------------------


ラジオとテレビ


テレビはビッグビジネスになり

大きなシステムの中で動いているので

「つつがなく放送する、終了する」ことが

目的になっている。

その点、ラジオはお気楽。もっと自由。

(硬直していない)

このカジュアルさがラディカルだったりするし

親近感を覚える。


------------------------------------


マスメディアの嘘と演技


「こんなことが許されていいんでしょうか」

自分がその中にコミットされておらず

無知、無垢であることで

責任逃れをしている。

これは報道陣として禁句に近い。

メディアは世界の成り立ち(マップ)を示すことが

第一の社会的責務だ。

しかし、このような「演技的無垢」が

社会的な態度として広く流布されてしまった。


--------------------------------------


正義の暴走


メディアはつねに正しいことだけを

選択的に報道している、というありえない夢を追っている。

事実によって反証されたら、

ただちに撤回すべき。

そのことが、メディアの中立的で冷静な判断力を保証する。


--------------------------------------


定型で語る


不特定多数の相手を想定することで

よりわかりやすく伝えようとする、

その方向性があまりにも単純明快になりすぎ

善悪勝敗二元論になる。

あとは責任を取りたくないということもあってか

先行する類似の記事の文体や切り口を

参照し書かれ、伝えられる、

そうした無限参照の中で「定型」が形成される。


メディアが急速に力を失っている理由は

固有名と、血の通ったからだを持った個人の

「どうしても言いたいこと」ではなく

「誰でも言いそうなこと」だけを

選択的に語っているうちに、

そのようなものなら存在しなくなっても

誰も困らないという平明な事実に

人々が気づいてしまった

そういうことではないかと思う。


----------------------------------


せめて僕たちにできることは

自分がもし「世論的なこと」を言い出したら

とりあえず、いったん口を閉じて

果たしてその言葉があえて語るに値するものかどうか

自省することくらいでしょう。

自分がこれから言おうとしていることは

もしかすると「誰でもいいそうなこと」ではないのか。

それゆえ、誰かに「黙れ」と言われたら

すぐに撤回してしまえることではないのか。

そう問うことは大切です。

どうせ口を開く以上は

「自分がここで言わないと、たぶん誰も言わないこと」を

選んで語るほうがいい。

それは個人の場合も、メディアの場合も

変わらないのではないかと思う。


------------------------------------------


メディアは常に変化を求める

かわらなくてよいものまで(時間が必要なものまで)

性急な変化の必要性をあおりがち


----------------------------------------------


拡がる「中規模」メディア


マスメディアは「口当たり」のよい情報になりがち。

その点、ミドルメディア(数千人~数十万人規模)は

自粛がなくフィルターがかからない分、闊達だ。

(良いほうにも悪いほうにも振れると思うけど)


同じような切り口の加工品ではなく

新鮮、時にとれたて、ユニークな料理人の情報を見つけるには

うまくこういうミドルメディアを利用していくのが

得策ではないか、と本を読んでいて改めて思う。











































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。