愛媛松山、ママの明日をもっと楽しく!元気に!
産前産後ケア専門セラピスト『ひなたぼっこ』 田中亜弥子です。
ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
 
ご感想をいただきました。

今日のお客様は、2人の女の子のママ。
 
「左のウエスト部分が痛くて、腰も全体的に辛い。授乳の時が辛くて困っているんです。」
 
 
下のお子さんはもうすぐ1歳の女の子。
「そろそろ断乳も考え始めているんだけど、なかなか難しいんです。」
お乳は吸うけど、どっちかというと精神安定剤のような感じで、吸うと落ち着く。で、時間も長いことかかっちゃう。
女の子とはいえ、1歳近くになるとやっぱり大きくて、お母さんの体への負担も大きくなりますよね。
 
授乳やオムツ替え、抱っこの姿勢はあまりいいとは言えませんよね。
お子さんが3歳くらいまでは、この姿勢の悪い状態が続きます。
 
知らない間に筋肉の左右のバランスが崩れて、痛みの出やすい体になってしまいます。
 
Uさんの左側のウエスト部分の筋肉は随分と固くなっていました。
右側の方は左側ほど固くはない状態。
いつも左側に重心を置いて、授乳や抱っこをされているということだったので、納得です。
左側の筋肉は収縮して、右側の筋肉は伸びている状態が続いているのだと思います。
 
左側を重点的にほぐして左右の筋肉のバランスを整えるようにして今日の施術は終了。
 
施術終了後、泣いているお子さんを落ち着かせるために、授乳の時間をとってもらいました。
「いつもみたいに痛くないです。良かったです。」
とのご感想もいただきました。
 
お母さんは、いつも自分の体のことは後回しです。
でも後回しにしすぎると、気が付くとあちこちに不調を抱えながら育児に追われていたりします。
 
自分の体のケアをためらわないでください。
自分の体を大切にすることは、結局はお子さんや家族の元気につながります。
 
Uさん、ありがとうございました。
また色々、お話させていただきますね。



《お問い合わせ》

📣出張整体や土曜日の施術をご希望の方はお電話でお問い合わせください。

 

📣お電話の場合、施術中は出られませんので、メッセージを残してください。

こちらからご連絡させていただきます。


お電話090-4970-7010
メールusausa.hanachan@gmail.com

 

予約状況の確認はこちら です。


こちらからもトークで問い合わせ・予約ができます。
友だち追加


6月の託児がない日は7、12、21日です❗️

変更になる時もありますのでご確認ください。