愛媛松山の産前産後のママの生活をもっと楽しく!元気に!を目指して活動している『ひなたぼっこ』の田中亜弥子です。

 



 

日中は汗ばむ陽気になる日が増えてきましたね。

そうなってくると、赤ちゃんで気になるのが、

「あせも、オムツかぶれ」

 

赤ちゃんはなんであんなにも汗をかくの?

 

実は小さくても、赤ちゃんと大人の汗腺の数は変わりませんびっくりあせる

大人に比べると汗腺が密集している状態なんですアセアセ

 

だから、あんなに玉のような汗をかくんですね。

 

私の長男はガッチリでムチムチな赤ちゃんでした。

足や腕はボンレスハムのような筋がありました。

その筋の間に汗とかどこからともなく集まってくるホコリやゴミがたまるんですガーン

耳の後ろ側と内側のお手入れが十分じゃなくて、垢みたいなものがたまっている時もありました。

産婦人科の看護師さんに「ここもきちんと拭かなくちゃダメよ」って教えてもらった事も。

ごめんね、長男よ。こんな適当なママでてへぺろ

 

汗をかくことはいいことです。

新陳代謝によって生み出される老廃物や余計なものは、どんどん排泄しなければいけません。

排尿や排便だけでなく、しっかりと汗をかくことで、子供は老廃物を排泄させています。

 

でも、汗をかいた後は肌を清潔にすることが大切です。

 

汗がいつまでも肌に付いていると、汚れや細菌が付着しやすくなります。

そうすると、そういうものが原因でトラブルが発生しやすくなります。

 

子供の肌は保湿成分をたくさんもっています。

でも、皮脂を出す機能が弱いため、肌を守るための水分を保つ力は大人に比べると弱いんです。

そのため、肌の水分がどんどん蒸発して、乾燥し、バリア機能が弱いためのトラベルも多く発生します。

 

どうしたら予防ができるの?

 

『清潔に!』

シャワーなどで汗を流して乾いたタオルや布でこするのではなく、優しく押さえてあげましょう!

濡れたままだったり、湿ったままの状態だと、トラブルを生じやすくなるので、しっかり乾かしてあげましょう!

 

あせもは汗によって刺激を受けて、かゆみやヒリヒリ感があります。

さっぱりさせてあげるためにカモミール水やラベンダー水でパッティングしてみましょう。

 

オムツかぶれの防止のためには、こまめにオムツを替えることが大事です。

それと、「緑茶のおしりふき」もいいかもしれません。

お茶!?って思うかもしれませんが、緑茶には殺菌作用があります。

濃い目にいれた緑茶をコットンなどに浸して汚れを取り除いてあげるのもいいです。

 

肌をキレイにした後は、植物性オイルやシアバターを塗ることをおススメしますキラキラ

私が使っているのはスイートアーモンドオイルです。

このオイルは乾燥肌に良くて、皮膚軟化作用・保湿作用に優れています。

価格もお手頃ですよ照れ

 

肌のお手入れの最後にオイルなどを塗るのは、肌を保湿したりあせもなどのトラブルを軽減させるのはもちろんですが、次のウンチの時に拭きとりやすいというメリットもあったりします。

 

夏場は赤ちゃんとママにとっては汗との戦い。

お互いに汗をかきかき、抱っこをしなければいけない場面も増えそうです。

 

私も、汗をかく子供たちの肌着を何回も取り替えたり、シャワーをしたり。

もー、肌着がたりないよーって時はオムツだけの時もありましたよ。

 

あせもやオムツかぶれはなると厄介なものです。

予防できるのであれば、なるべく予防してあげたいですね。

 

読んでくれて、ありがとう。